就職・転職

30代の転職は遅い?むしろ絶好のチャンスです【人生は1年で変わる】

「ジョブチェンジしたいけど30代からの転職って遅いのかな?30代で未経験から新しい仕事に転職した人はどのように転職したんだろう?その後どんなキャリアを歩んでいるのかも気になる。」

転職したいけどなかなか踏み切れずにいる方、30代の転職は遅いどころかむしろ絶好のチャンスですよ。

私は30代で転職して人生がガラリと変わりました。

昔からずっと「通勤したくない」「在宅ワークがしたい」「いつでも海外旅行に行ける働き方がしたい」と思っていましたが、現在はフリーランスになったのでそれらを全部叶えることができました。

今回は私の転職経験を元に30代の転職がチャンスである理由と、実際私がどのようにキャリアチェンジをしてきたのかということを具体的にお話します。

30代でも行動さえすれば人生は1年で変わりますよ。

スポンサーリンク

30代の転職は遅い?むしろ絶好のチャンスです

30代の転職は難しいという意見も世間にはありますが、私は全然そういう風に思っていません。むしろ20代よりも30代の方が転職して人生変わりやすいですし、30代は転職のチャンスだと思います。

30代の転職は全然遅くない

30代で5回転職をした私としては、30代の転職って全然遅くないと思います。むしろどんどんチャレンジすべきかと。

30代は20代よりも働いてる期間が長いので、必然的にスキルや経験が多くなります。そうなると転職の幅も広がるし、応用力があるので未経験職種へもチャレンジしやすくなります。

例え過去にアルバイト経験しかなかったとしても、そこで得たスキルや経験は必ず転職時に活かせます。

私は20代のときにアルバイト経験しかなかったのですが、30歳で自動車保険のカスタマーサポートに転職した際、接客のアルバイトで得た接客スキルがすごく役に立ちました。

どれだけ簡単に見える仕事でも全く頭を使わずに出来る仕事はないので、働いた経験は必ず何かしらのスキルとして自分に残ります。

どんなスキルであったとしても、上手く言語化すれば転職時に自分をアピールできる武器となります。

働いている年数が長ければ長いほどアピールできるスキルも多くなるので、ある程度スキルを得た30代は転職するのに絶好のチャンスだと思います。

30代は意外と転職しやすい

30代でいろいろ転職してみて思ったのは、30代って結構企業に求められている年代なのではないかな?ということ。

ビジネスマナーを一から教える必要もないし、未経験だったとしても応用力はあるし、企業によっては社会人経験が少ない若い人よりも30代くらいの落ち着いた人が欲しいというところも結構多いです。

これはキャリアコンサルタントをやっている知り合いから聞いたのですが、若い社員が多い会社でも「社員のまとめ役になるような30代くらいの落ち着いた人材が欲しい」っていう企業は結構あるみたいです。

私も32歳のときに社員の9割が20代という会社に入ったことがありますが、中小企業なんかだと割と30代って求められるのではないかなと思います。

実際私も30歳・32歳・35歳・38歳のときに転職をしたので、30代でも全然転職できるし遅くはないということが分かって頂けるかと思います。

ちなみに特別なスキルがあったわけでもないし、学歴も高卒でした。

年齢を理由に諦める必要は全くなし

◯歳だから難しいとか、◯歳だから無理だとか、年齢でやりたいことを諦めるのはもったいないし、諦める必要も全くありません。

年齢制限のある職業でもない限り、何歳からでも狙えると私は思います。

私は37歳でWEBデザインの勉強を始めて38歳でWEBデザイナーになりました。アラフォー未経験ってかなりハードル高いようには思いますが決して不可能ではありません。

世間一般で言われる「難しい」ってイコール不可能ではないし、過去にそれをやり遂げた人が一人もいなかったとしても、それもまたイコール不可能ではないですよね。

偉人と呼ばれる人たちだって誰もが不可能だと思えるようなことを実現してきたわけだし、過去に誰もやったことがないのであれば自分がその一人になればいいだけだと思うんです。

だから周りが何と言おうが自分がやりたいなら絶対やった方がいいですよ。

30代で5回転職した私のキャリアチェンジ例

20代にアルバイト経験しかなかった私は、転職をくり返すことでスキルや経験を増やし、キャリアチェンジに成功しました。

フリーターから契約社員へ(30歳)

29歳までパチンコ屋でアルバイトをしていた私は、デスクワークへ転職したいと思い派遣会社へ数社登録をしました。

30歳未経験からいきなり正社員で転職するのは難しいかなと思ったので、派遣会社を利用しました。

登録後すぐに自動車保険のカスタマーサポートの仕事を紹介してもらい、ぶっちゃけ興味はなかったのですが、せっかく紹介してもらったしちょっとやってみようかなと軽い気持ちで転職することにしました。

この仕事が「紹介予定派遣」というタイプの求人だったので、派遣社員として数ヶ月働いた後に直雇用の契約社員になれました。

自動車保険には全く興味がなかったのですが、結果的にデスクワークへ転職できたし、パソコンスキルや事務スキルだけでなく保険の資格まで取ることが出来ました。

未経験から事務職への転職を狙っている場合や、とりあえずフリーターを脱出をしたいという方にはカスタマーサポート(コールセンター)の仕事はすごくおすすめですよ。

32歳で初めて正社員として就職

32歳のときに留学エージェントに正社員として転職しました。

自動車保険のカスタマーサポートで得た事務スキルやパソコンスキルが役立ったのはもちろん、そのときに取った保険の資格が役立ちました。

というのも、留学エージェントでは留学保険や海外旅行保険を扱うからです。

たまたま前職で取った資格が役に立ったので、興味のなかった自動車保険の仕事をやってみて良かったなと思いました。

このように自分の持っているスキルが思わぬところで役に立つということがあるので、全くの未経験職種への転職でも、前職のスキルが活かせることはあります。

38歳で未経験からWEBデザイナーへ

37歳のときにこのブログを開設したのですが、その影響でWEBデザインに興味を持ち、WEBデザインの職業訓練に通いました。

職業訓練で基本的なスキルを身につけた後に転職活動を行ったところ、WEB制作会社から内定をもらいました。

結果的に3カ月の試用期間で退職してしまったのですが、その後フリーランスWEBデザイナーとして独立しました。

WEBデザインに関しては全くの未経験スタートでしたが、学歴不要で独学でもスキルを身につけやすく、職業訓練やオンラインスクールといった学習環境も整っている職種だったのでハードルは低めでした。

フリーランスを目指している人や在宅ワーク希望の人には、WEB系職種はおすすめですよ。

行動すれば人生は1年で変えられる

現在フリーランスとして働いている私ですが、1年前はうつで仕事を辞めて無職でした。

もともと組織の中で働くのが嫌だったこともあり、うつになってからは「もう会社で働きたくない!」という気持ちが強くなり、フリーランスを目指せるWEB系職種へのキャリアチェンジを考えました。

定年までずっと同じ会社で働くことを考えるとよほどのホワイト企業でない限りさすがにキツイですが、1年って期間を決めてスキルと経験を身につけるための転職と考えればずいぶん気持ちも楽になります。

なので今後キャリアチェンジを考えているのであれば、失敗しないようにと慎重になるのではなく、行動回数を増やして少しずつ自分の理想に近づいていくのがおすすめですよ。

例え一度目の転職が失敗だったとしても、その失敗は必ず経験になるし、後々役にも立つので大丈夫です!

行動すれば1年でも人生を変えられますが、行動しない限り何も変わりません。

キャリアチェンジをして人生を変えたいなら、これを読んだ後に早速行動を始めてみてくださいね。