金融・保険関係

自動車保険の契約時に事故歴を隠して新規契約をしても絶対にバレてしまうワケ

こんにちは、シズです。

自動車事故を起こしてしまうと、保険料ってすごく高くなりますよね?

私は昔、自動車保険会社で等級調査をする部門で働いていたのですが、事故歴を隠そうとする人はよくいました。

自動車保険のプロから言わせてもらうと、そんなことをしても絶対にバレます。

 

スポンサーリンク

契約者を別の人に変えても全く意味がない

自動車保険の料金は等級によって変わります。

新規契約時は6等級からスタートし、事故があると最大3等級下がってしまいます。

事故歴を隠そうと、契約者を別の人に変えて自動車保険を新規契約する人はよくいました。

でもこれ、全く意味がありません。

なぜなら等級を引き継ぐのは契約者ではなく、記名被保険者(主な運転者)だからです。

契約者を別の人に変更したとしても、主な運転者が本人もしくは同居の家族の場合、前年の等級は引き継がれるので新規契約はできません。

 

なぜ保険会社を変えて新規契約してもバレるのか

自動車保険は満期日をもって、各保険会社間でデータ交換が行われます。

新規契約で新しい保険会社に加入したとしても、前年の事故歴などは前保険会社から情報が上がってきます。

前年の情報と今回の契約で相違があった顧客には、書面や電話で保険会社から連絡が入ります。

前年の契約内容で不明点などがあった場合、その保険会社に電話して直接確認を取ったりもします。

契約時に申告した内容は徹底的に保険会社が調査するので、隠そうとしても絶対にバレます。

 

等級が引き継がれない場合

ではどういった場合に等級は引き継がなくてもいいのでしょうか?

それは、記名被保険者が他人や別居の家族に変更された場合です。

等級を引き継げるのは本人か同居の家族のみです。

ちょっと不思議に思われるかもしれませんが、別居の家族は他人と同じ扱いになるのです。

 

事故の種類によって保険を使用するかどうか判断する

自動車保険を使用するような事故があった場合でも、保険を使用しない方が結果的に負担が少なくなる場合もあります。

保険でカバーされる金額と、等級が下がった後の次年度の保険料を比べてみて判断するのがいいと思います。

事故の内容によって、

  • 3等級ダウン事故
  • 1等級ダウン事故
  • 据え置き事故

と3種類に振り分けられます。

通常無事故で保険の満期を迎えた場合、次年度は1等級上がります。

据え置き事故の場合、等級は下がりませんが、次年度も等級は上がらず据え置きとなります。

 

保険のプロでも事故歴をすり抜けるのは困難

3等級ダウン事故を起こしたにも関わらず、次年度の自動車保険を新規契約することは実は不可能ではありません。

ただ、これをするには相当な保険の知識が必要です。

当時、保険の上級資格を保有していた私の上司でも、

「できなくはないけど、かなり難しい。」

と言っていました。

保険のプロでも難しいので、素人がすり抜けることはほぼ不可能なのです。