30代からの転職

30代の転職って大変?嫌な仕事を続ける方が確実にしんどいという現実

「30代の転職ってやっぱり大変なのかなぁ…?」

今の仕事に不満はあるけど、なかなか転職に踏み切れずに悩んでいたりしませんか?

確かに30代の転職って勇気がいるし、転職して今よりもっと状況が悪くなったりしたら嫌ですよね。

でもよく考えてみてください。転職せずに不満のある今の仕事をずっと続けていく方が長い目で見ると確実にしんどいです。

転職をすれば状況が必ず良くなるというわけではありませんが、ぶっちゃけ失敗したところで人生終わるわけではないし、やり直しなんていくらでも出来ます。

私は30代で5回転職をしたのですが、そのおかげでいろんな働き方や仕事を経験することができ、現在はフリーランスという、転職する前は想像もしなかった働き方をしています。

実際5回も転職をして思ったことは、「難しいと思っていることほどやってみたら案外出来る」ということ。

今回は私の経験をもとに、30代の転職って思ってるより大変じゃないよっていうことをお伝えしたいと思います。

この記事があなたの人生を変えるきっかけとなれば嬉しいです。

スポンサーリンク

30代の転職って大変?→意外とそうでもない

「30代の転職って実際に大変なの?」という問いに対する私の答えは、「意外とそうでもない」です。

やる前から「大変そう」「難しい」と自分の中でハードルを上げても何もいいことはないので、正直この部分は全く考えなくてもいいと思います。

スキルや経験を活かせる仕事を選べば問題なし

30代で5回転職をした私ですが、やっぱりスキルや経験を活かせる仕事は決まりやすいです。

30代を採用する企業はそのスキルや経験を持った人を求めているわけなので、それを持っていれば有利になるのは当然のことですよね。

私は30歳のときにコールセンターへ転職をしたのですが、そのときに得た電話応対スキルを活かして留学カウンセラーに転職しました。

コールセンターと留学カウンセラーって一見全く違う仕事に見えますが、留学カウンセラーって電話応対もあるのでこの部分で電話応対スキルをアピールすることが出来ます。

なので全く同じ職種・業種でなかったとしても、自分の持っているスキルや経験を上手くアピール出来れば企業も興味を持ってくれるので転職しやすくなりますよ。

雇用形態を問わなければ仕事は見つかりやすくなる

30代で未経験職種の正社員を狙うとなるとさすがに難しくなると思いますが(全然不可能ではないですが)、雇用形態を問わなければ仕事はグンと見つかりやすくなります。

特に同じ職種や業種への転職となると、仕事はいくらでも見つかるのではないでしょうか。

私は30歳で自動車保険のコールセンター、32歳で留学カウンセラーを経験した後、派遣会社を通じて転職活動をしたのですが、次から次へと仕事を紹介してもらうことが出来ました。

派遣会社の場合はどうしても経験のある職種や業種の仕事とはなりますが、自分で求人を探す手間が省けるので雇用形態を問わないのであればおすすめです。

私は派遣会社を利用してテレビ局の事務という結構レアな仕事を紹介してもらい、テレビ局で働きました。

テレビ局へ転職は30代でも可能!成功例と方法を紹介します【実体験】

未経験からの転職も全然不可能ではない

世間では30代で未経験職種への転職はかなり難しいと言われていますが、私は38歳で未経験からWEBデザイナーへ転職したので全然不可能ではないと思います。

もし未経験職種へ挑戦したいのであれば、周りが何を言おうとチャレンジしてみた方が絶対いいですよ。出来るか出来ないかなんてやってみないと分からないですからね。

未経験の仕事へ転職ってなるとゼロからスタートというイメージを持つ方も多いと思いますが、実際はそれまでに得たスキルや経験ってすごく役に立ちますよ。

例えば私は未経験からWEBデザイナーへ転職したのですが、クライアントとのやり取りでは留学カウンセラー時代に身につけた営業スキルが役に立ちました。

未経験の仕事でも自分が今までの仕事で培ったスキルや経験って絶対に活かせるので、アピールの仕方さえ工夫すれば30代でも未経験の仕事に転職することは可能ですよ。

30代の転職は難しくない!スキルなしから転職を成功させる方法【実例】

30代の転職よりも嫌な仕事を続ける方が確実に大変

30代の転職よりも、嫌な仕事をこの先も続ける方が確実に大変です。

我慢して続けていれば昇給したり昇格して給料が上がる可能性はあるかもしれません。でも会社の体制や待遇って残念ながら大きく変わることはありません。

今の仕事をこの先もずっと続ける自信はありますか?

転職で失敗はしたくないですよね。でも今の仕事をこの先もずっと続ける自信、ありますか?

そもそも今の仕事が好きで好きでしょうがない!っていう方はこの記事を読んでいないと思うので、何かしら会社や仕事に不満は抱えていると思います。

環境を変えるのって最初はストレスが多くなるし、行動に移すのも勇気がいります。でもこのまま今の仕事を続けていたら、1年後・3年後・5年後に「もう無理!仕事辞めたい!」ってなるかもしれません。

もしそうなる可能性があるのであれば、そのときまで我慢するよりも今転職をした方が絶対いいですよね?

何歳の人でも今が一番若いんです。

何を始めるのにも遅いってことなんてないと私は思っていますが、それでも始めるなら絶対早いに越したことはありません。

自分は大丈夫と思っている人ほどうつになる

環境を変えるストレスよりも今のストレスを受け入れる人が多いですが、嫌なことをやり続けているとうつになる危険性もあります。

うつって精神的に弱い人がなる病気というイメージがありますが、実は逆なんですよ。

私も自分はうつになんかならないって思っていたのですが、ストレスや嫌なことを「自分は精神強いから大丈夫」って気持ちだけで乗り越えようとしたがために、ある日突然心がポキって折れてうつになってしまいました。

このとき心療内科の先生に「心が強い人ほど自分を追い込むからうつになりやすいんですよ」と言われました。

うつになるとめちゃくちゃしんどいしツライです。仕事へ復帰するのに何ヶ月、長い人だと1年以上かかる人もいます。

もし現在うつの症状が少しでも出ているのであれば、真剣に転職を考えた方がいいと思います。

「会社に勤める」のは当たり前ではない

私は現在フリーランスとして働いているのですが、フリーランスになって初めて気付きました。

会社に勤めるのは当たり前ではないということに。

「通勤したくない」
「毎朝決まった時間に起きるのがイヤ」
「好きなときに休みたい」

こういうことを言うと「社会不適合者」のように見られますが、これって全然普通のことだと思います。

実は私がフリーランスになった理由もまさにこれで、フリーランスの多くが同じようなことを思っていたりします。

「生活のために仕事をする」となると、「会社に勤める」のが普通だと多くの人が思っていますが、会社に勤めない働き方も選ぶことだって出来るんです。

私は30代で転職をしたからこそ、フリーランスという働き方を手に入れることが出来ました。

【高卒・資格スキルなし】アラフォーの私がフリーランスになった方法

30代から始めても全然遅くはない

30代からでも何かを始めるのに遅いなんてことは全然ありません。

私は20代のときはアルバイト経験しかないフリーターだったのですが、30代でいろんなスキルを身につけました。

30代でいろんなことに挑戦して思ったのは、「行動すればするほど人生の選択肢が増える」ということ。

多分失敗もたくさんしてきたと思うのですが、得たものに比べたら失敗なんて全然たいしたことないし、むしろ失敗したからこそ得られたものもいっぱいあると思います。

人って年齢を重ねれば重ねるほど「やらない理由」をあれこれ考えてやらない自分を正当化しちゃいますが、やらない限り人生は何も変わらないし、自分の欲しいものも絶対に手に入らないですよ。