公開日:2017/05/08最終更新日:2017/07/14
金融・保険関係

アメックスのリボ払い「ペイフレックス」をどこよりも分かりやすく説明します!

こんにちは。シズです。

クレジットカードって大きな買い物をするときに分割払いやリボ払いができるのが便利ですよね。

でも、リボ払いって利用方法や支払いについてあまりよく知らずに使用すると損をする場合があります。

今回はアメックスのリボ払い「ペイフレックス」について、利用方法やしくみを詳しくお話します。

 

スポンサーリンク

アメックスのペイフレックスは申し込みが必要

アメックスのリボ払い「ペイフレックス」を利用するには申し込みが必要となります。

申し込み条件は入会から3ヶ月経過していること。

カードを作ってすぐにペイフレックスを利用することはできません。

申し込み後に審査が行われ、審査に通って初めてペイフレックスが利用できるようになります。

 

アメックスのペイフレックスの利用方法

アメックスのペイフレックスは、他社のリボ払いと少し異なっています。

カード利用分が全てリボ払いとなるわけではなく、一定金額を超えた分だけが自動的にリボ払いとなります。

 

一括払いかリボ払いかは「設定金額」によって決められる

アメックスのペイフレックスは申し込み時に「設定金額」を任意で設定します。

お申し込み時に設定できる金額は、「5,000円」「20,000円」「50,000円」となっています。

カードでの1回の買い物金額が設定金額を超えた場合のみ、支払方法が自動的にリボ払いとなります。

例えば設定金額を5,000円とした場合、以下のようになります。

  • 1回の買い物金額が4,999円以下一括払い
  • 1回の買い物金額が5,000以上リボ払い

つまり、1会計毎に「一括払い」「リボ払い」と、支払方法がどちらかに振り分けされます。

 

ペイフレックスの利用可能枠は20万円~150万円の範囲で設定される

アメックスでペイフレックスの申し込みをし、審査に通ればペイフレックス利用可能枠が20万円~150万円の範囲で設定されます。

アメックスのペイフレックスは設定金額以上の買い物をした場合にその支払いがリボ払いとなりますが、利用可能枠を超えた分は全て一括払いとなります。

例えば設定金額が5万円で利用可能枠が20万円の場合。

5万円の買い物を5回すれば、4回目までの買い物金額はリボ払いとなりますが、5回目は例え買い物額が設定金額以上であっても支払いはリボ払いではなく、一括払いへ振り分けされます。

 

ペイフレックスの月々の支払金額

アメックスのペイフレックスは「残高スライド方式」という支払方法が適用されています。(手数料は実質年率14.9%)

 

ペイフレックスの利用残高が10万円以下の場合、月々の支払い金額は3,000円となります。

例えばペイフレックス利用可能枠が20万円で、既に20万円分ペイフレックスを利用している場合。

最初は月々の支払金額は6,000円となりますが、支払い残高が10万円を切ると月々の支払いは3,000円へ自動的に変更されます。

アメックスのペイフレックスは「大きな買い物をしても月々の支払金額が少額である」ということが特徴です。

 

ペイフレックスの増額支払いや残高一括払いも可能

アメックスのペイフレックスの特徴は、大きな買い物をしても月々の支払いが少額となるという部分ではありますが、その分支払い期間は長くなります。

支払い期間が長くなればなるほど、手数料はかかってきます。

ペイフレックス利用時の毎月の支払金額は上記で説明した「残高スライド方式」によって決められていますが、増額払いや残高一括払いもできます。

増額支払い手続きは、電話もしくはWEBからすることができます。(※支払い変更可能期間は締め日以降の数日間

※増額手続きをした場合、増額支払いとなるのは当月のみとなります。

 

ペイフレックス利用時の明細

アメックスのペイフレックスは1会計毎に「リボ払い」「一括払い」と振り分けされます。

そのため、毎月の明細には「ペイフレックス支払額」と「一括支払額」の合計金額が今月の支払金額に記載されます。

ペイフレックスの支払い残高や新規利用金額も、全て毎月の明細書に記載されます。

 

ペイフレックス申し込み方法

アメックスのペイフレックス申し込みはWEBのマイページから手続き可能です。(※マイページ未登録の場合は新規登録が必要です)

では、手続きの流れについて画像とともに説明します。

 

①マイページログイン後、左側メニューにある「リボルビング払いサービス」をクリック

 

②ペイフレックスページの「ご登録申し込みはこちら」をクリック

 

③同意事項・規約を読んで同意するにチェックを入れたら「次へ」をクリック

 

④必要事項を入力して「次へ」をクリック

※一番最初に入力する設定金額は重要となります。

  • 毎月の支払額を少なくしたい⇒低めに設定
  • 高額な買い物時のみリボ払いにしたい⇒高めに設定

以上のように設定することをオススメします。

 

⑤入力内容確認画面を確認し、問題なければ「申し込む」をクリックする

 

以上でペイフレックスのWEB申し込みは完了です!

審査期間は2週間程度で、審査結果は郵送で書面にて送られてきます。

 

WEB申し込みが出来ない場合

WEB申し込みが出来ない場合は、カード裏面に記載されているコールセンターへ電話をします。

ペイフレックスは電話受付がありませんが、コールセンターへ電話すると申込書を郵送してくれます。

郵送されてきた申込書に必要事項を記入して返送すれば、申し込み受け付けされます。

 

設定金額は申し込み後に変更が可能

アメックスのペイフレックスは「設定金額」が重要となってきますが、こちらは申し込み後に変更することが可能です。

申し込み時には「5,000円」「20,000円」「50,000円」の3つしか選択できませんが、申し込み後は2,000円~20万円の範囲で下記の金額へ変更ができます。

 

<申し込み後に変更できるペイフレックス設定金額>

  • 2,000円
  • 5,000円
  • 10,000円
  • 20,000円
  • 30,000円
  • 40,000円
  • 50,000円
  • 100,000円
  • 150,000円
  • 200,000円

変更手続きは、アメックスのコールセンターへ電話するとすぐに受付してくれます。

 

 

ペイフレックス利用時にはペイフレックス・メールへ登録しておくと便利!

ペイフレックス利用登録後、オンラインサービスのマイページから「ペイフレックス・メール」の登録ができます。

ペイフレックスメールに登録しておくことで、毎月のカード締め日翌日に以下の情報がメールで届きます。

  • 当月の請求金額
  • 決済日
  • リボ払い利用残高
  • 増額支払い可能期間

増額支払い希望の場合、このメールから直接変更手続きができるのでとても便利です!

 

ペイフレックス・メール登録方法

では、ペイフレックス・メールの登録方法に付いて説明していきます。

 

①アメックスのHPからマイページログイン後、タブメニュー「登録情報」から「各種ダイレクトメール等の受信設定」をクリック

 

②受信を希望するメールの中の「ペイフレックス」部分を「はい」にチェックを入れて確定をクリックする

これで毎月ペイフレックスに関するメールを受け取ることが出来るようになります!

 

アメックスのペイフレックスまとめ

アメックスのペイフレックスは使い方によっては便利となりますが、支払方法に残高スライド方式を適用しているため、支払期間は長くなってしまいます。

ペイフレックスの支払い残高が10万円以下の場合、毎月の支払金額は3,000円とかなり少額です。

毎月の支払金額の負担は軽くなりますが、その分支払う手数料は多くなるのでこの部分を考えて利用しないと、トータルの支払金額で損をすることになります。

いつまで経ってもリボ払いの支払い残高が減らない! という場合には、毎月の支払額の増額をすることをオススメします。