ブログ

【1時間4000字】ブログを爆速で書く方法は事前リサーチとテンプレ化

こんにちは。シズです。

最近、ブログを書く速度がめちゃくちゃ早くなりました。早いときだと1時間で4,000字くらい書きます。

ブログを書くスピードが上がった理由は、書く前の事前リサーチと記事執筆作業を完全に分けたからです。

そして記事の構成もテンプレ化して、毎回記事を書く流れを統一しました。

今までは書く前にちゃんと構成を考えずにいきなり書き出して書きながら考えたりしていましたが、これがどれだけ非効率なのかということがよく分かりました。

今回はブログを始めて約2年の私がようやく辿り着いた、記事を爆速で書く方法を詳しく紹介していきたいと思います。

少ない時間を有効に使ってブログを効率良く書きたいという人は、是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

ブログを爆速で書く方法①事前リサーチをしておく

事前リサーチをしっかりしておけば、書く内容を迷ったり記事を書いている途中に調べたりという無駄な時間を削減することができます。

キーワードはまとめて抽出する

事前にキーワードをまとめて抽出しておけば、ブログネタが無くて何を書いたらいいのか分からないなんてことにもならず、効率良く記事を更新し続けることが出来ます。

キーワードの抽出には、「関連キーワード取得ツール」を利用します。

例えば「海外旅行」について記事を書きたい場合は、「海外旅行」というワードを入力して「取得開始」をクリックします。

「全キーワードリスト」を全選択(Ctrl+A)してコピー(Ctrl+C)し、これをキーワードプランナーの「検索のボリュームと予測データを確認する」にペースト(Ctrl+V)して「開始する」をクリックします。

上部のタブから「過去の指標」を選択し、検索ボリューム数順に並び替えます。

検索ボリュームのある程度あるキーワードの中から自分が記事を書けそうなものをピックアップし、グーグルスプレッドシート等にまとめておきます。

このようにキーワードをまとめて抽出して管理しておけば、効率的で次に書く内容を迷ったりすることもありません。

キーワードで実際に検索して上位記事にどんなことが書かれているかチェック

書く記事のキーワードを選んだら、実際にGoogle検索して上位記事の内容をチェックします。

基本的に上位記事の内容は読者の求めている情報なので(必ずしもそうではないですが、少なからずGoogleはそう認識しているので)、上位5記事くらいをチェックしてその内容をメモしておきます。

最後にメモを見れば、「どのような情報を記事に入れる必要があるのか?」「足りてない情報は何か?」「プラスアルファで読者が欲しい情報は何か?」ということが分かるようになります。

記事に入れる内容を箇条書きにしてメモに書き出しておく

例えば「海外旅行 おすすめ クレジットカード」というキーワードで記事を書く場合、記事に入れたい内容をとりあえずメモに箇条書きで書き出していきます。

  • 海外旅行におすすめのクレジットカード一覧
  • 海外旅行に役立つカード付帯サービス
  • 海外でカードを使うときの注意点
  • クレジットカードのお得な申込み方法

こんな感じですかね。

ここまで出来れば、記事を書く前の事前リサーチは完了です。

ブログを爆速で書く方法②テンプレ化する

次は事前リサーチした内容をもとに、記事構成をテンプレに沿って考えていきます。

記事の構成はあらかじめテンプレ化しておく

私は記事構成をテンプレ化しています。

どのようにテンプレ化しているかというと、基本的に見出し2と3で記事を構成するようにしています。

この記事のテンプレはこちらです。

なぜ見出し2と3で構成しているのかというと、この構成が一番分かりやすいなと他の方の記事を読んでいて思ったからです。

事前リサーチで洗い出した内容を元に見出しを作成する

記事構成はテンプレ化しておけば、事前リサーチした後はその内容を元に見出しを作成していきます。

先ほどの「海外旅行 おすすめ クレジットカード」という記事であれば、事前に決めた書く内容は、

  • 海外旅行におすすめのクレジットカード一覧
  • 海外旅行に役立つカード付帯サービ
  • 海外でカードを使うときの注意
  • クレジットカードのお得な申込み方法

の4つでした。これを元に見出しを作成してみるとこんな感じになります。

※内容は適当に考えたものなので事実と異なるものもあります

見出しを先に決めれば書く内容は決まってくるのでので爆速で記事が書ける

見出しを作成してから記事を書き始めると、書いてる途中に内容が脱線したりブレることがないのでスラスラと爆速で記事を書くことが出来ます。

作成した見出しを見れば自分でも記事内容がパッと見て分かるので、情報が不足していたり最後のまとめがグダグダになることもありません。なので記事のクオリティも高くなります。

あと、当たり前のことですが、タイピングスピードが早ければ早いほど記事を書くのも早くなります。

ちなみに私のタイピングスピードですが、「e-typing」というサイトで腕試しチェックしたら「Thunder」という恐らく最上級のレベルでした。(※自慢です)

約47秒で263文字タイピングできるので、なかなか早いのではないかなと思います。

ブログを書くスピードを上げるためにタイピングスピードを上げるというのも、一つの方法だと思います。

短期間で集中して記事を書くコツ

私が普段取り入れている短期間で集中して記事を書くコツをいくつかご紹介します。

時間を測るのではなく書く時間を決める

時間を測って記事を書くという人もいるかもしれませんが、私はそれよりも「時間を決めて」記事を書くことをおすすめします。

例えば20時~22時の間で記事を書くという風に。

このように時間を決めておき、この時間は記事を書くこと以外は一切やらないようにします。

ただ時間を決めるといっても人間2時間も集中力は持たないので、合間合間に5分くらいの休憩を入れるのはOKです。

スマホは離れたとこに置いておくか通知を切る

記事を書いている途中にLINEが来たり何か通知が来ると、どうしてもそっちが気になって集中が切れてしまうので、スマホは手の届かないところに置いておくか、記事を書いている間は通知を切っておきます。

私は元々めんどくさりなので、スマホが手元になければわざわざ取りに行ってまでいじろうとは思いません。

恐らく、他の人も同じような人が多いのではないかと思います。

達成できたときのご褒美を用意しておく

記事を書く前に自分にご褒美を用意しておくと、ご褒美が早く欲しいから早く記事を書いてしまおう!という頑張れます。

私の場合、スイーツをご褒美にしたり今ハマってるアニメ「キングダム」をご褒美にしています。

記事を書き終わったらスイーツを食べながらキングダムが観れる!と思えば、めちゃくちゃ頑張れます(笑)

ということで、この記事も書き終わるので春ポテトを食べながらカフェオレ片手にキングダムを観ようと思います( ̄∀ ̄)