30代からの転職

30代の転職で実際役に立った資格・スキル【5回転職経験あり】

「転職をしようかどうか悩んでいるけど、転職に有利になる資格やスキルって何だろう?」
「どんな資格を持っていれば転職しやすいのかな?」

こんな疑問をお持ちの方に、30代で5回転職をした私が実際役に立ったなと思う資格やスキルをいくつかご紹介します。

私が経験した中でのお話になるので範囲は狭くなっちゃいますが、どのような資格やスキルがどのように役に立つのかということはかなり参考にして頂けると思います。

スポンサーリンク

30代の転職で役に立った資格・スキル①損害保険系の資格

まず私の経験上役に立ったなと思ったのが損害保険系の資格です。具体的にどのような場面で役に立ったのか、お話していきます。

損害保険系の資格が役に立つ理由

損害保険系の資格はいろいろな業種で使われる資格なので、この資格を取得すると転職の幅が広がります。

保険の資格と聞くと保険会社が真っ先に浮かぶと思うのですが、損害保険の資格が使えるのは保険会社だけではありません。

例えば私は留学カウンセラーへ転職するときに損害保険の資格が役に立ちました。なぜなら留学エージェントでは留学保険を扱うからです。

その他にも損害保険の資格は自動車ディーラーや不動産会社、旅行会社などでも使える資格です。(自動車保険・火災保険・傷害保険を扱う仕事のため)

このように損害保険の資格を持っていると、幅広い業種への転職で役に立つので転職にはかなり有利になると思います。

損害保険系の資格取得難易度

損害保険の資格にはいくつか種類があり、損害保険の一般試験はまず「基礎単位」と「商品単位」の2つがあります。

基礎単位の試験は難易度がかなり低く、合格率は80%を超えるくらいです。

商品単位の試験は「自動車保険」「火災保険」「傷害保険」と分かれており、基礎単位に比べると専門的な内容になるので少し難しくなります。とはいってもそこまで難しい試験ではありません。

これを取得しているだけでも転職には役立ちますが、損害保険の資格には上級資格である「専門コース」「コンサルティングコース」があります。

上級資格になると難易度もグンと上がるので取得は簡単ではありませんが、ここまで取得していると仕事にあぶれることはないとこの資格を持っている上司の方が言っていました。

損害保険系の資格取得方法

損害保険の資格取得方法ですが、残念ながら個人で受験することが出来ない資格なので、保険を扱う企業に就職をする必要があります。

私は未経験OKの自動車の保険カスタマーサポートに派遣社員として入社し、損害保険の資格を取得しました。

その他の企業の場合はよく分かりませんが、私が働いていたコールセンターでは入社後に資格を取るための座学研修があったので、お金をもらいながら勉強することが出来ました。

【コールセンター体験談】3社で働いてみた感想と仕事内容をご紹介

30代の転職で役に立った資格・スキル②英語

30代の転職時に役立ったスキルの二つ目は、英語のスキルでした。

英語のスキルは英語が必要ない仕事で武器になる

英語のスキルを使って英語を使う仕事へ転職するとなれば、TOEIC800点以上の高レベルな英語スキルが必要となってきます。

でもここで私が言いたいのは、そこまで高くなくても日常会話レベルくらいあれば転職時のアピールポイントとしては十分武器になるということ。

例えば私はTOEICの点数が660点なので、英語を使う仕事へ転職するには英語力が全然足りませんが、英語が必要ない仕事の場合、660点でも英語が少し出来るというだけで結構評価されることがありました。

日本人って英語に対する苦手意識が強いので、少しでも英語が出来ると「スキルの高い人」と見られることがあります。

どれくらいの英語力があれば武器になるのか?

英語を使わない仕事でスキルの一つとしてアピールするのであれば、日常会話レベルでも十分武器になると思います。

ただいくら日常会話レベルの英語力があったとしても、TOEICや英検など履歴書に書けるものがないとアピールすることは出来ないので、これらは受験する必要があります。

でも正直、TOEICや英検の試験を受けるとなるとちょっとめんどくさいですよね。そこでおすすめなのが、CASECという試験。

CASECならパソコンとネット環境さえあれば、24時間いつでも自宅で受験することができます。受験料も3,600円なので、TOEICの5,725円に比べるとだいぶ安くなります。

CASEC

マイナーな試験ではありますが、私はCASECの点数も履歴書に記載していました。アピールできるものがあるなら書かないよりは書いた方がいいですからね。

【自宅で英語力測定】CASECならいつでも受験できて結果もすぐ分かる

30代の転職で役に立った資格・スキル③WEB系スキル

私は38歳で未経験からWEBデザイナーへ転職したのですが、転職していてWEB系のスキルは役に立つなと実感しました。

WEB系スキルはかなり狙い目

個人的にWEB系スキルはかなり狙い目のスキルだと思っています。その理由は、

  • 需要が多い
  • 稼ぎやすい
  • 年齢学歴はあまり関係ない

というところ。

30代未経験からでも十分狙える業界だし、学歴も問われない場合が多いので私のように高卒の人間でも転職しやすいです。

それに今はWEBサイトやWEBサービスの需要がどんどん増えていっているので、WEB系のスキルがあると稼ぎやすいと思います。

スキルを身につけるのは決して簡単ではありませんが、独学でスキルを身につけてフリーランスになる方も割といたりします。

WEB業界への転職方法

WEBデザイナーやWEBプログラマなどの仕事は実務未経験でも転職できる業界ではありますが、最低限のスキルと知識は身につけておく必要があります。

なので30代から転職するとなると、その方法は以下のいずれかとなります。

  • 独学で勉強して転職
  • 職業訓練に通って転職
  • スクールに通って転職

ちなみに私は職業訓練に通ってスキルを身につけ、WEBデザイナーとして転職をしました。

【実体験】職業訓練のWEBデザイナー科で学べる内容とメリットデメリット

WEBプログラミングのスクールはオンラインスクールもあり、TechAcademyなら無料体験も行っているので、気になる方は一度試してみるのもいいと思います。

TechAcademy_

WEB業界へ転職するメリット

WEB業界へ転職するメリットとして、いろいろな働き方を選べるという点があります。

普通に会社員として企業に勤める方もいれば、企業に勤めてはいるもののリモートワーク(在宅)している方もいるし、私のようにフリーランスとして働いている方もたくさんいます。

私は元々「通勤するの嫌だなぁ」というのがあったので在宅で仕事が出来るフリーランスを選びましたが、このように働く場所を選ばないというところはメリットではないかなと思います。

また、会社に勤めていると稼げる金額に限界がありますが、フリーランスであれば稼ごうと思えば月に100万とかも不可能ではありません。(私はそんなに稼いではいませんが、周りにそれくらい稼いでいる方は結構います)

30代未経験からでも転職しやすいのはズバリWEB系!【30後半でもOK】

30代の転職で一番役に立つのはコミュニケーションスキル

30代で5回転職をした私ですが、なんだかんだで一番役に立ったのはコミュニケーションスキルかなと思っています。

どれだけスキルが高くても「この人と一緒に働きたくないな」って思われたら絶対に採用されないですし、逆にスキルが低くても「この人感じいいなぁ」って思われたら採用されるかもしれません。

なので求人に応募するときは「いかに自分を売り込むか」ということよりも、「いかに相手に好印象を持ってもらえるか」を意識した方が絶対上手くいくと思います。相手も人間ですからね。

コミュニケーションスキルに自信がないという人は、周りにいるコミュ力の高い人をよく観察してみて真似するといいですよ。

話し方とか相づちの打ち方とか表情とか、よく見て真似をするだけでも全然変わると思います。

実際にコミュ力の高い人にならなくても、コミュ力の高い人を演じればいいんです。自信がなくても自信があるフリをしてればいいんです。それだけで相手に与える印象は随分変わってくるはずです。

面接が苦手だという人は、転職エージェントを利用すると面接対策もやってもらえますよ。無料で書類の添削もやってくれるので、使っておいて損はないと思います。

30代におすすめの転職エージェントと活用法【利用してみた体験談】