30代からの転職

30代におすすめの転職エージェントと活用法【利用してみた体験談】

「30代におすすめの転職エージェントってどこなんだろう?」
「転職エージェントを利用するメリットって何だろう?」
「転職エージェントの上手な活用法が知りたい」

転職するにあたって転職エージェントの利用を考えてるけど実際どうなんだろう?と疑問を抱えている方のために、ここでは下記についてご紹介します。

  • 30代におすすめの転職エージェント
  • 転職エージェントの活用法
  • 知っておきたい転職エージェントのデメリット

私は30代で5回転職をしており、転職エージェントも利用した経験があるので、その経験をもとに出来るだけ詳しくお話します。

これを読んで頂ければ、普通に転職活動をするよりも転職成功率をアップさせることが可能になると思います。

スポンサーリンク

30代におすすめの転職エージェント

早速ですが、30代におすすめの転職エージェントとその理由をご紹介していきます。

①リクルートエージェント

まずはじめにおすすめするのがリクルートエージェント。業界最大手なので、求人数が多いのが特徴です。

マイナーな転職エージェントを利用すると、求人数が少ないので自分の希望にマッチした求人を見つけるのが難しくなります。

なので利用する転職エージェントはやっぱり、大手で求人をたくさん持っているところの方が安心です。

リクルートエージェントは平日20時以降や土日祝日の転職相談も受付をしているので、仕事で平日は休めないという人でも利用することが出来ます。

内定率も業界No.1ということなので、とりあえず登録しておいて損はないと思います。

リクルートエージェント

②マイナビエージェント

リクルートエージェントに続く大手転職エージェントがマイナビエージェント

取り扱っている求人の8割が非公開求人なので、転職サイトでは見つけられない求人を見つけることが出来ます。

特に20代~30代向けの求人に力を入れているので、転職サイトで希望に合う求人が見つからない人は是非利用すべきです。

ネットの求人サイトでは条件がいい求人は倍率がものすごく高くなりますが、非公開求人の場合は限られた人のみ紹介を受けて応募ができるため、内定率も高くなります。

マイナビエージェント

③DODA

DODAも人気転職エージェントとなっており、求人数は上記と並び多くなっております。

特に面接対策や書類の添削などの転職サポートには評判があるので、これだけでも利用しておいて損はないと思います。

転職エージェントは担当者によって当たり外れが多い部分がありますが、DODAは担当者の質が高いということでも評判です。

DODA

④JAC Recruitment

上記で紹介した3社に比べると求人数は少なくなりますが、スタッフの対応がすごく良かったなと思ったのがJAC Recruitment

JAC Recruitmentは外資系やハイクラス求人に特化している転職エージェントなので、年収アップや外資系企業への転職を狙う人には人気の転職エージェントです。

ただ外資系の求人は東京に集中しているようなので、それ以外の地域では求人数が少なくなります。

JAC Recruitmentのコンサルタントはすごく親身に転職相談にのってくれとても感じが良かったので、他の転職エージェントで対応がイマイチだった場合は一度利用してみてはいかがでしょうか。

JAC Recruitment

転職エージェントの活用法

転職エージェントに登録をしたからといって、転職先がスムーズに決まるわけではありません。

ここでは転職エージェントの上手な活用法について、お話していきます。

履歴書と職歴書は必ず添削してもらう

転職エージェントに登録をしたら、必ず転職相談で足を運び、履歴書と職歴書を添削してもらいましょう。

私も転職相談時に履歴書と職歴書は持参したのですが、かなり細かくアドバイスをしてもらえました。

転職エージェントで書類を添削してもらうと、ネットなどでは紹介されていないテクニックをいろいろと教えてもらえます。

私も目からウロコのようなアドバイスをたくさんもらい、これだけでも転職エージェントを使うメリットはあるなと感じました。

書類選考通過率も確実に上がると思いますので、書類の添削サポートは絶対受けるべきです。

給料や休み等、疑問に思うことは何でも質問する

転職エージェントで求人を紹介された場合は、給料や休み等気になることがあれば徹底的に質問しておくことをおすすめします。

求人サイトの場合は募集要項にはいいように書かれてある場合も多く、実際面接に行ったら話が違ったなんてことも多々あります。

その点、転職エージェントの求人は細かいところまで事前に確認が出来るので、ブラック企業に就職してしまう可能性が少なくなります。

面接で企業に直接聞きにくいような内容は、転職エージェントに事前に確認しておけばOKです。

例えば残業が月にどれくらいあるのかや有給消化率、離職率なんかも聞いておくといいかもしれません。

会社や人事の雰囲気も聞いておく

転職エージェントを利用する最大のメリットは、会社の雰囲気や人事担当者のことを事前に確認できること。

どれだけ条件が良かったとしても、会社の雰囲気やそこで働く人たちと合わなかったら意味がないですよね。

でも転職エージェントを利用すれば、条件以外にも「こんな雰囲気の会社がいい」という希望も考慮してもらえます。

例えばアットホームで社員同士が仲のいい会社がいいとか、逆に社内行事などのめんどくさいイベントが少ない会社がいい等、条件だけでなく性格的に合いそうな会社を紹介してもらうことができます。

求人サイトでは絶対に分からないような部分を事前に聞くことが出来るので、入社した後に「思っていたのと違った…」なんてならないためにも、会社の雰囲気もしっかりと聞いておきましょう。

知っておきたい転職エージェントのデメリット

上記では転職エージェントのメリットを主にお話しましたが、もちろんデメリットもあります。

まず転職エージェントに登録したとしても、必ずしも自分の希望に合う仕事が見つかるとは限りません。

特にスキルや経験が少ない場合、紹介される求人数が少なかったり条件が悪いものばかりになってしまうことも。

また、転職相談をするときの担当者によっても対応が変わってくる場合があります。ただこればっかりは相性もあるので、いい担当者に当たるかそうでないかは運次第となってしまいます。

もし担当者の対応が悪かった場合は、別の転職エージェントを利用した方がいいです。ここだけの話、担当者には愛想よくしておいて損はないですよ。

担当者に「感じのいい人」と認識されれば、多少スキルや経験が足りなくても頑張っていろいろサポートしてもらえます。これだけでも転職成功率がアップするのは間違いなし。

転職相談時にいい求人がなかったとしても、新たに求人が入ってくる場合もあるのでしばらくは様子を見た方がいいと思います。

ただ転職エージェントに頼りすぎて無駄に時間を取るのはもったいないので、転職エージェントを利用しながら自分でも求人サイトはチェックしておくことです。

例え希望に合う求人が見つからなかったとしても、履歴書と職歴書の添削アドバイスを受けることで書類選考率は確実に上げられるので、自分からも気になる求人があればどんどん応募しておけばいいですよ。

▼30代におすすめの転職エージェント
リクルートエージェント
マイナビエージェント
DODA
JAC Recruitment