コラム

ブログネタがない!そんなときに役立つネタの見つけ方【超具体的に解説】

こんにちは!シズです。

最近、こんな質問をよく頂きます。

「ブログってどうやったら続けられるんですか?」
「ブログにどんなことを書けばいいのか分かりません…」

ブログでの収益化が注目されるようになり、いろんな人がブログを開設するようになりましたが、いざブログを始めてみると「書くことがない…」ってなる人は結構多いみたいですね。

そこで今回は、私流のブログネタの見つけ方を超具体的に解説しようと思います。

多分、ブログが書けない人って「ちゃんとした記事を書かなきゃ!」みたいな人が多いんじゃないかなって思います。

でも最初から完璧を目指すと絶対しんどくなるので、もっと気楽に考えたらいいんですよ。

私なんかしょーもない記事を量産しまくりましたからね(笑)

スポンサーリンク

ブログネタの見つけ方①自分がググったことを記事にする

ブログを書いてる人って、普段から何かを調べるときにググる人も多いと思うんですね。そしてそのググったことこそ格好のブログネタになります。

例えば、私は「キュキュット」という食器用洗剤を使っているのですが、これがしょっちゅう詰まって困ってたので解決法をググったんです。

で、解決法が分かったのでこれをブログネタにしたわけですが、私と同じように困っている人が他にもたくさんいたようで、予想外に読まれる記事になりました。

記事を読んで頂けると分かると思いますが、記事のクオリティはそこまで高くありません。それでもニッチなキーワードで検索上位を取っているため、一定数のPV数は稼いでくれています。

ブログネタの見つけ方②自分に起こった出来事を記事にする

ブログで収益化を狙うなら日記記事は書くべきではないと言われていますが、ブログネタがないなら日記記事でも書いたらいいんじゃないかなって私は思います。

例えば私は、オートロックから閉め出しをくらったときにこの出来事をそのまま記事にしました。

別にSEOも何も気にせず書いたのですが、たまたま「オートロック 閉め出し」っていうキーワードで検索上位が取れたので、ちょこちょこ読まれています。

恐らくこのワードで検索をする人は対処法を知りたいのだとは思いますが、対処法ではなくただの体験談を書いている私の記事がなぜか検索上位を取れました。

このように日記記事がたまたま検索上位を取れた場合は、記事をリライトして「オートロックに閉め出されたときの対処法」を書けば、ただの日記記事もお役立ち記事になります。

ブログネタの見つけ方③観たドラマや映画の感想を記事にする

ドラマや映画・アニメが好きな人は、自分が観た作品の感想を記事にするという方法もあります。これは難易度が低いのでブログ初心者さんにはおすすめの方法。

私も一時期、海外ドラマやアニメの感想を記事ネタにしていたのですが、検索上位を取れると結構PV数は稼げます。

お宝キーワードが眠っていたりもするので、HuluとかNetflixなどの動画サービスをよく利用している人にはおすすめのブログネタですよ。

私はブログを開設して数ヶ月目にブログネタが尽きてしまったので、ひたすらアニメの感想を記事にしていました(笑)

そして美味しんぼ4話の感想記事がよく読まれています(笑)

ブログネタの見つけ方④自分が苦労して解決したことを記事にする

自分が苦労したことって他の人も苦労することが予想されるので、苦労して解決できたことがあればその過程を記事にするとすごく読まれるお役立ち記事になります。

私は国際結婚をしたときに配偶者ビザの申請がめちゃくちゃ大変だったので、これをかなり詳細に記事にしました。

自分が申請するときに個人の体験談を見たかったのですが、検索してもなかなか出てこなかったので「これを記事にしたらこれから申請をする人の役に立てるはず!」って思い記事にしました。

自分が調べても出てこない情報って自分が記事にすると絶対読まれますよ。

ブログネタの見つけ方⑤日常のふとした疑問を記事にする

普段生活していてふと疑問に思ったことって、自分以外の人も疑問に思ってる可能性が高いです。

なので、何か疑問に思ったことがあればこれが記事ネタになります。

例えば私は納豆をよく食べるので常に冷蔵庫にストックしているのですが、あまり賞味期限を確認せずに適当に食べていたら古い納豆がずっと残ったままになっちゃってて。

その納豆の賞味期限を見たら1ヶ月も過ぎてたんです…(恥ずかしい)

でも納豆って元々腐ってるし(腐ってるっていうか発酵ですが)、元々臭いし、賞味期限切れても大丈夫じゃないの?って思ったんですね。

気になったのでネット検索してみたら、「納豆は賞味期限が2ヶ月切れても大丈夫」って情報があったので、それなら思い切って食べてみようと思って。

で、どうせ食べるなら食べる過程もブログネタにしちゃえって思って記事にしました。

この記事もSEOは全く気にせず書いたのですが、「納豆 賞味期限 1ヶ月」というキーワードで検索上位を取り、安定的に読まれる記事となりました。

ブログネタの見つけ方番外編:好きな有名人への想いをひたすら綴る

たまには自分の好きな有名人への想いを記事にするというのもどうでしょう?

私は昔、米津玄師への想いをひたすら綴った記事を書いたのですが、これまた予想外に検索上位を取りました。

この記事、「米津玄師 好きすぎる」というキーワードで1位です(笑)

もちろん好きな有名人じゃなくても好きな商品とか作品とかでもいいのですが、有名なものであればそれを好きな人が検索する可能性があるので、意外と読まれる記事になるかもしれませんよ。

記事ネタを探すのではなく、どんなことでも記事ネタにする

記事ネタって探そうとするとなかなか見つからなかったりするので、探すのではなくどんなことでもとりあえず記事にしてみるのがいいと思います。

だって、書いてみないと読まれるか読まれないかって分からないですからね。

あと、記事を書くときは他の人が書いている書いていないは一切気にしないこと。

私が今書いているこの「ブログネタの見つけ方」だっていろんな人が書いてるし、はっきり言って「今さら」って感じはありますよ?

でも自分が書きたいなら別に書けばいいんですよ。他の人が書いてようが書いてなかろうが。

ブログネタが思い浮かばなかったりブログが続かないのって、心のどこかで「誰かの役に立つ記事を書かなくては」とか、「人に読まれる記事を書かなくては」っていう考えがあるから「ブログを書く」というハードルが上がってると思うんですね。

だからまずはそのハードルを下げて、何でもいいからとりあえず書いてみる

これが大事なんじゃないかなーって私は思います。