本のレビュー

「バナナを逆からむいてみたら」を読むと、よく眠れます

こんにちは、シズです。

最近寝る前に読書をするのが日課となっています。

そして「バナナを逆からむいてみたら」という本を読むと、めっちゃよく眠れます。

 

スポンサーリンク

なぜこの本を読むとよく眠れるのか?

この本は、睡眠へ誘導するような内容は一切書いていません。

著者は外国の方で、仏教のお坊さんです。

内容としては、

「物事を今までとは逆の方向から見てみて、幸せに生きましょう」

みたいな感じ。

それではなぜこの本を読むとよく眠れるのでしょうか?

それは多分、この本に書かれている内容が、私にはイマイチしっくりこないのが原因かと思われます。

面白そうって思ったんですけどねー。

読み進めるたびに、

「う~ん。。。」

って感じになっちゃうんですよねー。

で、読んでると必ず眠くなる。

 

ここがしっくりこない①嫌な記憶は削除しましょう

頭の中のアルバムにイヤな記憶がたくさんある人は、今すぐ、いい思い出と取りかえよう。

これ、この本の一番最初に出てくる言葉です。

内容としては、

「実際のアルバムやスマホには楽しい思い出の写真しか入ってないよね?」

「それと同じように頭の中もイヤな記憶は削除して楽しい思い出ばっかりにしましょう。」

こんな感じです。

いやー、それができたら苦労しないよね。

そりゃ削除したいよ、イヤな記憶。

でもスマホみたいに、タップ一つで削除なんてできないよね。

 

ここがしっくりこない②私たちの体にはひびが入っている

茶碗は壊れものだから、大切に扱う必要があります。

これがプラスチックだったら落としても壊れないから大切に扱う必要はなくなる。

私たちの体にもひびが入っている(=いつか死が訪れる)

だから今を大切に生きましょう!

 

う~ん。。。

なんか違う気がする。

プラスチックでもお気に入りだったら大切にするし、百均で買った茶碗だったら落としてもまた買えばいいかーってなる。

だから茶碗と人の人生を同じ土俵に持ってくるのは、無理があると思う。

 

しっくりこない③好きじゃない人と仲良くする方法

毎日姑にいじめられている嫁は、ある日観音様の夢を観ます。

慈悲の心に溢れる観音様の顔を見ると、観音様ではなく姑の顔でした。

その日から嫁は姑のことを、観音様の化身と思うようになりました。

いや、私ならそう思えない。

私は好きじゃない人と仲良くなろうとは、まず思わない。

姑とか縁故関係ならある程度はしょうがないけども。

 

しっくりこない④いつも助けてくれる人が困ってたら助けてあげよう

ネズミとニワトリとブタとウシがいました。

そしてネズミはみんなのスパイ役でした。

人間がフライドチキンが食べたいと言ったらニワトリを、ブタのソーセージが食べたいと言ったらブタを、ローストビーフが食べたいと言ったら牛を助けるように動物みんなに伝えました。

ある日人間がネズミ捕りを買ってきたのを見て、ネズミは他の動物に相談します。

他の動物はみな、自分には関係ないと言いました。

その結果、動物たちは自分も人間に殺されることになってしまいました。

 

こんなストーリーが書かれています。

そして最後に、仲間が助けを求めて来たら自分自身のことだと思いましょうね、って書いてあるのです。

私はまず、ネズミに言いたい。

友達はちゃんと選ぼう?

 

しっくりこない⑤言うこと聞かない子供にはその彼女を利用する

毎日大学も行かずに、夜な夜な彼女と遊び呆けている息子に悩ます父親。

ある日父親は彼女と夜遊びから帰宅した息子の彼女に、こんなことを話します。

「二人がもし結婚するのだとしたら、このまま夜遊びを続けるあなたの夫は、大学を卒業できずに就職も失敗する可能性があるよ。」

この日以降、息子は早く帰宅するようになり、彼女は彼に勉強をするように仕向けるようになりました。

 

賢い彼女なら最初からそうしてるし、夜な夜な遊び呆けてる息子の彼女は所詮、息子と同レベルだから親が言ったところで変わらないと思う。

 

私ってもしかしてひねくれてる!?

こんな風にツッコミを入れながら読み進めてしまった私、もしかしてめっちゃひねくれてる!?

清い心の人が読めば、ストンと心に落ちてくる内容なのかもしれません。

もちろん、共感できる部分だってたくさんありましたよ。

でも読み始めるとすぐに眠くなるから、読むのに意外と時間がかかってしまいました。

 

一番面白かったのはタイトル

最後まで読んでみて、私が一番面白かったのはタイトルの部分でした。

バナナって普通、頭の方からむきますよね?

でもサルってお尻の方からむくんですって!

こんな風に。

こっちの方が簡単に皮をむけるそうです。

今度試してみよう。

 

「バナナを逆からむいてみたら」を買うと、幸せになるライセンスがもらえます。

本の一番後ろのページについています。

これさえ読めば、誰でも幸せになれるようです。

こんな本も読んでいます。