30代からの転職

30代で5回転職に成功した私が利用した求人サービス【使い分けのコツ】

30代で転職をするとなると、失敗したくないし出来るだけ条件のいい会社を見つけたいですよね。

でも求人サイトを見てもなかなか希望に合う求人がないなんてことも多いのではないでしょうか?

そこで今回は、30代で5回転職に成功した私が利用した求人サービスと使い分けのコツをご紹介します。

これを読んで頂ければ、今までよりもずっと希望に合う仕事を見つけられる可能性が高くなることは間違いありません。

狙う職種や現在の自分の状況によっても最適なサービスって変わってくるので、是非こちらを参考にしてみてください。

スポンサーリンク

30歳で転職に成功したとき利用した求人サービス

私は29歳まで社員経験がなくアルバイトしかやったことがなかったのですが、さすがにこのままではマズイと思って30歳になるのを機に転職することにしました。

そんな私がまずやったことをご紹介します。

とにかくいろんな派遣会社に登録をした

アルバイト経験しかなかった私は、とにかくいろんな派遣会社に登録をして仕事紹介を待つことにしました。

私の場合、アルバイト経験しかなくてさらには学歴も高卒でした。それでもなんとか社員を目指したいという気持ちが強く、正社員よりもハードルが低そうな派遣社員を選びました。

とりあえず大手で有名な下記の派遣会社に登録をしました。

正直、派遣会社の登録ってスキルチェックやカウンセリングで一度派遣会社に行かないといけないのでめんどくさいですが、3社くらい行った時点で慣れてきました(笑)

派遣会社を利用して良かったこと

登録で派遣会社に行くのはちょっとめんどくさかったですが、結果的に言うと登録さえすればあとは派遣会社が仕事を探してくれるので楽でした。

高卒でアルバイト歴しかなかった私でも最初の仕事紹介までは1週間程度と結構早く、それからトントン拍子に進んだので1カ月くらいですぐに転職先が見つかりました。

こんなに早く仕事が見つかるならもっと早く利用しておけばよかったと思ったくらいです。

そして派遣会社の求人には他にはない「紹介予定派遣」という求人を見つけることが出来ます。

紹介予定派遣とは、一定期間(数ヶ月)派遣社員として働き、その後社員になれるという特殊な契約です。

紹介予定派遣のいいところは、「社員になる前に派遣社員としてお試しで働ける」というところ。

正社員で入社すると、その会社がブラックだったり人間関係がどうしても合わなかったという場合にもちょっと辞めずらいですよね。

でも紹介予定派遣なら派遣契約が終了した後、そのまま直雇用で働くか契約終了で辞めるかを選ぶことが出来ます。

社員になる前にその会社の雰囲気や仕事を経験出来るというのは、かなりのメリットではないかと思います。

派遣会社を利用して転職するまでの流れ

派遣会社って登録の手続きがめんどくさいように思いますが、一度登録さえしちゃえばあとは本当に楽です。

派遣会社を利用して転職する場合、就業までの流れは以下のようになります。

派遣会社のホームページから無料登録をする

カウンセリング予約をして派遣会社へスキルチェックとカウンセリングを受けに行く

自分で気になった求人に応募 or 紹介された求人を受ける

派遣会社の担当者付き添いのもと、応募先企業へ顔合わせ(面接)に行く

就業

派遣会社から求人に応募する場合、履歴書と職歴書は必要ありません。なぜかというと、登録時に登録した内容で派遣会社が書類を作成してくれるからです。

これ、正直めちゃくちゃ楽ですよ。

転職のとき何がめんどくさいって書類の作成ですよね。でも派遣会社を利用すると、このめんどくさい書類の作成が一切必要ありません。

面接にも派遣会社の担当者が同行してくれるので、かなり心強いです。(隣でフォローしてくれます)

35歳で転職に成功したとき利用した求人サービス

35歳で正社員へ転職したときは、求人サイトを利用しました。

やっぱり求人数が豊富な求人サイトはチェックしておくべき

29歳までアルバイト経験しかなかった私も35歳で正社員への転職が出来たのですが、そのときに利用したのがリクナビNEXTでした。

転職を考えているなら、やっぱり求人数が豊富な求人サイトは常にチェックしておくべきだと思います。

ただリクナビは利用者が多いので、いい求人を見つけても倍率が高いというのがデメリットではあります。

でも私のように、未経験からでも応募可能な正社員求人を運良く見つけられるときもあるので、使っておいて損はないと思います。

リクナビNEXT

求人サイトを利用するときの裏技

求人サイトを利用するときには裏技を知っておくといい求人が見つかりやすくなりますよ。

裏技の1つ目が、「応募終了している求人でも気になったら応募してみる」ということ。

応募終了している求人は採用が決まったという場合だけではなく、掲載期間は終了したけれどもまだ採用者が決まっていないという場合もあります。

なので気になる求人が応募を終了している場合は、その企業を直接ネット検索して企業のHP上で採用募集を行っていないかチェックしてみるといいですよ。

そして求人サイトを利用する際に知っておかないと損をすることが一つあります。

求人サイトに載っている求人にいくら応募しても書類選考すら通らないという人、もしかするとあなたの応募情報は企業まで届いていないかもしれません。

求人サイトに掲載されている求人は、企業側の設定で応募者にフィルターがかけられている場合があります。

これは企業が応募者を選定する手間を省くために、条件に合わない応募者は企業へ情報が届かないように設定されているということです。

なのでなかなか選考に通らないという人は、求人サイトからではなく直接企業のHPから応募してみることをおすすめします。

求人サイトに求人を載せている企業は自社のサイトでも採用情報を載せている場合が多いので、こちらから応募した方が確実に人事担当者の目にとまると思います。

38歳で転職に成功したとき利用した求人サービス

私は38歳で未経験からWEBデザイナーへ転職しました。

そのときに利用した求人サービスをご紹介します。

書類選考なしでいきなり面接に呼ばれた求人サイト

WEBデザイナーの求人を探しているときにタウンワークで良さそうな求人を見つけたので応募したのですが、そしたら書類選考とかなしでいきなり面接に呼ばれました。

タウンワークってアルバイトのイメージが強いと思うのですが、派遣社員や正社員求人も載ってるんですよね。

でもタウンワークで応募するときに入力する項目ってたったこれだけしかないんです。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 電話番号
  • 現在の職業
  • メアド(任意)

職歴とか学歴とか入力する項目が全くないんです。めっちゃ簡単ですよね!?

なのでタウンワークから求人に応募すると、恐らく必ず企業から連絡がもらえます。私はいきなり面接に呼ばれましたが、もしかしたらそこから「書類送って下さい」という流れになる場合もあるかもですね。

他の求人サイトに比べると応募のハードルはかなり低いので、タウンワークで社員求人を探してみるっていうのもアリだと思います。

タウンワーク

マイナーな求人サイトでは掘り出しものが見つかる可能性大

有名な求人サイトを利用するメリットは求人数が多いというところですが、マイナーな求人サイトは他に掲載されていない求人が掲載されている場合もあるので、掘り出し物が見つかる可能性は高いです。

求人サイトって検索すればいくらでも出てくるので、なかなかいい求人が見つからない場合は聞いたことないようなマイナーな求人サイトを利用してみるのもいいと思いますよ。

マイナーではないですが、上で紹介したタウンワークみたいなアルバイト求人サイトで社員求人を探してみるっていうのもなかなかアリだと思います。

タウンワーク

雇用形態にこだわらないのであれば派遣会社は登録しておいて損なし

30代で5回転職をした私ですが、今回は30歳・35歳・38歳で転職に成功をしたときに利用した求人サービスをご紹介しました。

5回のうちの3回をご紹介したわけですが、あとの2回はどちらも登録していた派遣会社から仕事を紹介してもらって転職をしました。

30歳のときに複数の派遣会社に登録をしておいたおかげで、その後の転職の際にもすごく役に立ちました。

自分で一から仕事を探すとなると結構めんどくさいですが、一度派遣会社に登録しておくとその後また転職したくなっときに、自分で求人を探したり書類を作成したりする手間が省けるのですごく便利ですよ。

登録するまでがちょっとめんどくさいかもしれませんが、気になる方は是非利用してみて下さい。

おすすめの派遣会社