フリーランス

フリーランスになって良かったなと思えることは、毎日一生懸命生きられること

こんにちは!シズです。

最近はフリーランスを目指す人が増えてきましたが、多くの人は「会社に縛られない」「時間や場所に縛られずに働ける」という部分に魅力を感じているのではないかなって思います。

私もフリーランスを目指そうと思ったきっかけは

「時間や場所に縛られずに働きたい」
「通勤したくない」
「会社という組織に属したくない」

ってことが大きかったです。

でも最近思うんですよね。

フリーランスのデメリットこそがフリーランスになるメリットじゃないのかな?なんて。

スポンサーリンク

フリーランスはぶっちゃけしんどい

私はフリーランスとして好きなことを仕事にしています。

でもね、ぶっちゃけしんどい。

それこそ高いスキルがあって経験もあって貯金もいっぱいあるなら精神的負担も少ないけど、私のようなたいしてスキルの高くない人間が勢いでフリーランスになっちゃったら絶対どこかで壁にぶつかります。

仕事を受けてもものすごく時間がかかってしまったり、

スキル以上の仕事を受けて精神すり減らしながら必死で作業したり、

全然仕事がない月があったり。

私は過剰なストレスを感じると下腹部が痛くなるんだけど、会社を辞めてフリーランスになったときは1ヶ月くらいずーっと下腹部痛を感じてたんですよ。

あれだけ嫌だった会社員を辞めたのに、会社員の頃よりもストレスレベルは大きくなってたんです。

フリーランスはしんどい。だからこそ楽しい

フリーランスは収入が安定しないし、いつ収入がなくなるかもわからない。基本的に休みなんてないし。

だから毎日必死で生きていかなきゃいけないわけで。

でもこの「毎日必死に生きる」っていうことこそ、フリーランスの醍醐味なんじゃないかなって私は思うんです。

私がフリーランスになって良かったなって思えることは自由に働けることではなくて、毎日試行錯誤のくり返しで壁にぶつかりながらも人生を一生懸命考えて生きていけるところ。

会社員を続けていたら毎月安定した給料が入るけど、毎日ルーティンのような生活になって自分の人生について毎日考えながら生きることってなかったと思うんですよね。

少なくとも私はフリーランスになるまでそこまで人生について深く考えたことはありませんでした。

フリーランスのデメリットはメリットでもある

よく言われているフリーランスのデメリットとして、

  • 収入が不安定
  • 決まった休みがない
  • 全て自己責任
  • 福利厚生がない
  • 孤独

これらのことがありますが、こういうデメリットがあるからこそ自分で自分の人生をどうにでも操縦できるわけで。

仕事してる時間って人生でも多くの時間を占めてるのに、その時間が自分の思い通りに生きれないって私は嫌だなーって思っちゃいます。

私は今までたくさん転職をしてきたから分かるのですが、「考えない」ってやっぱり楽なんですよ。

昔からフリーランスになりたいって思ってたけど私がならなかったのは、会社にいる方が簡単で楽だったから。収入のことや確定申告のこと、仕事をどうやって取るのかということを考える必要がないから。

でもフリーランスになってしんどい思いをしたり壁にぶつかったりして分かったんですよね。

考えない人生は確かに楽だけどつまらないなーって。

考える人生ってしんどいしめんどくさいけど、しんどい思いをすればするほど「私、めっちゃ一生懸命生きてるなー」って実感できて、しんどいのになんか充実感がすごいんですよ。

だから私がフリーランスを目指す人に言いたいのは、フリーランスはぶっちゃけしんどいけどしんどいからこそ楽しいし人生について考える機会も増えるからぜひ挑戦してほしい。

人生って「しんどい!もう無理!」って心が折れたときこそチャンスかなって思っていて、ここで諦めずに踏ん張ったら一気に道が拓けるんじゃないかーって私は思っています。