国際恋愛・結婚

【配偶者ビザ】在留資格認定証明書の申請方法【3年の許可がおりた!】

こんにちは、元国際結婚妻のシズです。

国際結婚で一番大変な手続きって配偶者ビザ、「在留資格認定証明書の交付申請」 ですよね。

在留資格認定証明書の交付申請は、準備しなければいけない書類がたくさんあります。

それにしっかり書類を作成しないと、不許可になる可能性だってあります。

私も最初は分からないことだらけですごく不安でしたが、全て自分一人で手続きをして無事、3年の在留資格をゲットしました。

今回は、私が実際に用意した書類や書類の書き方を詳しく解説します。

めんどくさがりの私にもできたので、きっとあなたにもできますよ。

スポンサーリンク

在留資格認定証明書について

※外国人配偶者が日本に滞在できるビザ(就労ビザ等)を持っていないことを前提でお話しします。

配偶者ビザを取得するには、「在留資格認定証明書の交付申請」をする必要があります。在留資格認定証明書は、交付が許可されれば3週間~2ヶ月で届きます。

交付された証明書を外国人配偶者が自国の日本大使館に出向き、配偶者ビザを発行してもらいます。

そのビザで日本に入国すると、空港で在留カードがもらえます。(※成田・羽田・中部・関西・新千歳・広島・福岡空港の場合)

交付申請に必要となる書類

在留資格交付申請に必要となる書類は以下の通りです。

  1. 在留資格認定証明書交付申請書:1通
  2. 写真(縦4cm×横3cm):1枚
  3. 配偶者(日本人)の戸籍謄本:1通
  4. 申請人の国籍国(外国)の機関から発行された結婚証明書
  5. 配偶者(日本人)の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書(1年間の総所得及び納税状況が記載されたもの):各1通
  6. 配偶者(日本人)の身元保証書:1通
  7. 配偶者(日本人)の世帯全員の記載のある住民票の写し:1通
  8. 質問書:1通
  9. スナップ写真(夫婦で写っており,容姿がはっきり確認できるもの):2、3枚
  10. 392円切手(簡易書留用)を貼付した返信用封筒:1通

これを見ると申請する前から「大丈夫かな…」って不安になると思いますが、大丈夫ですよ。

でもやっぱり書類を全て用意するのには時間がかかるので、余裕を持って申請することをおすすめします。

在留資格認定証明書交付申請書は、以下よりダウンロードできます。

在留資格認定証明書交付申請書の書き方

在留資格認定証明書交付申請書の書き方について、私自身分からない部分がいくつがあったので、その部分をピックアップして説明していきますね。

12.入国予定年月日⇒あくまでも予定なので、確実な日付でなくてもOK

13.上陸予定港⇒こちらも上記に同じ

14.滞在予定期間⇒永住と記入します。

23.申請人の勤務先等⇒日本での勤務先が決まっていない場合は未記入でOK。

24.滞在費支弁方法⇒配偶者が日本で仕事が決まっていている場合は「本人負担」の欄に月収を記入。

私の場合、旦那は仕事が決まっていなかったので「身元保証人」の欄に私の月収を記入しました。親類などから生活費の援助がある場合には「その他」にその額を記入します。

25.扶養者⇒日本人配偶者が外国人配偶者を扶養する(養う)場合は、ここに日本人配偶者の情報を記入。

上記以外の部分については特に難しいところはなかったので、問題なく記入できると思います。申請書は全部で3枚あります。

外国から発行された結婚証明書が提出出来ない場合

私は日本で婚姻届を提出したのですが、旦那の本国アメリカでは国外で結婚をした場合、アメリカ政府から結婚証明書が発行されません。

そのため、必要書類4の「国籍国(外国)の機関から発行された結婚証明書」はアメリカ国籍者には該当するものがありません。

入国管理局へ問い合わせたところ、この場合は「理由書」を提出すればOKとのことでした。書式は任意のもので大丈夫です。

私が提出した理由書は以下です。

質問書はものすごく大事!!

在留資格認定で審査されるのは大きく分けて2つ。「偽装結婚ではないか」「経済力があるか」 ということ。

この質問書では、偽装結婚ではないという証明をしなければなりません。

出会いがネット、スピード婚の場合は注意!

質問書の中には「結婚に至る経緯」を書く箇所があります。

この「結婚に至る経緯」は、偽装結婚ではないということを証明するにあたり、かなり重要となる書類です。

出会いがネットだったりスピード婚の場合、別紙を用意して出来るだけ詳細を記入することをおすすめします。

私たちも出会いがネットでずっと遠距離恋愛だったため、できるだけいろいろな書類を用意しました。

質問書以外に用意した書類

私が質問書以外に用意した書類は、

  • 二人の出会いが分かる画面のスクリーンショット
  • LINEでのやりとりした履歴

この二つ。

まず、サイトで出会った時の画面(旦那から送られてきたメッセージ)をスクリーンショットで切り抜き、エクセルに貼り付けて二人がどこで出会ったのかという説明を書きました。

LINEでやりとりした履歴は多すぎて全部は提出できないので、お互いの気持ちが変わっていくのが分かるような会話部分のみピックアップしました。

ピックアップしたメッセージとともに、お互いどのように気持ちが変わっていったのか、説明文も添えました。

どの時期にどのようなことがきっかけで好きと思うようになったのか、どういう経緯で付き合うことになったのか等、時系列に分かりやすくまとめるのがいいと思います。

こんな風に自分たちの結婚に至る経緯を詳細に書きだすのはかなり恥ずかしいですが、これも全て配偶者ビザのためです!

十分すぎるくらいに「二人が真剣に交際していたこと」が分かる証拠を集めましょう!

スナップ写真は家族も一緒に写っているものがよい

私は写真を6枚提出しました。必要書類には2、3枚とありますが、別に多めに出しても問題はありません。

私が選んだのは、下記のような写真です。

  • 2人で写っている写真:2枚
  • 両親と4人で写っている写真:1枚
  • 姉と3人で写っている写真:1枚
  • 私、旦那、私の友達が一緒に写っている写真:2枚

偽装結婚ではないと証明するには、結婚式の写真やお互いの家族が一緒に写っている写真が有効です。

家族が写っているということは、「家族も結婚を認めている=偽装結婚の可能性は低い」と判断されます。

私は写真をA4用紙に貼り付け、それぞれいつ、どういう状況で撮った写真かという補足説明を付けました。

必要書類以外で提出した方がいい書類

私は確実に在留資格を取りたかったので、必要書類以外にもいくつか追加で書類を提出しました。

2人がちゃんと付き合っていたことがわかるもの

追加書類として有効なのはまず、「2人が真剣に交際していたことがわかるもの」です。

私は遠距離中にスカイプでやりとりしていたので、このスカイプでの会話履歴をスマホで撮影し、エクセルに貼り付けて提出しました。

その他にも、旦那の来日が分かるパスポートのスタンプが押してあるページのコピーも提出しました。

これ以外に、付き合っているときにやりとりしたメールの履歴や手紙等も有効になると思います。

日本での経済力を証明できるもの

在留資格の判定には、「日本でちゃんと生活していけるだけの経済力があるか?」という部分を見られます。

なので私は、夫が無職でも自分が養っていけるという証明をするため、私の年収が記載された入社時の契約書類のコピーを用意しました。

さらにはいざとなったときは親からの援助も受けられるという証明で、父親が書いてもらった身元保証書、父親の納税証明書も合せて提出しました。

通常身元保証書は1枚用意すればいいのですが、外国人配偶者の身元保証人は一人よりも二人の方が有利になると思いました。

それに自分だけでなく自分の家族が外国人配偶者の身元保証人になれば、偽装結婚を疑われることもなくなりますよね。

書類は提出前にチェックしてもらう

入国管理局には書類や手続きについて相談に乗ってくれるスタッフがいます。用意した書類は提出前に、このスタッフに一通りチェックしてもらいましょう。

訂正が必要な部分はスタッフの方が指摘してくれるので、その場で言われた通りに訂正します。

そして「これで問題ないですよ」 とOKが出たら、窓口に書類を提出します。

手続きで何か疑問や不安なことがあれば、事前にスタッフに相談するといいと思います。

私は入国管理局がどんなところなのか分からなかったし混雑状況も知りたかったので、書類提出前に一度下見に行きました。

提出後1ヶ月で在留許可が届きました

入国管理局の方には結果が出るまでに3週間~2ヶ月かかると聞いていたのですが、提出後1ヶ月ほどで在留資格認定証明書が届きました。

ちょうど真ん中の右端の方に、滞在期間が記載されています。

1年であれば1年後に在留資格の更新が、3年であれば3年後に更新が必要となります。

手続きは専門家に頼まなくてもできる

最初に必要書類を見たときには「お金を払って専門家(行政書士さん)に頼んだ方がいいのかなぁ」 と思いましたが、実際やってみたら問題なく手続きできました。

だから特別な事情がない限り、高いお金を払ってまで専門家に頼む必要はないかと思います。

もし結婚に至るまでの経緯が特殊だったり、偽装結婚を疑われるような不安要素があるのであれば、一度専門家に相談してみた方がいいと思います。

お金をケチって在留許可が下りなければ元も子もないですからね。

大変な手続きではありますが、これを乗り越えれば無事に日本で一緒に暮らせるので頑張って取得してくださいね!