世の中の気になるコト

いじめられる側にも問題があるっていうけど、そもそもいじめる行為自体が問題じゃないの?

こんにちは、シズです。

私はいじめに大反対です。

自分がいじめられた経験があるからです。

でも世間ではよく、いじめられる側にも問題があるとかって言いますよね?

私はこれを聞くといつも思うんです。

そもそもいじめる行為自体が問題なんじゃないの?

 

スポンサーリンク

問題があればいじめていい理由になるの?

例えばお風呂にあまり入らない不潔な子がいるとします。

不潔ということは臭いを発している可能性もあり、他人に害が及ぶ可能性は十分あります。

じゃあ、不潔な子はいじめても別に問題ないのでしょうか?

私はそうは思いません。他に解決策があるはずです。

 

まず一つ目として、距離を置く

言い方を変えれば「無視」という名のいじめにはなるかもしれませんが、さすがにみんなから距離を置かれたら当の本人も問題点に気付くはずです。

それでもお風呂に入ろうとせずに誰も話してくれないというのであれば、それは当人が悪いのでしょうがないです。

 

二つ目の解決方法としては、先生や上司に相談するか直接本人に伝える。

他人に害が及んでいる以上、解決は必要ですよね。

解決するとなるともう、直接本人に言うか、言いにくいのであれば先生や上司に相談してなんとかしてもらうしかありません。

 

いじめる理由の多くはしょうもないこと

私の経験上、いじめる理由ってしょうもないことがほとんどです。

いじめの行為自体を楽しんでいるということも多いのではないでしょうか。

 

私のいじめられ経験①中学生のとき部員全員から無視された

私は中学生のときに仲のいいMちゃんという子がいました。

私とその子は同じ体操部でした。

ある日、私が他の子と仲良くしていることに機嫌を損ねたMちゃんが、部員の中でも女王様タイプのKちゃんに私の悪口を言いました。

この日からMちゃんとKちゃんは急激に仲良くなります。

そして女王様タイプのKちゃんは、他の子に私を無視するように指示しました。

 

その日から私は部員の誰からも口を聞いてもらえなくなりました。

昨日まで普通に話してくれていた子が、突然私を無視するようになったのです。

私は部活が大好きで放課後をいつも楽しみにしていました。

でもいじめが始まり、部活は私にとって苦痛でしかないものとなりました。

 

そしていじめは数ヶ月続きました。

自分は何も悪いことをしていないのに、なぜこんな仕打ちを受けないといけないのか?

悔しく悔しくてたまりませんでした。

何が悲しいって、いじめの発端が自分が一番仲良かった友達であるということです。

 

誰からも口を聞いてもらえなくなった私はある日、「一人」ということを受け入れることにしました。

別に一人でもいい。

しょうもない理由でいじめる人たちなんかとはむしろ話したくない。

その日から私は進んで一人になるように行動し、無視されているという状況を無視することにしました

 

「一人でも別に平気」

そんな風になった私を見て、いじめがいがなくなったのでしょうか。

仲良かったMちゃんが突然何もなかったように話しかけてきました。

それから他の部員の子も私を無視する行為を止めました。

 

私のいじめられ経験②バイト先の女子全員から無視された

女子のいじめと言えば「無視」。

社会人になってからも私はいじめられることになりました。

 

このとき私がいじめ行為を受ける原因となったのは、

いじめのターゲットに選ばれた

それだけです。

 

学校やバイト先や会社など、どこにも女王様タイプの女子って必ず存在します。

女王様が存在するということは、しもべタイプの女子もいます。

そして私のバイト先にもRちゃんという女王様タイプの女の子がいました。

 

Rちゃんのターゲットにされた私は、これまたある日突然無視されるようになりました。

誰からも口を聞いてもらえないことに加え、この時はその他嫌がらせも受けました。

着替えをしているロッカールームの扉を激しくどんどん叩かれたり、仕事で必要な引き継ぎをしてもらえなかったり…

 

学生の頃とは違い、嫌がらせは業務に支障が出るほどで精神的苦痛も大きかったので、私はバイトを辞めることにしました。

普通だと辞めた時点で終わりかと思いますが、なんとこのRちゃん、しもべを引き連れて私の家にやってきました。

そしてこんなことを言い出しました。

「シズちゃんが突然辞めたから何か私たちが悪いことしたみたいやん! 」

(いや、悪いことしてたやん。。。)

 

もう、絶句ですよね。コイツ何を言ってるんだと思いましたよ。

私は彼女に聞きました。自分が嫌がらせを受ける原因が全く分からないと。

そしたらRちゃんがこう言いました。

「私がおはようって言ったとき、シズちゃん無視した。」

は? 何ソレ??

とってつけたような、それでいて小学生みたいな理由に思わず心の中で失笑しちゃいました。

そんなん聞こえなかっただけかもしれないし、気に障ったのならその時言えばいいやん!

 

もうそれ以上話す気もなくなり、無言になった私にRちゃんはさらに言いました。

「シズちゃんは私たちと仲良くなりたいって思わなかったん?」

私は一言返事を返しました。

うん。

それを聞いたRちゃん軍団はあきらめて帰って行きました。

 

いじめを正当化するな!

私が上で話した二度のいじめについて、当人の私は全く自分が悪いことをしたとは思っていません。

そしてどちらのときも私が感じたことは、

いじめている当事者にも罪悪感がある

ということです。

 

いじめている側は分かってたんですよ、自分が悪いことをしているということが

でもそれをちょっと軽い気持ちでゲーム感覚でやっていたんです。

だから私が自分がいじめられる原因を聞いたとき、しょうもない理由を言ってきたんです。

そして自分がいじめていることには理由があって、いじめている私じゃなくていじめられているあなたが悪いんだといじめを正当化しようとしたのです。

 

いじめても承認欲求は満たされないよ?

いじめる人間っていじめることで自分を優位に立たせ、承認欲求を満たしている気がします。

でもそんなことやっててもいつまでも承認欲求は満たされないよ?

承認欲求を満たしたいなら一人で何かをやってそれで成果を出すしかない。

誰かを陥れて一時的に得た承認欲求なんてすぐに消える。

 

いじめのターゲットを次々と変えていじめを続けている人は、承認欲求がいつまでも満たされないから続けちゃうんでしょうね。

早くそれに気付いたらいいのに。

そんなことしてても残るのは「罪悪感」と「満たされない承認欲求」と「虚しさ」だけだよ。

 

だから私はいじめません

いじめられた経験のある私だっていじめ側に加担したことはもちろんあります。

でも残るのは本当に嫌な気持ちだけですね。

いじめることで誰も得なんてしないし、いい気持ちもしないし、いいことなんて一つもありません。

 

私だって嫌いな人はたくさんいます。

でもだからと言って、その人たちに何かやってやりたいという気持ちは全くありません。

嫌いなことの人考えてる時間があるなら、好きなこと考えた方が絶対幸せ。

みんなもっと自分の幸せのことを考えたらいいのに。