WEBデザイン

【現役WEBデザイナーが教える】確実にコーディングスキルを上げる方法

こんにちは!アラフォー未経験からWEBデザイナーになったシズです。

WEBデザイナーを目指す人の中には独学でHTML/CSSコーディングを勉強している人も多いかと思います。

でも自分の思うように再現できなかったり、CSSが効かない!なんてこと、結構ありませんか?

そんなときは自分のスキル不足にヘコんじゃったりもしますよね。

そんなあなたに今回は、「確実にコーディングスキルを上げられる方法」をお教えします!

これは私が実際に経験したことなので、自信を持ってスキルを上げられると断言します!

独学で伸び悩んでいる人や、どのように勉強したらいいのか分からないという方は是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

考えすぎにまずは手を動かす

あなたはコーディングしているときに頻繁に手が止まっていませんか?

例えば要素をセンタリングしたいときに、

「margin: 0 auto; かなぁ?いや、text-align: center; だったかなぁ?」

なんて風に。

迷ったり悩んだりした場合は、とりあえずコードを書いてみましょう!

そして思うようにならなかった場合は、そこで初めて別の方法を考えてみる。

あれこれ悩んでいるくらいなら、思うつくコードを全部適用してみる!

コーディングはコードを書いてなんぼです。頭の中でシュミレーションするくらいなら実際に書いてみた方が早い。

実はこれ、私が職業訓練時代に講師の方からよく言われてたことなんです。

考える前にまず手を動かす!それから考えなさい。手を動かさないと何も始まらないよ。」って。

綺麗にコードを書こうとしない

綺麗なコード、書きたいですよね。でも最初から綺麗なコードを書ける人なんていません。

それなのに綺麗なコードを書こうとすると、考える時間だけが増えてコーディングはなかなか進みません。

コーディングスキルを上げる方法は、コードを書くことであって考えることではありません。

独学でポートフォリオやWEBサイトを制作するなら、綺麗にコードを書くことよりもコーディングを完成させることを一番に考えてください。

そもそもスキルが低いうちは、どのタグ・CSSを使用すればベストなのかなんて分かりません。

汚いコードでも別にいいんです。

最初は誰でも無駄にコード書いちゃったり、divタグを多用しちゃったりするものなんです。

レベル1からいきなり10を目指すのではなく、とりあえずは2を目指しましょう!

スキルのある人にコードチェックとフィードバックをしてもらう

独学でコーディングを学んでいる人は、一度スキルのある人にコードチェックをしてもらった方が絶対いいです。

フィードバックをもらうことで、独学では学べないことがいーっぱい学べます。

実は私も最近、仕事でコーディングしたページを先輩社員さんにめちゃくちゃフィードバックされました。

修正箇所が多すぎて、最初からコーディングやり直した方が早いんちゃう?ってくらいでした(笑)

でもこの修正が終わって新たに別のコーディングを始めたとき、前よりもスムーズにコーディング出来るようになっててかなりのスキルアップを実感したんです!!

私は、フィードバックをしてもらうことが一番スキルアップに繋がると思います。

もし周りにフィードバックしてくれるような人がいないという場合は、下記のようなサービスを使ってみるといいと思います。

私がフォローさせていただいているWEBデザイナーさんなのですが、コーディング歴5年のベテランさんです。

私も仕事がちょっと落ち着いたら利用させて頂こうと思っています。

ここで「自分はまだまだスキル低いからコーディングチェックしてもらうようなレベルじゃない」なんて思っているあなた!

それです、それ。あなたのコーディングスキルが上がらない理由!!

「自分の汚いコードを見られるのは恥ずかしい…」「課題のコーディングをこなせるか自信がない…」

恥ずかしいと思ったら負け!初心者だから汚くて当たり前くらいに開き直っちゃいましょう。

別に課題がこなせなくてもいいじゃないですか。それこそチャンス!分からないところはこの機会にベテランさんに聞いちゃいましょう!

さっさとWEBデザイナー職に就く

独学やスクールで学ぶのと実際に現場で働くのとは、スキルアップのスピードは格段に違います。

だから、「スキルを上げてから仕事を探そう」ではなく、いっそのことスキルを上げるために就職しちゃいましょう!

どれだけシンプルでもダサくてもいいから、ポートフォリオサイトを作れるくらいのスキルがあるなら応募しても大丈夫です。

私なんか、コーディングの本に書いてあるコードをそのまま丸写ししたポートフォリオサイトで今の会社に応募したんですよ。

▼使用したテキスト

制作物だってバナー1つと架空サイト(シングルページ)の2つしかありませんでした。

これは私の主観なのですが、未経験者って制作物やポートフォリオサイトのクオリティで勝負するよりも、その他の部分で勝負した方が内定取りやすいと思います。

結局採用する側も人間なんだし、スキルが足りなくても「この人面白そうだし会ってみたいな」って思わせたら勝ちです。

おすすめの求人検索方法も別の記事で紹介していますので、こちらも是非参考にしてみてくださいね。

コーディングをこなせばこなすほどスキルは上がる

コーディングって本を読んでコードの知識をインプットしたとしても、実際書かないと覚えられません。

だから最初はどれだけコードが汚くてもサイトを作ってみる。

何度も何度もサイトを作っていたら、コーディングスキルは自然に上がっていくはずです。

あと、独学で長い期間勉強するよりも、さっさと就職しちゃった方がいいです。アルバイトでもいいので。

私は就職して1ヶ月で、かなりスキルが上がったなぁと実感しています。

やっぱり、やらなければいけない状況っていうのと、チェックをしてくれる人がいるっていうことは強いです。

独学で限界を感じている方は、一度自分のやり方を見直してみて、別のアプローチ方法も考えみるといいと思いますよ。