30代からの転職

30代の転職は妥協が必要?妥協ではなく見極めが必要【仕事の選び方】

「転職を考えてるけど30代の転職ってやっぱり妥協が必要なのかなぁ?希望通りの仕事を見つけるのって難しいんだろうか?」

こんな悩みを抱えている方のために、出来る限り妥協せずに希望の仕事を見つける「仕事の選び方」をご紹介します。

私は30代で5回転職を経験しているのですが、失敗しながらも現在はフリーランスWEBデザイナーという希望の仕事と働き方を手に入れることが出来ました。

転職をくり返す中で失敗したことや、これはやって良かったなと思うことを具体的にお話するので、これを読んで頂けると転職に役立つ情報を見つけて頂けると思います。

スポンサーリンク

30代の転職で必要なのは妥協ではなく見極め

30代の転職で必要なのは、妥協ではなく見極めです。自分のことって分かっているようで実は分かってない部分も多かったりします。

仕事を探す前にまずは自分のことをしっかり分析しておかないと、絶対に希望の仕事なんて見つけることは出来ません。

まずは絶対にやりたくないこと(嫌なこと)をピックアップする

転職をしたいと思ったらまずは、自分が絶対にやりたくないこと(嫌なこと)をピックアップしてみることです。

人間って「やりたいこと」と「やりたいわけではないけど嫌ではないこと」にはあまりストレスを感じませんが、「やりたくないこと」をするとストレスや不満を感じます。

なので、まずはやりたくないことを明確にしてこれを除外して仕事を探せば、限りなくストレスは減らすことが出来ます。

多くの人は「希望条件」を元に仕事を探すので、これに合った仕事が見つからないときは一つずつ妥協をしていくことになります。

例えば給料がいいから残業が多くても妥協するとか、やりたい仕事だから給料が安いのを妥協するとか。そして気付かぬうちに「やりたくないこと」や「嫌なこと」を受け入れてしまいます。

その結果、「やりたいこと」よりも「やりたくないこと」が多い仕事を選ぶことにもなる可能性があり、転職先でもまた今と同じように不満やストレスを感じることになってしまいます。

これじゃ転職する意味もないですよね?

なので一番ストレスが大きくなる「嫌なこと」を除外して仕事を探すために、まずは自分がやりたくないことをピックアップして明確にしておきましょう。

絶対にゆずれない条件を決める

やりたくないこと、嫌なことをピックアップしたら、今度は絶対にゆずれないという条件を決めます。

最初に絶対ゆずれないことを明確にしておかないと、希望の仕事が見つからない場合に「早く探さないと」と焦ってきてどんどん妥協して仕事を探してしまうようになってしまいます。

私は30歳のときにコールセンターへ転職したのですが、コールセンターを辞めるときに次は事務の仕事がしたいと思ったんですね。

ところがなかなか仕事が見つからなくて、しかも一人暮らしだったので早く仕事を決めないと家賃も払えなくなるということで、結局また同じコールセンターの仕事を選んでしまいました。

その結果、半年で辞めたくなってまた転職先を探すという事態になりました。

このようにしっかりゆずれない条件を決めておかないと、人間って楽な方、簡単な方へ無意識に行こうとしてしまいます。

なので「給料は最低◯◯円以上」「勤務地は自宅から◯分以内」とか、「年間休日は◯日以上」など、自分の中でこれは絶対にゆずれないという条件を事前にしっかりと決めておくのが大事です。

やりたくないこと、ゆずれない条件が決まったら求人を探す

やりたくないこと、ゆずれない条件が決まったらここで初めて求人を探すようにします。

条件が明確になっていると求人サイトでもしっかり絞り込んで求人を探せるので、求人探しに無駄に時間をかけなくて済みます。

自分の探したい仕事の条件が明確になっていないと、いろんな条件で何度も求人検索をすることになり、いろんな求人を見ているうちに自分は本当は何がやりたいのかが分からなくなってしまいます。

仕事が決まるまでの時間が長くなればなるほど焦って妥協してしまいがちになるので、転職活動を始める前にしっかり準備しておくことが大切です。

30代の転職でなるべく妥協せずに仕事を探す方法

それでは具体的に、転職でなるべく妥協せずに仕事を探す方法についてお話していきます。

応募資格に満たなくても応募してみる

希望に合う求人を見つけたとしても、応募資格に満たない場合は諦めていたりしませんか?それ、すごくもったいないですよ!

応募資格に満たない人は応募してはいけないというルールが特別あるわけでもないですし、気になる求人なら気にせず応募しちゃいましょう。

高卒でも応募資格が大卒の求人に応募してみるのもアリだと思いますし、35歳までって書かれてある求人に35歳以上の人が応募するのも全然アリだと私は思っています。

応募資格を資格を満たしていなかったとしても、人事担当者があなたのことを気に入れば採用される可能性は十分にあります。

私も20代の若手社員しかいない会社に32歳で採用された経験があるし、38歳未経験というかなり不利な立場でWEB制作会社にWEBデザイナーとして採用された経験もあります。

何事もやってみないと分からないので、自分で自分の可能性を狭めずどんどんチャレンジした方が希望の仕事は見つかりやすいですよ。

いろんな求人サービスを利用する

求人サイトだけを見て「希望に合う求人がない…」なんて妥協したりしていませんか?

少しでも自分の希望に合った求人を見つけたいのなら、めんどくさがらずにいろんな求人サービスを利用するべきです。

求人サイトにしても、最低でも3つくらいはチェックしておきたいところ。求人数が多い「リクナビNEXT」「マイナビエージェント」「DODA」あたりをチェックしておけばいいと思います。

また、上記は求人検索だけでなく転職サポートも無料で行ってくれるので、使っておいて損はないです。転職エージェントは非公開求人も扱っているので、求人サイトには載っていない求人を見つけることが出来ます。

私は転職エージェントの書類添削サポートを利用して書類選考通過率が上がったので、このようなサービスも積極的に利用すると転職も成功しやすくなりますよ。

転職エージェントであれば、リクルートエージェントが求人数が多くて評判もいいのでおすすめです。

30代におすすめの転職エージェントと活用法【利用してみた体験談】

その他派遣会社を利用して「紹介予定派遣」求人を探すというのも一つの手です。紹介予定派遣とは、派遣社員として数ヶ月働いた後に正社員や契約社員になれるという雇用形態です。

【リアル体験談】本当の派遣会社おすすめランキング【具体的に紹介】

求人サービスを利用せずに求人を探す方法もある

求人探す方法として、求人サービスを利用しない方法もあります。それは、直接会社をネットで探すという方法。

例えば私はWEBデザイナーの仕事を探していたとき、直接ネットで「〇〇(地域名)WEB制作会社」で検索をして出てきた会社のHPから採用情報を探したりしていました。

転職する際に希望の業種が決まっている場合は、この方法も結構使えますよ。

というのも、求人サイトからの応募の場合は企業に応募情報が届くまでタイムラグがあったりしますが、企業のHPに掲載されている採用情報から応募すると人事担当者の目に入るのも早かったりします。

それに、求人サイトには掲載されていない求人を見つけられる可能性もあります。

求人サイトに掲載されていない求人の場合は倍率も低くなるので、それだけ採用の確率も上がると思います。

30代の転職は妥協が必要なんてことは全くない

私は30代で5回転職をしましたが、妥協する必要なんて全くないって思います。

そもそも最初から妥協して仕事を探そうとすると、それなりの仕事しか絶対見つけることが出来ません。

それならダメ元でも自分の希望に合う求人をトコトン探し、応募資格なんか気にせずどんどん応募した方が希望の仕事を見つけられる可能性も絶対に上がると思います。

特に世間で言われている「30代未経験からの転職は難しい」とか全然気にする必要なんてないし、(私は38歳未経験からWEBデザイナーへ転職出来ました)周りの人に「無理」とか言われてもそんなの無視しちゃって大丈夫です。

無理かどうかなんてやってみないと絶対分からないですからね。

やる前から自分で「無理かも」って諦めちゃうのは、自分で自分の可能性を狭めているだけで何もいいことなんてありませんよ。