国際恋愛・結婚

国際結婚したい人必見!!一緒に暮らして初めて分かったアメリカ人の生態

こんにちは。元国際結婚妻のシズです。

「国際結婚って素敵!」 と人によく言われましたが、大変なこともいっぱいあります。

国際結婚の離婚率って知っていますか? なんと50%以上だそうです。

私はアメリカ人の元夫と住み始めて、離婚率の高さに納得してしまいました。

だって、育った文化の違いってめっちゃ大きいんです!!

自分にとって普通のことが、相手にとっては普通じゃない…その逆もしかり。

今回は国際結婚に憧れる方に、アメリカ人の生態についてお話します。是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

「察する」ということができない

アメリカ人は「察する」ということができません。彼らには言葉に出して言わなければ通じないのです。

それに比べて日本人は、「相手に察してもらうこと」にかなり依存しています。

また、アメリカ人に建前というものはあまり通じません。

アメリカ人はこんな風に受け取る

では、アメリカ人に対して日本人と接するのと同じように接してみたらどのようになるのでしょうか? このようになります。

 

私:「今日は疲れてるから洗いものしたくないよー(言いたいこと:今日は洗いものを代わりにやってほしい)」

アメリカ人夫「じゃあ明日やればいいよ」

 

アメリカ人は言葉のそのままの意味で解釈します。決してその言葉の奥にある「代わりにやってほしい」という部分は読み取ってくれません。

ストレートに伝えるのが大事!

アメリカ人に何かを伝えたいときは、ストレートにそのまま伝えるのが大事です。

アメリカ人は察することができないということをきちんと理解していないと、「なんでこの人は私の言いたいことを全然分かってくれないの!?」 とイライラしてしまいます。

日本人って察するのが当たり前みたいになっていますが、これって無意識に相手に理解してもらうことにすごい依存しているんです。

自分の非は認めない

アメリカ人はとにかく自己主張が激しいです。そして自分の非は基本認めません。

それに比べて日本人は「和」 を大事にする傾向にあります。

この「和」を大事にする文化は、世界の中でも日本だけなんだそう…

確かに海外ドラマなんかを見ていると、みんな言いたいことをはっきり言うし、アメリカ人女性は日本人女性に比べて気が強いイメージがありますよね。

自分にとっての「普通」と相手にとっての「普通」 は違う

外国人と上手くやっていくには、相手の普通と 自分の普通は違うということを理解しなくてはいけません。

日本人は人と衝突したり対立したりすることを嫌います。そのため、自分が我慢してでもその場を丸く収めようとすることがよくあります。

アメリカ人は自分がおかしいと思ったら絶対自己主張します

最初の頃はずっと「何で旦那は私のことを理解してくれないの!?」とずっと悩んでいました。

日本人にとっては普通のことでも、アメリカ人夫にとっては普通でないということはよくあります。

私からすると「普通こうするよね!?」ということでも旦那はそうしません。

まずは相手の意見を受け入れる

もし、考え方の違いで言い合いになるようなことがあれば、まずは相手の意見を受け入れてみてください。

相手に理解してもらおうと自分の意見を押し通すのは、正直しんどいです。

なぜかというと、アメリカ人ってめっちゃ口がたちます。男性よりも女性の方が口がたつと言いますが、アメリカ人には敵いません…。

私の場合、私が相手の主張をまず受け入れることで相手も自然と自分のことを受け入れてくれるようになりました。

思いやりはあまり伝わらない

日本人って思いやり精神が強いですよね。これも察する文化のおかげでしょうか。実はこの「思いやり」、アメリカ人にはあまり通用しません。

気を利かせたつもりだったのに…

ある日、私が旦那のためにスウェット上下を買ったときの話。

アメリカ人夫はいつもトランクスで寝ていたのですが、寒いといって外出用のズボンを履いて寝だしたのです。

これを見て私は「ゴワゴワして気持ち悪いだろうな」 って思ったので、翌日ドンキホーテの990円のスウェット上下を買って旦那に渡したところ、旦那が一言。

 

「別にいらないけど…何で買って来たの?」 

 

私はてっきり「わざわざ買ってきてくれてありがとう!」 と喜んでもらえると思っていました。

でも旦那からすると、「頼んだわけじゃないのに何で買って来たの?」 という感じだったようです。

アメリカ人って基本的に「自分のことは自分でする」 という感覚の人が多いです。

せっかく相手のことを思って買ってきたのに、こんな風に言われるとちょっと悲しいですよね…

 

ピザがとにかく好き

アメリカ人はみんなピザが好きです(きっとそのハズです)。

夕食を作るのがめんどくさいなーというときに、「今日はピザを頼もうか?」 と提案すると、こんな返事が返ってきます。

 

「Hell yeah!!!」 ※Yesの強調表現で、「もちろん!」「当たり前!」という意味です。

 

まとめ

日本の文化と似ている文化を持った国出身の人とだったらまだストレスは少ないかもしれませんが、アメリカと日本って結構真逆な部分も多いです。

文化の違いってときには自分が思っているより大きな壁となります。

「私は相手の文化を理解しているつもり」「こんなに愛し合っているのだから大丈夫」 と侮っていると痛い目にあいます…(← 経験者は語る)

私の場合は自分の母国である日本に住んでいるのでまだマシですが、相手の国で生活している人はもっと大変なんだろうなと思います。

やっぱり文化の違いって大きいです。頭では分かっていても心で理解するのは相当大変です。