世の中の気になるコト

自転車の駐輪マナーが悪い人は他人の命を脅かしている

こんにちは、シズです。

私はスーパーに行くたびに自転車の駐輪マナーにうんざりします。

自分のことしか考えていない自転車の停め方をしている人がなんと多いことか。。。

いい加減気付いてほしいです。

あなたの自転車が他人の命を脅かしているということに。

 

スポンサーリンク

入口の前や近くに自転車を停めるな

とりあえず自転車を入口付近に停める人、多いですよね。

まぁ、それが本人にとっては一番楽だからでしょうね。

そんなあなたは本当に自分のことしか考えてない自己中ですね。

入口付近に自転車停められたら邪魔なんですよ。

ひどい人の場合、入口のドアの前に被って自転車を停めている場合もあります。

世界はあなた中心に回っているわけではないんですよ。

自転車は駐輪場に停めてください。

 

あなたの駐輪マナーは他人の命を脅かしている

昔近所のスーパーで入口前に停めてあった自転車がものすごく邪魔だったから、その自転車を端に寄せてたんです。

そしたら通りかかった一人のおばさんが私に声を掛けてきました。

「私、目が悪いからこういうとこに自転車が置いてあると本当に怖いのよね。この前なんか自転車につまづいて転んじゃってねぇ…本当に迷惑ですよね、こういう自転車。」

恥ずかしながら私はこのとき初めて気が付きました。

邪魔な停め方をしている自転車は、障害者にとっては凶器になるのだということを。

それまでも駐輪マナーはある程度意識していましたが、これ以降はさらに気をつけるようになりました。

健常者にとっては単なる邪魔な自転車も、障害者にとっては大変危険な障害物となるのです。

世の中には目の不自由な方だけでなく、足の不自由な方、お腹の大きな妊婦さん、足腰が弱ったお年寄りの方がたくさんいます。

もしあなたが邪魔になるようなところに自転車を置けば、それにつまづいて誰かが大ケガをするかもしれません。

転んだときの打ちどころが悪かったら、命を失ってしまう可能性だってあるのです。

あなたの自転車は他人の命を脅かしていませんか?

 

他の人もやっているは通用しない

私は日本人のこんないいわけが大嫌いです。

「他の人もやってるじゃないか」

他の人もやってることは自分もやっていいことにどうしてなるんだ?

そんないいわけ、めちゃくちゃみっともないぞ。

日本人のダメなとこ。それは、

一人がやり出したら他の人もどんどんやり始めるというとこ

ゴミ箱じゃないところに誰かがゴミを捨てれば、途端にそこはゴミでいっぱいになる。

駐輪場じゃないところに自転車を停めれば、どんどん他の人もそこに自転車を停めていく。

他の人もやってるから自分もやっていいは通用しないんだよ。

やっていいことと悪いことぐらい、自分の頭でちゃんと考えて行動しようよ。

 

邪魔な自転車を見ると蹴り飛ばしたくなる

私がいつも行く近所のスーパーは、駐輪場の奥のスペースがいつも空いています。

みんなめんどくさがって奥には停めないんですよ。

最初にめんどくさがって駐輪場の入口に誰かが自転車を停める。

そしたらまた次に来ためんどくさがりな人がその横に自転車を停める。

結果的に駐輪場の入口を自転車が完全にふさいでしまっているんです。

そうなったらもう、誰も空いている奥のスペースには自転車を停めないですよね?

だって、奥に入れないんですもん。

そして入口に溢れた自転車が今度はスーパーの入口の方まで来て、非常識な人は入口の前にドカンって自転車を置いていく。

そんな邪魔な自転車を見ると、いつも蹴り飛ばしたくなります。

 

あなたが他人に迷惑をかけたことは、いつかあなたにも必ず回ってくる

私は因果応報を信じています。

因果応報とは、悪いことをすれば悪いことが、良いことをすれば良いことがあなたにも同じように起こるということです。

駐輪マナーの悪い人は他人に迷惑をかけているので、その報いは必ず訪れますよ。

最近ツイてないとか、運が悪いっていう人、日頃の行いを見直した方がいいんじゃないですか?

それってあなたが過去にやった行いに対しての報いかもしれませんよ。

とりあえず今から自分の駐輪マナーを見直してみませんか?