30代からの転職

30代未経験からでも転職しやすいのはズバリWEB系!【30後半でもOK】

「今の仕事を辞めて全然違う仕事に転職したいけど、30代未経験でも転職しやすい職種ってあるのかな?」

30代未経験からでも転職しやすい職種…それはズバリ、WEB系です!!

今回は38歳未経験からWEBデザイナーへ転職した私の経験をもとに、転職のしやすさの理由と転職するメリットをお話します。

これを読んでいただければ、これまでとは全然違った新たなキャリアと可能性を見つけて頂けるかと思います。

スポンサーリンク

30代未経験からでも転職しやすいのはWEB系です

30代から未経験職種への転職は難しいと言われていますが、私は38歳で未経験のWEBデザイナーへ転職出来ました。

つまり、WEB系職種は狙い目なのです!

WEB業界は年齢制限がほとんどない

30代の転職となると、やっぱり気になるのが年齢制限ですよね。

求人サイトを見ても応募資格に30歳までとか35歳までと書かれてあることはよくあります。

でもWEB系職種の場合、年齢制限はほとんどありません。イメージ的に若い人が多いような気もしますが、実は全然そんなことはなく30代未経験から目指す人って結構多いんですよ。

実際私も38歳未経験から転職出来たので、30代後半の方でも全然大丈夫です!

WEB業界は求人が多い

30代未経験からWEB系へ転職しやすい理由の二つ目が求人が多いということ。

現在はネットの普及が広まり、これからもどんどんネットユーザーは増えていくと思われるので需要に関しては今後も増えていくと思われます。

これだけ普及しているのでいろんな企業が自社のサイトを持つようになりましたが、その一方でWEBの知識がないためにこれらを上手く運用出来ていない企業も多くあります。

WEB系職種はWEB関連企業だけでなく、一般企業も求人を出していることが多いので、幅広い業種の求人を見つけることが出来ます。

WEB業界は仕事の幅が広い

WEB業界とは一言で言っても、その仕事の幅はすごく広いです。

仕事の幅が広いということは、例え未経験であったとしても今まで培った経験やスキルが活かしやすいということです。

例えばWEBディレクターという職種があるのですが、この仕事はクライアントさんと直接やり取りをするので、営業や接客等の人と話す仕事の経験が活かせます。

また、WEBデザイナーの仕事は細かい作業も多いため、事務経験で培った細かい作業のスキルが役に立つこともありました。

いろいろな職種があるので、少しでも自分のスキルや経験を活かせる仕事を見つけると応募の際にもアピールしやすいと思います。

30代未経験からWEB業界へ転職する方法

では30代未経験からWEB業界へ転職する具体的な方法をお話していきます。

①まずは自分が興味の持てそうな職種をピックアップする

先程もお話をしましたが、WEB業界とは言ってもその仕事の幅は広く、いろんな職種があります。なのでまずは自分の興味の持てそうな職種をピックアップしてみて下さい。

例えば以下のような職種があります。

  • WEBデザイナー
  • WEBプログラマー
  • WEBディレクター
  • WEBマーケッター

クライアントと直接やり取りをしたり営業をして取ってきた案件をデザイナーに振るポジションがWEBディレクター。

WEBディレクターが取ってきた案件をデザインしてWEBサイトを制作するのがWEBデザイナー。

バックエンドと呼ばれるシステム側のプログラムを書くのがWEBプログラマー。

そして、WEBサイトからいかに成果を上げるかという戦略を練ったり解析をしたりするWEBマーケッターのお仕事です。

人と話すのが好きな人はWEBディレクター、

WEBサイトの見た目をデザインしたり制作したいという人はWEBデザイナー、

数学や謎解きが好きな人はプログラマー、

何か物事を掘り下げて分析したり未来を予想して戦略を練るのが好きな人はマーケッターが向いているかもしれません。

②目指す目標が決まったら転職に向けて準備する

WEB業界は未経験からでも転職は出来るのですが、最低限の知識やスキルは必要になってきます。

なので厳密に言うと、実務未経験からでも目指しやすい業界ということになります。

では具体的にどんな準備をすればいいのかと言うと、下記のいずれかの方法でスキルを身に付けます。

  • 職業訓練に通う
  • オンラインスクールに通う
  • 独学で学ぶ

職業訓練は無料で通えるというところがメリットです。現在はWEBプログラミングやデザインの職業訓練もいろいろあるので、気になる方は近くのハローワークやネットで調べてみてください。

現在就業中で退職前に転職先を見つけたいという人には、オンラインスクールもしくは独学をおすすめします。

私の個人的な意見としては、オンラインスクールの方がおすすめです。というのは、独学だと適切な知識を身に付けるまでものすごく時間がかかるからです。

オンラインスクールはお金がかかるという面が他の2つに比べるとデメリットではありますが、無料体験を行っているスクールもあるので、一度興味が持てそうかどうか試してみるのもいいと思います。

▼無料体験の出来る人気スクール
TechAcademy

ちなみに私は職業訓練に通って最低限の知識とスキルを身に付けました。

③自分のやりたい仕事の求人を探す

最低限の知識とスキルを身に付けた後は求人を探して応募するだけです!

どれくらいの知識とスキルが必要なのかということですが、私の場合は職業訓練で2カ月半程度WEBデザインについて学びました。

WEB業界の求人はリクナビNEXT等の求人サイトでも見つけることが出来ますが、WEB業界に強い転職エージェントを利用するという方法もあります。

▼WEB業界に強い転職エージェント
レバテックキャリア
ワークポート
DODA(デューダ)

ちなみに私はタウンワークで見つけた求人に応募して内定をもらいました。

30代未経験からWEB業界へ転職するメリット

30代未経験からWEB業界への転職は狙いやすいですが、最低限の知識とスキルが必要になるのでこの点は少し覚悟と忍耐が必要です。

ただ、WEB業界へ転職することでさまざまメリットがあります。

WEB業界へ転職するメリット①いろんな働き方を選べる

最近ではフリーランスという働き方が以前よりも注目されるようになってきましたが、WEBのスキルがあるとフリーランスも目指しやすくなります。

WEBの仕事はネットとパソコンさえあれば出来ることも多く、会社に所属していてもリモートワークができたり、フレックス勤務が取り入れられていたりします。

特に女性で今後出産の予定がある方は、WEBのスキルを今のうちに身に付けておけば出産後も働きやすくなることは間違いありません。

何かしらの事情で在宅ワークがしたいという場合にも、WEBデザイナーやプログラマーであれば自宅で仕事をすることも可能です。

PCとネットさえあればどこでも仕事が出来るというのは、WEB系職種の最大のメリットではないかと思います。

WEB業界へ転職するメリット②手に職が持てる

WEBデザイナーやプログラマーは専門職になるので、この職種へ転職すれば手に職を持つことが出来ます。

しかも今後どんどん需要が増えていく業界なので、この専門スキルを身に付けておけば仕事に困ることはないと思います。

例え転職してブラック企業に入ってしまった場合にも、手に職があれば次の転職先も見つかりやすくなります。

そしてWEB業界は転職回数も一般企業に比べるとそこまでデメリットにならないので、転職のハードルはだいぶ低くなります。

WEB業界へ転職するメリット③稼ぎやすい

WEB業界は稼ぎやすいということも大きなメリットの一つです。

一つの会社にずっと勤めていると大きく稼ぐことは難しいかもしれませんが、フリーランスであれば案件を受ければ受けるほど稼ぐことが出来ます。

また、一つのスキルに加えてプラスアルファで別の知識を持ち合わせておくと、さらに稼ぎやすくなります。

例えばWEBデザイナーだけど少しプログラミングも出来るという場合は、その分需要も高くなり報酬も大きくなります。

手に職付けてバリバリ稼ぎたい!という人にはもってこいの職種だと思います。

▼プログラミングが無料体験出来る人気のスクール
TechAcademy