フリーランス

30代未経験から独立してフリーランスになる方法【38歳で達成!】

「会社に雇われずに独立して自分で稼げるようになりたい。でも30代未経験からでも独立してフリーランスになることって可能なんだろうか?」

満員電車での通勤、人間関係のストレス、残業…会社で働いているといろんなストレスがありますよね。これらから開放されて独立したいと思う方は多いと思います。

そこで今回は、30代未経験から独立してフリーランスになる方法をご紹介します。

私は未経験から38歳で独立してフリーランスWEBデザイナーになりました。この経験を元にお話します。

スポンサーリンク

 30代未経験からでも独立してフリーランスになることは可能

現在は20代で独立してフリーランスとなる方が増えましたが、30代未経験であったとしても独立することは全然可能です。

参入のハードルが低い分野を選べばOK

30代未経験から独立を目指すなら、参入のハードルが低い分野を狙うといいですよ。

最近だと未経験からでも目指しやすいのはWEB系分野です。

WEB業界と聞くと20代の若い方が多いイメージですが、30代未経験から目指す人もすごく多いです。

WEB業界の参入ハードルが低い理由は、短期間でもスキルを身につけやすいことと、学習環境がいろいろ揃っているというところです。

なれるかなれないかは能力ではなく行動力

独立出来るか出来ないかは、能力よりも行動力です。

独立するだけのスキルが現時点でないのであれば、勉強してスキルを身につければいいだけの話。

「30代だしスキルがないし…」と自分の現状に嘆いているだけであれば独立なんて絶対出来ないですし、「30代でスキルがないけど独立するために勉強しよう!」と行動すれば独立することは出来ます。

「独立してフリーランスになっている人=元々スキルのある人」ではなく、「フリーランスになっている人=独立するために行動した人」です。

独立するのはそんなに難しいことではない

独立と聞くとすごい大層なことのように聞こえますよね。私も自分が独立するまでは独立なんて能力のある限られた人にしか出来ないことなんだと思ってました。

でも実際は独立するってそんなに難しいことではありません。

私がフリーランスになろうと思ったきっかけは「通勤したくない」「会社で働きたくない」というネガティブな理由で結構勢いで会社を辞めて独立したのですが、案外周りのフリーランスの人たちも同じ感じで独立しています。

なので独立してフリーランスになるって特別なことではないし、誰でもやろうと思えば出来ますよ。

30代未経験から独立を目指せる職種

30代未経験から独立を目指すなら、参入ハードルの低い職種を狙うといいですよ。

WEBデザイナー

WEBデザイナーとは、WEBサイトのデザインをしたりサイトに挿入するバナーを作成したりする仕事です。ネット上にあるWEBページのデザインをする仕事だと思ってもらえれば分かりやすいかと思います。

私もWEBデザイナーになって独立しました。

参考

私は職業訓練でWEBデザインのスキルを身につけたのですが、WEBデザインスキルはオンラインスクールや独学でも身につけることが可能です。

細かい作業が得意な人や、ものづくりが好きな人、一人で黙々と作業できる人なんかが向いていると思います。

WEBプログラマー

WEBプログラマーとは、WEBデザイナーがデザインしたWEBサイトをプログラミング言語を使用して構築していく仕事です。

イメージとしては、パソコンの黒い画面に意味不明のコードをズラズラと打ち込んでいる感じでしょうか。

難しそうには見えますが、ハマる人はハマると思います。私もWEBデザイナーながら少しだけプログラミングに関わる作業をすることもありますが、結構面白いなと思っています。

WEBプログラマーは、何でも自分で調べて解決するのが好きという人に向いています。

WEBライター

WEBライターとは、WEBサイト内にある記事を書くお仕事です。例えば旅行サイトであれば旅行情報の記事を書いたり、美容サイトであれば美容に関する商品や情報を書いたりします。

WEBデザイナーやWEBプログラマーに比べ、一番参入のハードルは低いです。

WEBライターは情報収集やリサーチするのが好きな人、文章を書くのが好きな人、好奇心旺盛な人なんかが向いていると思います。

ちなみに私も一度WEBライターに挑戦したことがあるのですが、挫折しました…

文章を書くのが好きな人でも、自分が好きなことではなく「クライアントや読者が求めている情報を書ける」ということが重要になってきます。

WEB系職種はフリーランスを目指しやすい

30代未経験から独立を目指すなら、WEB系職種が一番確実なのではないかなと思います。というのも、WEB系職種はスキルさえ身につければ稼ぐことが可能だからです。

クラウドソーシングをを使えばいろんな仕事の案件を見つけることができますし、単価の高いものであれば一案件10万円以上のものもあります。

10万円の案件であれば、月に3件受注すれば生活には困りませんよね。

数十分で終わる作業で数万円もらえることもあるので、WEB系スキルは狙い目です。

30代未経験から独立してフリーランスになる方法

30代未経験から独立してフリーランスになる方法は、「スキルをつける」→「就職してスキルを磨く」→「独立する」という流れになります。

スクールや職業訓練でスキルを身につける

WEBデザイナーやWEBプログラマーを目指す場合、オンラインスクールや職業訓練でまずは基礎的スキルを身につけます。

職業訓練を利用するメリット

  • 授業料が無料
  • 就職サポートがある

職業訓練を利用するデメリット

  • 基礎中の基礎しか学べない
  • 働きながら通えない

WEBデザイナーやプログラマースキルは職業訓練で無料で身につけることが出来ますが、会社を辞めないと学校に通えないということがデメリットとなります。

オンラインスクールのメリット

  • 働きながら自宅で学べる
  • メンターがつく
  • 就職サポートがある

オンラインスクールのデメリット

  • お金がかかる
  • 仲間がいない

会社員が働きながら自宅で学べるというところがオンラインスクールのメリットですが、自宅で学習するので職業訓練のように一緒に学習する仲間がいないというのがデメリットでもあります。

ただオンラインスクールの場合、一人一人にメンターがつくので分からないことを質問しやすい環境ではあると思います。

オンラインスクールでサクっとスキルを身につけて独立する人も結構いるので、WEBデザイナーやプログラマーに興味のある人は一度無料体験レッスンを受けてみるといいですよ。

無料体験レッスンのあるスクール

  • CodeCamp
    ☆個別指導で7時~24時まで受講できる
  • TechAcademy_
    ☆受講生限定の転職サポートあり

スキルをさらに磨くために一度就職する

スキルを身につけたあとすぐに独立するなんて人もいますが、私は就職してスキルをさらに磨くことをおすすめします。

ベンチャー企業に就職すれば仕事の流れを見ることができるし、退職後に会社からそのまま仕事をもらえる場合もあります。

私も一度就職したのですが、退職して独立した社員さんの多くがそのまま自分が担当していたクライアントや案件を持って行ってました。

就職せずに独立すると、仕事を探すのがちょっと難しいと思います。(コネなどがある場合は別ですが)

働いている間にコネを作っておく

スキルをつけて就職した後は、独立するまでの間に横のつながりやコネを作っておくといいですよ。

私はTwitterでWEB系職種の人と繋がりを持ち、その繋がりで独立後も仕事をもらっています。

その他の方法としては、ランサーズクラウドワークスといったクラウドソーシングで仕事を受注してみるのもいいと思います。

働きながら別の仕事もするとなると大変ではありますが、独立するまでに少しでも多く実績を作っておくと、独立してから仕事を得やすくなることは間違いありません。

WEBライターなら未経験からでも稼ぐことが可能

WEBライターであれば、WEBデザイナーやプログラマーのような専門スキルは必要ないので、やろうと思ったその日からでも始めることができます。

未経験からだと単価は安くなりますが、挑戦してみようと思う方は先ほども紹介したランサーズクラウドワークスでライティング案件を探してみるといいですよ。

その他にもクラウドソーシングにはどんな仕事があるのかということを見ておくと、必要なスキルが分かると思います。

私は38歳で独立してフリーランスになりました

私はWEBデザインの勉強をするまでデザインに関する仕事や勉強をしたことは一切ありませんでしたが、それでも未経験からスキルを身につけて独立することが出来ました。

なので30代でも未経験からフリーランスを目指すことは十分可能です。

ちなみに私は学歴も高卒ですし、その他特別なスキルを持っていたわけでもありません。しいていえば、ブログを書いていたことと英語がちょっと出来るくらいです。

フリーランスを目指すならまずは行動することが大事なので、今できることからさっそく始めてみてくださいね。

WEBデザイナーに興味のある人はこちら

無料体験レッスンのあるスクール

  • CodeCamp
    ☆個別指導で7時~24時まで受講できる
  • TechAcademy_
    ☆受講生限定の転職サポートあり