フィリピン留学

【フィリピン留学・持ち物編】クレジットカードよりもキャッシュパスポートがオススメ!! 審査なしでスピード発行

こんにちは、元留学カウンセラーのシズです。

フィリピン留学で絶対に持っていきたい持ち物の一つが、現地で使用できるカード。

クレジットカードはもちろん便利ですが、学生の場合は利用枠が少なかったり、そもそもカード自体を持っていない人もいますよね。

フィリピン留学には、「キャッシュパスポート」がすぐに作れて非常に便利です!!

 

スポンサーリンク

キャッシュパスポートとは?


キャッシュパスポートは、事前に入金しておくことで、その範囲内で使用できるプリペイドタイプのカードです。

マスターカードが使用できる店舗では、クレジットカードのように支払いができ、ATMで現地通貨を引き出すことも可能です。

世界中のあらゆるところで使用できるので、クレジットカードを持っていない人にもオススメのカードです。

 

キャッシュパスポートの特徴

キャッシュパスポートには、さまざな特徴があります。

 

①スピード発行

キャッシュパスポートはクレジットカードのように審査がありません。

そのため、申し込みをしてから1週間程でカードが発行されます。

「クレジットカードを作るには時間が足りない!」 という方は、キャッシュパスポートをオススメします。

 

②スペアカードが付いてくる

キャッシュパスポートを申し込むと、オリジナルカードにスペアカードが付いてきます。

万が一オリジナルカードを紛失した場合でも、再発行までの間はスペアカードを使用することができます。

 

③ネットバンキングから入金ができる

クレジットカードには限度額がありますが、キャッシュパスポートの場合は足りなくなったらネットバンキングから入金することができます。

入金した分しか利用できないので、クレジットカードのように使いすぎるなんてこともありません。

 

④Tポイントがつく

クレジットカードは使用した分だけポイントが加算されるものがほとんどですが、キャッシュパスポートも利用するとTポイントがつきます。

貯まったTポイントは全国のTポイント提携先で利用することができます。

※Tポイント付きキャッシュパスポートは、既にTポイントカードを持っている場合のみ選択できます。

 

⑤払い戻しも可能

キャッシュパスポートに入金した金額は、払い戻しをすることも可能です。

もちろん余った分を次回海外へ行くときに利用することもできます。

カードの有効期間が5年となっているので、この期間内であれば払い戻しが可能です。

 

安心で一番使い勝手がいいのはキャッシュパスポート

キャッシュパスポートはとても使い勝手がいいので、留学生に人気のカードとなっています。

日本のATMから振り込むこともできるので、現地でお金が足りなくなった場合にも、日本に住む家族から入金してもらうことができます。

未成年でも申し込みをすることができるので、クレジットカードが作れない人はキャッシュパスポートを作ることをオススメします。

キャッシュパスポートのサポートデスクは365日24時間対応なので、この点についても安心です。

 

Tポイント付きキャッシュパスポートを申し込む

 

▼事前に知っておきたいフィリピン留学トラブル事例
留学カウンセラーが教えてくれないフィリピン留学でのトラブル事例