クレジットカード

アメックスのリボ払い「ペイフレックス(あとリボ・自動リボ)」をわかりやすく解説!!

こんにちは。シズです。

クレジットカードって大きな買い物をするときに分割払いやリボ払いができるのが便利ですよね。

でも、リボ払いって利用方法や支払いについてあまりよく知らずに使用すると損をする場合があります。

今回はアメックスのリボ払い「ペイフレックス(あとリボ・自動リボ)」について、利用方法やしくみを詳しくお話します。

スポンサーリンク

ペイフレックスの利用条件

アメックスのリボ払い「ペイフレックス」を利用するには申し込みが必要となります。

2017年8月よりペイフレックスの新たなサービス「あとリボ」が開始されたことにより、新規受け付けは停止となりました。

ペイフレックスのあとリボについては、条件を満たしている会員に審査の上、自動的に設定されます。

あとリボが利用できる条件は、

  • 入会から3ヶ月以上経過していること
  • 引き落とし口座の設定があること
  • ボーナス・分割払いが未登録であること

以上の3つとなっています。なお、ビジネスカードやコーポレートカードの場合はペイフレックスは利用できません。

条件を満たしている場合でも、支払状況に問題がある場合やアメックス側の審査に通らなかった場合は、あとリボは自動設定されません。

あとリボの審査は11月上旬を目途に順次進められるため、審査に通って設定が完了すれば郵便で通知が届きます。

あとリボのサービス開始前に既にペイフレックスの利用があった場合は、引き続きペイフレックスの自動リボの利用ができます。

ただし、あとリボと自動リボの併用はできないため、あとリボについては自動設定されません。

あとリボ↔自動リボの変更は、マイページから行うことができます。

ペイフレックスのあとリボが利用できるかどうかの確認も、オンラインのマイページから確認することができます。

※年会費や各種手数料については、あとリボの利用はできません

ペイフレックス(あとリボ)の利用方法

ペイフレックスのあとリボは、カードで一括払いをした後、マイページからリボ払いに支払プランを変更することができます。

オンラインサービスに登録していないと利用できないため、マイページを作っていない方はまず新規登録をする必要があります。

マイページからカードの利用履歴ページに移動し、あとリボの利用を選びます。

請求確定分もしくは請求未確定分から、リボ払いを利用したい請求を選択します。

選択し終わったら「次へ」をクリックし、リボ払い変更分の請求を確認した上で申し込みをします。

 

ペイフレックス(自動リボ)の利用方法

ペイフレックスの自動リボは、登録時に設定した設定金額を超えた分だけが自動的にリボ払いとなります。

例えば設定金額を5,000円としていた場合、以下のようになります。

  • 1回の買い物金額が4,999円以下一括払い
  • 1回の買い物金額が5,000以上リボ払い

つまり、1会計毎に「一括払い」「リボ払い」と、支払方法がどちらかに振り分けされます。

設定金額は、アメックスのコールセンターで変更することも可能です。

ペイフレックスの利用可能枠は20万円~150万円の範囲で設定される

ペイフレックス利用可能枠は、20万円~150万円の範囲で設定されます。

自動リボは設定金額以上の買い物をした場合にその支払いがリボ払いとなりますが、利用可能枠を超えた分は全て一括払いとなります。

あとリボについても、利用可能枠の中であとリボにすることができます。

例えば利用可能枠が20万円だった場合、あとリボを利用してリボ払いに変更できるのは20万円分の請求のみとなります。

自動リボは例えば設定金額が5万円で利用可能枠が20万円の場合、5万円の買い物を5回すれば、4回目までの買い物金額はリボ払いとなります。

5回目は例え買い物額が設定金額以上であってもリボ払いではなく、一括払いへ振り分けされます。

ペイフレックスの月々の支払金額

アメックスのペイフレックスは「残高スライド方式」という支払方法が適用されています。(手数料は実質年率14.9%)

 

ペイフレックスの利用残高が10万円以下の場合、月々の支払い金額は3,000円となります。

例えばペイフレックス利用可能枠が20万円で、既に20万円分ペイフレックスを利用している場合。

最初は月々の支払金額は6,000円となりますが、支払い残高が10万円を切ると月々の支払いは3,000円へ自動的に変更されます。

ペイフレックスの増額支払いや残高一括払いも可能

ペイフレックスを利用すると月々の支払額はかなり少額となりますが、その分支払期間が長くなります。

そして支払い期間が長くなればなるほど、手数料はかかってきます。

ペイフレックス利用時の毎月の支払金額は上記で説明した「残高スライド方式」によって決められていますが、増額払いや残高一括払いもできます。

増額支払い手続きは、電話もしくはWEBからすることができます。(※支払い変更可能期間は締め日以降の数日間

※増額手続きをした場合、増額支払いとなるのは当月のみとなります。

ペイフレックス利用時にはペイフレックス・メールへ登録しておくと便利!

ペイフレックス利用登録後、オンラインサービスのマイページから「ペイフレックス・メール」の登録ができます。

ペイフレックスメールに登録しておくことで、毎月のカード締め日翌日に以下の情報がメールで届きます。

  • 当月の請求金額
  • 決済日
  • リボ払い利用残高
  • 増額支払い可能期間

増額支払い希望の場合、このメールから直接変更手続きができるのでとても便利です!

ペイフレックス・メール登録方法

では、ペイフレックス・メールの登録方法に付いて説明していきます。

①アメックスのHPからマイページログイン後、タブメニュー「登録情報」から「各種ダイレクトメール等の受信設定」をクリック

 

②受信を希望するメールの中の「ペイフレックス」部分を「はい」にチェックを入れて確定をクリックする

これで毎月ペイフレックスに関するメールを受け取ることが出来るようになります。

アメックスのペイフレックスまとめ

アメックスのペイフレックスは使い方によっては便利となりますが、支払方法に残高スライド方式を適用しているため、支払期間はかなり長期となります。

ペイフレックスの支払い残高が10万円以下の場合、毎月の支払金額は3,000円とかなり少額です。

毎月の支払金額の負担は軽くなりますが、その分支払う手数料は多くなるのでこの部分を考えて利用しないと、トータルの支払金額で損をすることになります。

いつまで経ってもリボ払いの支払い残高が減らない! という場合には、毎月の支払額の増額をすることをオススメします。