就職・転職

30代の転職、何社くらい応募するもの?5社程度で十分です【質で勝負】

「30代の転職は厳しいっていうけど、何社くらい応募しないといけないのかな?」
「早く転職先を見つけるためにはやっぱりたくさん応募するべき?」
「実際転職活動をした人は何社くらい応募して内定がもらえたんだろう?」

30代の転職となると、世間や転職エージェントでは「数十社受けて1社内定取れればいい方」なんてことをよく聞きますよね。

私も転職活動をしているときは「どんどん応募するべき」なんてアドバイスをもらうこともありましたが、これにはどうしても納得できませんでした。(めんどくさいというのもありますが…)

結局私は「数で勝負」ではなく「質で勝負」することにしたのですが、結果的にこれが大正解でした。

私は30代で5回転職をしたのですが、どれも5社以上応募したことはありません。

なので、「何社くらい応募すればいいのか?」に対する私の答えは「5社程度で十分」です。

今回は、私が少ない応募数でどのように転職活動を有利に進めたのかということをお話したいと思います。

スポンサーリンク

30代の転職で何社応募した?→5社くらいです

私は30代の転職で5社以上応募したことはないし、転職期間も2ヶ月を超えたことはありません。

かといって特別なスキルがあったわけでもなく、学歴も高卒でした。

30代の転職は数より質で勝負

これは私の個人的な考えでもあるのですが、30代の転職は数よりも質で勝負するべきだと思います。

特に私のようにスキルや学歴がない人間は、しっかり戦略を練ってから応募しないとなかなか目に留めてもらえません。

もし数で勝負していろんな企業に応募しまくるとなると、どうしても履歴書や職歴書は使い回しになってしまいます。

志望動機や自己PRも使い回しがきくような無難な文章となってしまうので、そうなると人事担当者に興味を持ってもらうことなんて出来ません。

企業の人事担当者は多くの応募書類に目を通しているので、使い回しをしているかどうかも恐らく見抜かれてしまいます。

なので求人に応募するときは応募先企業のことをある程度はリサーチし、その上で人事担当者の目に留まるような志望動機や自己PRを考えるべきです。

最近は自分が応募する企業のことを何も調べずに求人に応募する人も多いようなので、これをしてるかしてないかだけでも他の応募者に確実に差をつけることが出来ます。

30代で5回転職に成功した私が利用した求人サービス【使い分けのコツ】

複数の企業に応募することのデメリット

複数の企業に一気に応募することで、どれか一つでも引っ掛かったらいいかなという人もいると思いますが、あまり複数の企業に応募するとデメリットもあります。

まず複数応募しようと思ったらそれだけ求人を探さないとダメですよね?でもぶっちゃけ、5社以上希望条件に合う求人を見つけるのって相当難しくないですか?

ということはですよ、中には給料が希望よりも安かったり休みが希望よりも少なかったりと、自分の希望には合わない求人にも応募することになります。

たくさん応募しようと思えば思うほど、条件ってだんだん下がってくると思うんですよね。

そうなると「内定はもらえたけどあまり希望の仕事じゃないな…」ってなってしまう可能性があります。

それにたくさん応募してもことごとく書類落ち…なんてことになると、だんだん自分に自信がなくなってそれこそ転職活動が難航する原因になってしまいます。

いっぱい応募してどれかに引っ掛かればいいかなっていうのって、恋人がほしいからとりあえず手当たり次第告白してみるっていうのと変わらないと思うんですよね。

中にはOKの返事をもらえるかもしれませんが、自分の好きじゃない人と付き合えても全然嬉しくないですよね?

少ない応募数で内定を取るコツ

私が転職活動のときに気を付けていたこと、内定を取るために工夫していたことをいくつか紹介します。

応募先企業のことはHPでリサーチ

応募したい求人が見つかれば、応募前に必ず企業のHPでその企業のことをリサーチしていました。

どんな実績があってどんな企業理念を掲げているのかということはもちろん、HPからその会社がどんな雰囲気の会社なのかということも調べます。

企業のHPで書かれていることをもとに志望動機や自己PRを書くと、応募前にしっかり企業リサーチをしているということをアピールすることが出来ます。

応募書類は人事担当者が見やすいように工夫する

履歴書や職歴書は「自分が人事担当者だったらどんな書類が見やすいか?」ということを考え、出来る限り見やすく工夫します。

特に職務経歴書は、パっと見て自分の強みやスキルが分かりやすく書くのがコツです。

私は読みやすくするための工夫として、表や箇条書きをよく利用していました。

文字がズラズラと並んでいる職務経歴書は見にくいのでNGです。人事担当者は何通もの書類に目を通すので、見にくい書類はちゃんと読んでもらえるかどうか分からないし、印象も絶対よくありません。

趣味や特技は必ず書く

30代の転職となるとスキルや経験を重視されるとは言いますが、アピール出来るようなスキルが特にない場合は趣味や特技で興味を持ってもらうのも一つの手です。

というのも、趣味や特技ってその人の人間性が垣間見えるからです。

読書や映画鑑賞は恐らく趣味欄に書く人も多いと思うのですが、出来ればこういう定番ではなく他の人が書かそうな趣味の方が興味を持ってもらえます。

私はヨガ・筋トレ・海外旅行・ブログを趣味として書いたのですが、ヨガや筋トレは健康的なことをアピール出来るし、ブログも結構興味を持ってもらえました。

仕事に直接関係のない趣味であったとしても、誰もやっていないようなことや長年続けてるようなことがあればどんなことでも書いた方がいいと思います。

30代の転職は難しくない!スキルなしから転職を成功させる方法【実例】

他の人が何社応募したかや平均応募数は気にする必要なし

「30代で転職活動を成功させるなら最低◯社は応募しないと厳しい」なんて言われることがあったとしても、必ずしもそうではないので結局のところ数なんて気にする必要はありません。

確かに1社応募して結果を待ってダメだったら次…と転職活動をしているよりは複数同時に進行した方が効率はいいと思いますが、効率を優先して内定がもらえなかったら全く意味はないですし。

ただ、自分の希望条件に合う求人が同時に複数見つかったときは全部応募した方がいいと思います。やりたい仕事なら自然と応募書類にも力が入りますしね。

一番大事なのは、出来る限り自分の希望条件に合った求人に応募するということ。

たくさん応募してその度に書類選考落ちとなれば、とにかく働き先を見つけないと!と焦ってしまうので、当初の希望条件を無視して求人を探し出してしまうことになります。

そうならないためにも、応募する求人は絶対ある程度絞ってじっくり作戦を練った上で応募するべきです。

30代の転職は妥協が必要?妥協ではなく見極めが必要【仕事の選び方】