マレーシア観光情報

ボルネオ島でマングローブリバークルーズに参加するなら現地申込が格安でオススメ!

こんにちは、シズです。

ボルネオ島・コタキナバルで絶対参加したいツアーといえば、「マングローブリバークルーズ」。

テングザルや、見たこともないような数のホタルを見ることができます。

マングローブリバークルーズに参加するなら、現地申し込みが絶対オススメです!

 

スポンサーリンク

マングローブリバークルーズの料金比較

テングザルとホタルが見れるマングローブリバークルーズは、日本語ガイド付きまた英語ガイド付きがあります。

 

日本語ガイド付きのツアー

ボルネオ島のマングローブリバークルーズは、日本の旅行会社で事前に申し込むことが可能です。

ただこの場合、料金は割高となります。

料金相場はRM300(約7,650円)くらいで、一人参加となると、RM500(約12,750円)程になる場合もあります。

 

英語ガイド付きのツアー(WEB申込み)

英語ガイドとなると、日本語ガイドよりも料金は安くなります。

WEBで申し込む場合の値段相場は、RM200~250(約5,100円~6,400円)くらいです。

日本語のWEBサイトでの申し込みも可能なので、英語が苦手な方でも申し込み自体は難しくありません。

 

英語ガイド付きのツアー(現地申込み)

ボルネオ島のコタキナバルには、旅行会社のオフィスがたくさんあります。

英語で申し込みをする必要はありますが、英語ができない方でも申し込み自体はそこまで難しくありません。

私が利用した現地の旅行会社でのツアー料金は、RM165(約4,200円)でした。

日本語ガイドと比べると、半額くらいの料金となります。(一人参加の場合は1/3!!)

 

私が実際に利用した現地の旅行代理店

私は自分が泊まっていた宿の隣に旅行代理店があったので、そこを利用しました。

「Rustic Borneo Travel」 という旅行代理店です。

スタッフはとても親切で対応も丁寧だったので、すごくオススメです。

支払いはマレーシアリンギットの現金、もしくはクレジットカードが使えます。

ただクレジットカードの場合は、手数料がかかります。

申し込み完了後、メールで申し込み内容詳細を送ってくれます。

 

マングローブリバークルーズのツアー内容

ボルネオ島のリバークルーズツアーは、テングザルとホタルの観賞がセットとなっています。

私が参加したツアーには、アフタヌーンティと軽食・夕食もセットで付いていました。

これがアフターヌーンティーと軽食です。。。

見ての通り、クオリティは高くありません。葉っぱに包まれているのは、ちまきのような食べ物でした。

夕食も同じ場所でいただきました。

ビュッフェ形式になっているので、おかわりはできます。

私は食べませんでしたが、スイカ等のフルーツもありました。

リバークルーズは半日ツアーなので、どこのツアーに参加しても食事は付いてくると思います。

 

ツアーの所要時間と集合場所

マングローブリバークルーズは、半日ツアーとなります。

旅行代理店では午後1時半出発し、帰宅は午後9時と聞いていましたが、実際の帰宅時間は22時くらいになりました。

道路状況などによって、多少時間は前後するようです。

私の場合、泊まっているホテルのロビーが集合場所でした。

リバークルーズが行われる川までは車で向かいますが、車は他の観光客と乗合いになります。

行きも帰りもそれぞれの宿泊先への送迎が行われていたので、集合場所はおそらく自分が泊まっているホテルのロビーとなるかと思います。

現地のガイドさんが迎えに来てくれるのですが、集合時間きっちりに迎えに来てくれました。

 

リバークルーズ参加時のおすすめの服装

私は普通に半袖・短パン・サンダルで参加しましたが、薄手の長袖パーカーは役に立ちました。

ホテル鑑賞時は夜の時間帯なので、半袖だと少し肌寒くなります。

私は一切虫除け対策等はしていなかったのですが、虫刺されはほとんど気になりませんでした。

ただ気になる方は、長袖・長ズボン・スニーカー等が無難だと思います。

川はこんな感じなので、思いっきり虫に刺されそうな雰囲気ですが。

ただツアーに参加していた他の観光客の人も、サンダルを履いている人が多かったです。

あと、雨が降ってくることもあるのでレインコートがあると便利だと思います。

船には屋根が付いているので、雨が降ってきてもびしょ濡れになることはありませんが。

▼こんな感じの船です

 

テングザルとホタルは確実に見られます

せっかくツアーに参加したのに、テングザルが見られなかったとなると残念ですよね。

見られないことってあるのかなと思いガイドさんに聞いてみたのですが、見れないことはないと言っていました。

私が参加したときは雨が結構降っていたのですが、それでもちゃんと見ることができました。

ボルネオ島のコタキナバルはシーズンがなく、年中気温が同じなのでいつ行っても見られるそうです。

双眼鏡はガイドさんが用意してくれているので、自分で用意する必要はありません。

双眼鏡を使ってスマホで写真を取る方法も教えてくれました。

このテングザルの写真も、双眼鏡を使って撮影したものです。

ホタルも今まで見たことが無いようなすごい数のホタルが見れます。

ホタルは船の中にも飛んでくるので、実際触ることもできますよ。

私は大きなホタルを想像していたのすが、とっても小さいホタルだったので、虫が苦手な人でも大丈夫だと思います。

(私も虫嫌いなので最初はちょっとビビっていましたが、全然平気でした。)

 

とっても綺麗な夕日も観れます

ツアーで見れるのは、テングザルとホタルだけではありません。

とっても綺麗な夕日も観れるんです!!

お猿さんを見るのに必死になって気付いてない人もいましたので、是非綺麗な夕日も観てみてください!

 

リバークルーズ参加中のトイレについて

半日ツアーとなると、やっぱりトイレのことは気になりますよね。

トイレはまず、川へ向かう途中に一度トイレ休憩があります。

お土産屋さんに寄ってくれるので、ここでトイレに行くことができます。

お土産屋さんではウェルカムドリンクももらいました。

そしてアフタヌーンティと夕食時もトイレに行くことができます。

食事をする施設にトイレが設置されてあるので、食事の前後どちらかにはトイレに行っておくことをおすすめします。

船に乗ってしまうとトイレに行くことはできません。

 

コタキナバルシティー内の旅行代理店

今回は私が利用した旅行代理店について紹介しましたが、コタキナバルのシティー内には他にも旅行代理店がいくつかあります。

▼Borneo Ultimate Sports Adventure Tours

ここはWisma Sabahというショッピングモールの1階にある旅行代理店です。

▼Cometra Travel Services

ここは「I ♡ KK」のモニュメントがある近くの旅行代理店です。

▼ここからすぐ近く

私が紹介した旅行代理店は場所がちょっと分かりにくいかもしれないですが、この2つの旅行代理店なら分かりやすい場所にあるのですぐに見つけられると思います。

現地の旅行代理店なら、ツアー料金をディスカウントしてくれる可能性もあります。

私の場合も、RM200のところをRM165にディスカウントしてくれました。

(私からお願いしたわけではないのですが、ディスカウントしてくれました。)

ダメもとで交渉してみるのもいいかもしれません。

 

旅行代理店での申し込み時に使える便利な英語表現

「英語は苦手だけど、現地申込みがしたい」

そんな人のために、旅行代理店で使える便利な英語表現を少し紹介しておきます。

 

I’m looking for a river cruise tour.
(リバークルーズツアーを探しています。)

How much does it cost?
(料金はいくらですか?)

What time is pickup time?
(集合時間は何時ですか?)

Could you discount it?
(ディスカウントしてもらえませんか?)

Can I use credit card?
(クレジットカードは使えますか?)

Can I have a receipt?
(領収書をもらえますか?)

 

現地申込みは決して難しくありませんので、是非挑戦してみてください!