ブログ論

ブログが書けなくなったあなたへ

こんにちは、シズです。

ブログをやっている人の中には、ブログだけで生活していきたいという人もいっぱいいると思います。

私もそのうちの一人です。

でも気分やコンディションによっては、ブログが書けなくなるときもありますよね。

 

スポンサーリンク

ブログを続けるために一番大事なこと

ブログを続けるために一番大事なことは、

ブログを楽しいと思うこと

読みやすいように書き方を考えたり、

役に立つ情報を書いたり、

検索されやすいキーワードを狙ったり…

そんなことは二の次でもいい。

ブログを書いてる人が楽しいと思いながら書いた記事は、読んでいる人も楽しくなる。

書き手の気持ちは、読み手にも絶対伝わるから。

 

ブログが書けなくなったら一番にやること

ブログが書けなくなったら、まず一番に「自分の好きなこと」をやってほしい。

それはブログと全く関係なくてもいい。

ゲームが好きならゲームをやる。

アニメが好きならアニメを見る。

スイーツが好きなら思いっきりスイーツを食べる。

そしてやったことを、そのままブログに書けばいい。

何も考えずに、好きなことをただ書けばそれでいい。

 

好きなものにはヒントがいっぱいある

自分の好きなものをやっていると、ブログを書くためのヒントがいっぱいあることに気付く。

ブログを書くためのヒントは、プロブロガーのブログではなく、ブログに関する書籍でもなく、自分の好きなものにある。

人は自分の好きなものからは、たくさんのことを吸収する。

それが例えブログとは全く関係ないものであったとしても、ブログを書くヒントはそこにある。

 

アニメ好きの私がアニメから学んだブログのこと

私は今、アニメが大好きです。

特に「弱虫ペダル」が大好です。

ブログを書く気がしないときは、とりあえず弱虫ペダルを観ます。

 

楽しいと思う気持ちは何よりも勝る

弱虫ペダルの主人公は運動神経がゼロなのに、自転車においてだけはものすごい力を発揮します。

それは主人公の「自転車で走るのが楽しい」という気持ちが誰よりも強いから。

楽しい

この気持ちだけで人はものすごい力を発揮する。

だからブログを自分の好きなものでいっぱいにして、自分が楽しいと思えるようになれば、そのブログは絶対面白いブログになる。

 

正しいフォームではなく、自分流を貫きとおす

弱虫ペダルに出てくる高校3年生の巻島先輩は、手足が長いから自転車をこぐフォームが人とはちょっと違います。

入部したての1年生の頃は、正しいフォームにと先輩に何度も直されましたが、それでも陰で自己流フォームで練習を重ねます。

その結果、走り方こそ人から気持ち悪いと言われるものの、めちゃくちゃ早く走れるようになりました。

そしてその走り方をかっこいいからと真似しようとした主人公に、自分のやり方は真似するな、自己流でやれと言います。

ブログで稼いでいる人の真似をしたり、PV数を上げるためにはこれをこうするべきという方法は、決して間違いではないと思う。

でも自己流を貫き通したブログは、他の人とは全く違う、自分だけのオリジナルのブログになるのです。

 

他人のためのブログになんてならなくていい

誰かの役に立つように、誰かを楽しませるように…

ブログを他人に読んでもらうためには、もちろんそのようなことも考えないといけないのかもしれません。

でもブログは他人のためにあるものではなくて、あなたのためにあるもの。

だから他人のためのブログではなくて、自分が楽しいブログにすればいい。

自分が楽しいって思うことは、他の人にとって楽しいと思うことでもある。

誰にでも楽しいことは一つだけじゃなく、たくさんあるもの。

自分が楽しいと思って書いたブログは、結果的にたくさんの人が楽しいと思うブログになる。

 

とりあえず弱虫ペダルは観る価値あり!!

ブログをやってるけど上手くいかない人、

自分に自信がなくなってきた人、

モチベーションを上げたい人、

そんなに人には騙されたと思って一度、弱虫ペダルを観てほしい。

自転車とブログ、全く別物のように思えるけど、

  • 自転車=運動神経が悪くても早くなれる
  • ブログ=文章力なくても人気になれる

なんだかどこか、ブログに通じるものがあるんですよ。

別にブログどうこうでなくてもめちゃくちゃ面白いので、興味があれば是非観てみてください。

Hulu2週間の無料トライアルで弱虫ペダルを観る