30代からの転職

30代の転職失敗パターンと成功する人がやっていること【経験談】

「会社を辞めて転職したいけど失敗したら嫌だな…」
「このまま転職先の会社で続けるか辞めた方がいいのか分からない」

せっかく転職したのに転職先の会社や仕事が思っていたのと違ったり、年収が下がったりしたら嫌ですよね。

でも転職しない限り環境や収入を大きく変えることはできないので、待遇や年収を上げたいなら転職するしかありません。

そこで今回は、30代の転職失敗パターンと成功する人がやっていることをご紹介します。

私は30代で5回転職をして現在はフリーランスとして働いているので、この経験をもとにお話します。

スポンサーリンク

30代の転職失敗パターン

30代の転職でよくある失敗パターンをご紹介します。「転職に失敗した!」と感じる大体の人がこれに当てはまるかと思います。

条件だけで仕事を決めたら仕事がハードすぎた

給料や待遇を見て「これなら今よりもだいぶ収入上がる!」と思い転職すると、仕事がハードすぎてそこで初めて待遇の良さの理由が分かったなんてことがよくあります。

給料や待遇がいいということは、専門スキルが必要な仕事かハードな仕事かどちらかのパターンです。なので大したスキルや経験を必要とされないのに給料がやたらいい仕事は、確実にハードワークです。

私も35歳のときに給料が良くて休みも多くて未経験OKという仕事に転職したのですが、仕事がキツすぎてうつになってしまいました…

確かに給料は良かったし土日祝休みで有給も好きなときに使えるというかなりの高待遇ではあったのですが、これだけ高待遇でも離職率が高かったので条件がどれだけ良くても我慢できない仕事ってあるんだなって思いました。

上司や人間関係がひどかった

給料や仕事内容には特に不満はないけど、直属の上司がどうしても合わない人だったり人間関係がひどくて「転職失敗した…」となるパターンもよくあります。

ただ人間関係だけは実際に働いてみないと分からないので運の要素が強いですが、できる限り面接のときにそれとなく雰囲気は聞いておいた方がいいですね。

面接に行ったときにその会社に違和感を感じたり社内の空気があまり良くないと感じた場合は、やめておいた方がいいかもしれません。

私は面接に行ったときいつも、その会社で働いてる自分を想像してみます。そしてその想像がイマイチしっくり来なかった場合は、採用されても辞退していました。

このおかげで私は今まで人間関係で悩んだことは一度もありません。

非正規雇用から正規雇用になったら収入が下がってしまった

契約社員だと退職金もボーナスもないし…と安定を求めて正社員へ転職したところ、基本給が安くて結局収入が下がってしまったということもよくある転職失敗パターンです。

やっぱり非正規雇用よりも正規雇用の正社員の方が安定していて安心というイメージがありますが、必ずしも正社員という働き方が自分に合っているというわけでもありません。

世の中には正社員よりも収入の多い契約社員なんてたくさんいますし、待遇もそこまで大きく変わらないなんて場合もあります。

正社員・契約社員という雇用形態だけを見るのではなくて、給料や待遇・仕事内容など、総合的に見てどちらが自分の希望に合っているかを判断する必要があります。

思っていた仕事内容と実際の仕事内容が違っていた

やりたいと思っていた仕事に就いたのに、実際働いてみると思っていた仕事内容と全然違っていたなんてこともあります。

正直仕事内容なんて実際働いてみるまで分かりません。事務といっても業種や会社によってやることは違いますし、営業とはいっても売る商品や営業のスタイルまで会社によってさまざまです。

なので「やりたい仕事だから」と給料や待遇を妥協して仕事を決めてしまうと、「やりたい仕事じゃないのに条件も悪い」なんて最悪の事態になる可能性もあります。

入社したらどんな仕事を任されるのかや仕事内容の詳細は、面接時にしっかり確認しておくべきです。

就業時間が求人内容と実際で違った

求人概要には就業時間が9時~18時と書かれてあったのに、入社すると1時間前に出勤しないといけなかったりサービス残業があったりする場合があります。

求人サイトに書かれてある内容は全てではないですし、どの会社も自分の会社の求人が魅力的に見えるようにしています。

なので求人サイトの内容を鵜呑みにして仕事を決めてしまうと、失敗する可能性が高くなります。

私も実働時間が7時間半という仕事に転職したことがあるのですが、実際は始業時間の30分前には出勤しないといけなかったり、終業時間までに仕事が終わらない場合はサービス残業をしなくてはいけませんでした。

これに関しても事前に面接でしっかり確認しておかなければいけません。

30代で転職を失敗する人によくあること

30代で転職を失敗する人には同じような原因や理由があります。

転職前にしっかり準備をしていない

今の会社に不満があって辞めたい気持ちが先走り、何も準備をしていないのに先に仕事を辞めてしまってから転職活動をしようとする人は失敗しがちです。

すぐに仕事が見つかればいいのですが、転職期間が長引くと収入がないのでどんどんお金が減っていき、だんだん気持ちに余裕がなくなって焦りはじめます。

そして焦ると「とにかく早く仕事を見つけないと!」となり、本来の転職の目的を忘れてとりあえず採用されそうな仕事を選んでしまいます。

その結果また以前と同じような不満が出てきて、転職したのにまた会社を辞めたくなってしまいます。

希望条件や優先順位を明確にしていない

転職する際にきちんと自分の希望条件や優先順位を明確にしていない人も、転職で失敗しやすい人です。

希望条件を「給料が高い」「休みが多い」など表面的なものだけで決める人が多いですが、これだけだと十分ではありません。

表面的な条件だけで決めてしまうと、「給料は高いけど仕事がキツイ」「休みが多いけど給料が少なすぎて生活がキツイ」など、結局また不満を抱えて転職したくなってしまいます。

自分の市場価値と希望条件に大きな差がある

自分の市場価値と希望条件に大きな差がある人は、なかなか仕事が決まらず転職活動期間が長引いてしまいます。

希望条件が「給料のいい仕事」だとして、自分に専門スキルがなかったりハードな仕事が嫌だったりする場合は、市場価値と希望条件が全く合ってないので仕事は見つかりません。

例えば事務未経験の人が給料20万以上で事務の仕事を探した場合、実際事務未経験の市場価値は給料20万もないので応募できる求人がなかったり、応募できても採用される可能性はかなり低くなります。

好条件の仕事に就くためには、スキルや経験が絶対必要です。なのでスキルや経験がないのにいい条件の仕事を探している人は、いつまで経っても転職先が決まらず最終的には焦ってやりたくもない仕事を選んでしまったりします。

仕事内容だけで転職先を決める

仕事内容だけで転職先を決めてしまう人も、転職に失敗することが多いです。

やりたい仕事に就けたとしても給料が低すぎて生活がキツくなり、そこで初めて「やりたい仕事でも給料が少ないのは無理…」って気付きます。

やりたい仕事ならまだマシですが、中には「仕事内容も思っていたのと違ったし給料も少なくなった」なんて人もいます。

一つのことだけを考えて自分の生活や将来設計など、広い視野でしっかり考えていない人は転職した後に後悔することがよくあります。

雇用形態にこだわりすぎる

正社員にこだわりすぎて他の条件を妥協しがちな人も、失敗する可能性が高いです。

今の時代、正社員だからといって安定は保証されていません。

「正社員になれたけど給料が少なくなった」「給料は今までと変わらないのに残業が増えた」等、正社員にこだわりすぎていると雇用形態が変わっただけで条件が悪くなって不満を感じることになってしまいます。

30代の転職で失敗せずに成功した人がやっていること

30代の転職で成功した人は、しっかり将来のことを考えて動いている人がほとんどです。

転職前にしっかり情報収集する

転職に成功している人は転職する前にしっかり情報収集をしています。

転職したいなと思った瞬間から求人サイトで求人情報をチェックし、自分の今のスキルや経験を活かしてどんな仕事ができるのかということを考えています。

求人サイトも一つだけでなく、いろんなサイトをチェックしています。常に求人情報を見ていると条件のいい求人を見つけたときにすぐに動くことができますからね。

成功している人ほど行動も早いので、転職を考えた瞬間から求人サイトで情報収集と求人情報をチェックするようにすることです。

リクナビNEXTは希望条件を登録しておくと求人が出た際にメールで通知が来るので、とりあえず登録しておくべきです。

給料が下がっでも生活に支障がないか計算しておく

転職で失敗しない人は、収入が下がっても経済的にしんどくならないかをしっかり計算した上で仕事を選んでいます。

事前にしっかり計算して想定の範囲内で転職するので、転職した後に「やりたい仕事に就けたけど給料が少なくて生活が厳しい」なんてことになることもありません。

転職するとはいっても最初は給料が下がる場合もありますし、給料面以外を重視して仕事を選ぶ場合もあります。

なので仕事内容やスキルアップを目指して給料が下がる仕事に転職するときは、その給料でも生活がキツくならないかということをしっかり考えておく必要があります。

絶対にゆずれない条件や優先順位を明確にしておく

転職して仕事に満足している人は、転職前にゆずれない条件や優先順位をちゃんと明確にしています。

ゆずれない条件を明確にしているので転職後に不満を感じること少なくなり、希望とは違う内容のことも想定の範囲内なので、この部分も受け入れることができます。

転職で失敗したと感じるパターンのほとんどは、「思っていたのと違った」という不満です。なので成功している人はそうならないために事前にしっかり自分が求めている条件を深掘りしているのです。

将来のことを考えて転職先を決める

転職で成功している人は、目先のことだけを考えずに将来のこともしっかり考えた上で転職先を決めています。

「その会社に入ることで将来のキャリアはどのように作れるのか?」ということを考えているので、転職できたらOKというのではなく、転職した後にどうキャリアを形成していくかも考えています。

キャリア形成をしっかり考えていると、自分にはどんなスキルや経験が必要なのかということが明確になり、年収アップや希望の仕事に就くためにはどんな仕事や会社を選べばいいのかも明確になります。

会社を辞める前に転職活動を始める

転職に成功しているほとんどの人は、会社を辞める前に転職活動を始めています。先に仕事を決めてから今の会社を辞めるので、焦らずじっくり転職先を探すことができます。

そして転職に成功している多くの人が、転職エージェントを上手く活用しています。

正直、働きながら転職活動をするのって結構大変です。求人を探すだけでも時間がかかりますからね。でも転職エージェントを利用することでこの手間を省くことができます。

転職エージェントは一度登録しておくと自分の希望やスキルに合わせて仕事を紹介してくれるので、働きながら仕事を探すならとりあえず登録しておくべきです。

30代の転職におすすめの転職エージェント

30代の転職で失敗しても十分に挽回のチャンスはある

30代の転職で失敗したら致命的…なんてことも言われていますが、実際はそんなことありません。転職に失敗したとしても、十分挽回のチャンスはあります。

私は30歳・32歳・35歳・38歳で5回転職をしましたが、そのうち2回は半年くらいで仕事を辞めました。

今は昔ほど転職回数がマイナスとはならないし、転職回数が多かったとしても自分のスキルや経験を上手くアピールできれば採用される可能性も高いです。

また、30代で未経験の職種にキャリアチェンジすることも可能です。

私は38歳のときに未経験からWEBデザイナーへ転職し、その後フリーランスになりました。

失敗を恐れて今の環境で我慢していると、不満はいつまで経ってもなくならないしその状況をこの先もずっと受け入れて生きていくしかありません。

そうならないためにも、失敗を恐れずに早めに行動した方がいいですよ。

登録しておくべき転職サイト

30代のおすすめの転職エージェント