病気・ケガの体験談と予防

口の端が切れて痛い! 口角炎の原因と治し方

こんにちは、シズです。

私はよく口角炎になります。

1ヶ月に1回はなっているんじゃないかというくらい、しょっちゅうなるんです。

口角炎ができると気になるし食事のときも痛いので、本当にやっかいです。

今回はそんな憎き口角炎の原因と治し方について、ちょっと調べてみました。

スポンサーリンク

口角炎の原因

口角炎の原因は主に4つあるそうです。

  • 細菌感染
  • ビタミン不足
  • アトピー性皮膚炎
  • 化粧品の添加物

口角炎の原因となるガンジダ菌という細菌は、通常人間の体内に存在している菌だそうです。

ところが免疫力が低下していると、普段は大丈夫でも感染症を起こしてしまうことがあるのです。

私は口角炎だけでなく口唇ヘルペスもよくできるので、きっと免疫力が弱いんだろうな…

食事を改善した方がいいのかも。

早く治したい場合は病院へ

病院へ行って処方してもらった薬を塗ると、3日~1週間程度で治るようです。

私は病院へ行くのがめんどくさいので、いつも自然に治るのを待ちますが。

病院へ行く場合、「内科・皮膚科・口腔外科」のいずれかで診察してもらえます。

私は口唇ヘルペスで一度病院へ行ったことがありますが、そのときは皮膚科で診てもらいました。

やっぱり何もしないより薬を塗った方が早く治るんですね。

口角炎を自力で治す方法

私のように口角炎くらいだったら病院へ行かないという人も多いと思います。

そんな人のために、自力で治す方法を調べてみました。

口角炎を治すには、

  • 肌を清潔に保つ
  • しっかり睡眠をとる
  • 乾燥対策をする

以上が重要となります。

私は唇をついつい手で触ってしまうクセがあるので、手についているバイ菌が唇についちゃってるんだと思います。

口角炎ができたら気になっても触らないこと! これが一番大事。

あとはやっぱりリップクリーム等でしっかり乾燥対策をするのも大切です。

私はめんどくさがりなので、リップもあまり塗らないんですよね…

かさぶたをはがしてはダメ!

口角炎って場所が場所だけになかなか完治しません。

治りかけでかさぶたができても、口を開けるとまたパックリ裂けちゃうんですよね…

食べるときや歯を磨くときなど、口を開けざるを得ない場合を除いて、かさぶたを手ではがしてしまうのは絶対にダメです!

私は無意識にはがしちゃうんですけどね…

唇の皮も無意識に剥いちゃうので、困っています。

▼唇を無意識に触るの、止めたい
え、唇の皮を剥いちゃうのって心の病気なん!?

免疫力を高めて口角炎ができにくい体質に!

私はニキビを含め、いろんなできものができやすい体質です。

きっと免疫力が相当弱いんでしょうね…

これを書いている今は、口角炎と口唇ヘルペスがダブルで出来ています。(つらすぎっ!)

私のようにできものがよく出来るという人は、免疫力を高めて口角炎ができにく体質にしなくてはなりません!

でも免疫力ってどうやったら上がるの!?

体温を上げる

体温が上がると血液の循環が良くなり、免疫細胞である白血球が体内を巡るので免疫力が上がるのだとか。

確かに私は冷え性なので、血液の循環はあまり良くないかも。で、体温ってどうやったら上がるの?

食事

食べ物の中には体を温める食べ物と冷やす食べ物があります。

免疫力を上げるには、積極的に体温を上げる食べ物を摂るようにします。

体温を上げる食べ物は、

  • 生姜
  • にんにく
  • 大根
  • 玉ねぎ
  • 長ネギ
  • サバ
  • アジ
  • いわし
  • エビ
  • カツオ
  • 鶏肉
  • 味噌
  • ごま油

こんな感じ。

普段の食事でも、比較的簡単に摂れるものを挙げてみました。

私は卵とごま油はよく使ってるんだけどなぁ。

そして体温を下げる食べ物は、極力控えるようにします。

体温を下げる食べ物は、

  • そば
  • バナナ
  • カニ
  • こんにゃく
  • 豆腐
  • トマト
  • レタス
  • キャベツ
  • きゅうり

あぁ、サラダでトマト・レタス・キャベツ・きゅうりめっちゃ食べてるわー。これが原因で体を冷やしていたのか。

っていうか、体温を下げる食べ物全部好きな食べ物…

入浴

2つ目の体温を上げる方法は入浴。

シャワーで済ませるのではなく、夏でも湯船に浸かるようにします。私は年中お風呂に浸かるので、この点はクリア!

ぬるめのお湯に、20分~30分程度浸かるのがベストです。

あぁ…私のぼせるから10分もお湯に浸かってない…(全然意味なし)

お風呂に長く浸かれる方法を探します!

運動

体温を上げる3つ目の方法は運動。やっぱり継続的に運動することは大事です。

ジョギングなんかいいかもですね。ストレス解消にもなるし。

でもあまりはりきりすぎると、私のようにひざを痛めて歩けなくなるので注意が必要です。

今は週に4、5回ヨガに通っています。

腸内環境を整えることも大事!

免疫細胞の多くは腸内にいるのだとか!

なので、腸内環境を整えることが、免疫力をアップさせるのに大事になってくるのです。

では、どのように腸内環境を整えるのでしょうか?

発酵食品を食べる

ヨーグルトやチーズ、味噌などを積極的に食べるように心がけます。

ヨーグルトやチーズには「乳酸菌」、味噌には「麹菌」 がいるので、これらを摂ることで腸内細菌を増やすことができます。

腸内細菌は免疫細胞を鍛える役割をするため、腸内細菌を増やすことで免疫力がアップするのだそうです。

食品添加物を避ける

食品添加物は腸内細菌を減らすといわれています。そのため、食品添加物はなるべく摂らないようにします。

食品添加物に含まれる保存料は、細菌の増殖を妨げます。

保存料が使われているのはハム・ソーセージ等の加工食品、コンビニ弁当や菓子パン、調理パンなどです。

私、めっちゃ食べてました…

まとめ

できものができやすい原因は、免疫力の低さが原因だということが分かりました。

ストレスが溜まっているときや風邪をひいたときは免疫力が下がると言いますが、年中できものが出来ている私は年中免疫力が低いのでしょうか…ちょっとヤバいですね。

もともとの体質的なものもあるのかもしれませんが、免疫力は普段の生活環境の見直しで誰でも高めることができるのです!

免疫力を高めて目指せ! できものができにくい体!!