30代からの転職

【ピンチがチャンスに】30代・うつ・無職から転職してフリーランスへ

こんにちは。シズです。

現在はフリーランスとして働いていますが、1年前(37歳のとき)はうつで無職でした。

うつになると「ちゃんと社会復帰出来るのかな…」とか、「私に出来る仕事はあるのだろうか?」とか、「転職してまたうつがひどくなったら嫌だなぁ」等、いろいろ考えて不安になります。

そしてうつが原因で休職したり退職すると収入源がなくなるので、金銭的にも精神的にもピンチになります。特に30代でこの状態になると、人生終わった感がスゴイ。

でも私は、30代でうつになったことで今後の人生を改めて考えることができたので良かったなと今では思っています。

だって、もしうつにならなかったら、人生を一度立ち止まってじっくり考えるなんてこともなかったと思うんです。

だから現在30代でうつ病を抱えていて、転職に悩んでいる人にはこう言いたい。

今が人生を変えるチャンスなんだよ!」って。

私はうつになったことがきっかけで、フリーランスという自分が理想とする働き方を手に入れることが出来ました。そしてうつになる前よりも人生が楽しくなりました。

今回は、私がうつで無職になってからどのようにフリーランスになったのかということをお話します。

うつで今後の働き方や人生に悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

仕事も結婚生活も上手く行かずひたすら絶望していた37歳

36歳のときに大手外資系企業へ転職して年収が一気に上がりました。待遇も申し分ないくらいに良くて、昇給や昇格も狙える仕事だったのでここでめちゃくちゃ稼いでやろうと思っていました。

ところが入社して4ヶ月後、風邪をこじらせて気管支炎になり、咳喘息の症状がひどくて数週間仕事を休まなくてはいけなくなりました。

会社はバリバリの実力主義で数字がナンボの世界だったので、この時点で大きく出遅れてしまいました。

仕事が思うように上手くいかずストレスもどんどん溜まっていったのですが、それだけでなく結婚生活にもいろいろと問題があり、気付かないところで少しずつ精神が崩壊していきました。

結果的に仕事は休職を経て退職、結婚生活は続けることが出来なくなったので離婚。

仕事と夫を失った37歳の私に残ったものは、うつ病という病気だけでした。

「もう死んでもいいかな…」

それくらい絶望していました。

30代・うつ・無職が人生を改めて考えるいい機会に

37歳で無職うつになってしまった私でしたが、失業保険をもらっていたので基本自宅に引きこもっていた私は生活するお金には困りませんでした。

※参考情報
仕事が原因でうつになって止む無く退職となった場合、自己都合退職であっても失業保険を待機期間なしで受けることが出来ます。(診断書の提出は必要)

無職にはなってしまったものの、その分時間だけはめちゃくちゃ増えたので人生についていろいろ考えることが出来ました。

うつになって会社を退職したことで「もう会社で働くのは無理だな…」と思ったのと、「自分の好きなことで稼ぎたい」という気持ちが強くなりました。

ブログが人生を変えるきっかになった

失業保険の受け取りでハロワに通っていたある日、職業訓練のチラシが目に入りました。

そのチラシは職業訓練の学校説明会のチラシだったのですが、そこに書かれていた「WEBデザイナー養成科」という文字を見て、「WEBデザイン勉強したいかも」って思いました。

というのも、以前から「自分でブログをカスタマイズ出来るようになりたい」とずっと思っていて、WEBデザインを勉強すればブログをカスタマイズ出来るようになると思ったからです。

会社を辞めたことで生活のリズムも大きく乱れていたので、職業訓練に通えば生活リズムも整えられるかなって考えました。

そう思うとWEBデザインの職業訓練は今の自分に最適な気がして、早速説明会に参加して学校を決めた後、ハロワで申込書をもらって職業訓練の申込みをしました。

38歳で未経験からWEBデザイナーへ転職

無事に職業訓練の入校試験に合格し、WEBデザイナー養成科に4ヶ月通うことになりました。

WEBデザインを勉強してみるとすっごい面白くて、いつの間にか「WEBデザイナーになりたい!」って思うようになりました。

会社をうつで退職したときは「もう会社で働きたくない」って思っていたのですが、WEBデザインのスキルを身につけるためにはWEB制作会社で働くのが一番いいかなと考えました。

ぶっちゃけ通勤も会社勤めもすごく嫌だったけど、「スキルを身につけるために1年だけ働く」と期間を決めて頑張ることにしました。

就職活動を始めて2社目で内定がもらえたので、職業訓練を途中退校してWEB制作会社へ入社しました。

このとき38歳でしたが、未経験からWEBデザイナーへ転職することが出来ました。

フリーランスになって人生が楽しくなった


うつで退職した後、WEBデザイナーになったおかげで現在はフリーランスになれました。

通勤から解放されて自宅で仕事が出来るようになったし、大好きな海外旅行がいつでも行けるようになったのでうつになる前よりも人生が楽しくなりました。

会社員のときのように毎月安定した給料はないし、確定申告も自分でやらないといけないから大変なこともいっぱいあるけど、それでも私は今の生活に満足しています。

うつになって会社を退職して、無職になって時間が出来たからこそ選択出来た人生だと思うので、人生のピンチは人生を変えるチャンスなのではないかなと思います。

うつを経験したことは人生のプラスになる

うつでツライ思いをした人はその分自分にも人にも優しくなれるし、絶望から這い上がってきたことは自信にも繋がります。

私は「あんな絶望から立ち直ったくらいだから今後何があっても乗り越えられる」ってうつになったことで前よりもパワーアップしました(笑)

なんていうか、人生いきやすくなりました

うつを経験したことは必ずその後の人生のプラスになるので、今しんどい思いをしている人は無理せずじっくり自分と向き合い、自分が本当にやりたいことを考えてみてください。

やりたいことが分からない人は、やりたくないことをまず考えてみるのがいいですよ。例えば、

「通勤したくない」
「早起きしたくない」
「スーツ着たくない」

とかでもOK。やりたくないことが分かれば、やりたくないことをやらずに生きるためにはどうすればいいかということを考えればいいんです。

私は38歳から未経験職種へチャレンジして人生が変わったので、30代からでも人生はいくらでも変えられますよ。