生き方

うつになったことで人生がめちゃくちゃ楽しくなった!

こんにちは!人生絶好調のシズです!!

今めちゃくちゃ人生を楽しんでいる私ですが、実は1年前の今頃はうつ真っ只中で「死んでもいいかな…」ってくらい将来に絶望していました。

当時は本当に毎日が辛くて、ご飯を食べるのも苦痛で、一日のほとんどをベッドで過ごすような日々を送っていました。

でもたったの1年で人生が180度変わっちゃったんですよね。

正直私は、うつになったからこそ今の楽しい人生があると思っています

だから今うつで苦しんでいる全ての人に、うつになったことで人生ってめちゃくちゃ楽しくなるんだよ!ということを知ってほしい。

今回は私がうつから得られた3つのことについて、お話します。

スポンサーリンク

①自信がついて強くなった

うつのときは自分のことを否定しまくっていました。

「自分はダメな人間なんだ」
「自分は他の人が出来ることも出来ないんだ」
「私の未来に希望なんてないんだ」

こんなことを毎日毎日思っていました。

でもうつの症状が良くなると、「あれだけどん底にいたのに私は這い上がってきたんだ」という自信がつきました。

うつって頭を支配されるから、本当に自分ではどうしようもなくて辛いですよね。

でもそんなに辛いうつの症状と戦っている事自体、スゴイことなんですよ。

そんな苦しみの中で毎日生きてるだけで十分スゴイんですよ!

うつが良くなると私はこんな風に思いました。

あれだけ苦しい状況から立ち直った私はきっとこの先何があっても大丈夫!」って。

②自分に優しくなった

うつになる人って責任感が強くて自分に厳しい人が多いと思います。

だからしんどいときでも顔に出さず、自分にムチ打って頑張ってきた結果うつになっちゃうんですよね。

でも一度うつになると、自分の限界が分かるので無理をしなくなります。

自分に優しくなることで他人に対しても優しくなれるので、ずっと生きやすくなるんですよ。

私、自分を甘やかしてあげるのって全然悪いことじゃないと思うんです。

自分を甘やかすことは、自分の気持に素直に生きているだけです。

うつになることで常に自分の気持ちに、心に耳を傾けてあげられるようになったので、今までよりもずっと生きるのが楽になりました。

③前向きになった

私はもともと自分はポジティブな人間だと思っていました。でも実際はネガティブ人間だったんですよね。

些細なことで傷付いたり落ち込んだり、何気ない他人の言葉を深く考えすぎたり…

常に他人の目を気にしながら生きていました。

でもうつになってうつの苦しみを知ったからこそ、「うつになって苦しむくらいなら他人からどう思われてもいいや」って開き直ることが出来るようになりました。

人間、一度開き直っちゃうと結構無敵な感じになるんですよね(笑)

小さいことは気にしなくなるし、他人から嫌われてもいいやーって思えるようになりました。

うつになる人はダメな人なんかじゃない

うつってどうしてもネガティブなイメージがあるので、「うつの人=心が弱い人」と思われがちです。

「うつ=甘え」なんて思っている人もいるみたいですが、そもそも自分に甘い人はうつになんかならないですからね。

うつになっちゃう人は全然ダメなんかじゃなく、責任感が強くて真面目でむしろ強い人だと私は思います。

逆に「自分はうつになんかならない!」っていう人の方が、自分にも他人にも優しく出来ないダメな人。

うつで辛いときは誰が何を言おうと思いっきり自分を甘やかしてあげればいいんですよ!

うつを乗り越えた先には素晴らしい未来が待っている!

うつで苦しんでいる全ての人に知ってほしいのは、うつを乗り越えた先には素晴らしい未来が待っているということ!

これはうつになったからこそ得られる未来なんですよ。

1年前はうつで苦しんでいた私ですが、今となればそれは一瞬の出来事だったように思います。

そしてうつが良くなるきっかけって、すっごく小さなことだったりします。

今はうつで毎日辛くても、必ずそこを脱出できる日は訪れますからね!