クレジットカード

【元アメックス社員が語る】クレジットカードを不正利用されたらまずやるべきこと

こんにちは。元アメックス社員のシズです。

クレジットカードの明細を見たら使った覚えのない請求が…!

こんなときって本当に焦りますよね。これが高額になってくると尚更です。

でもビックリしている場合ではありません。不正利用に気付いたらすぐに行動を起こすことが大切です。

今回は身に覚えのない請求があった場合にまずやるべきことと、その理由についてお話します。

※あくまでもアメックスの場合に基づいて話をしているので、他社カードの場合は対応などが異なる可能性があります

スポンサーリンク

カード会社にすぐに連絡する

少しでも疑問に感じた請求があれば、すぐにカード会社に連絡してください。

カード会社への連絡が遅れると、泣き寝入りすることになる可能性があります。

請求が直近1ヶ月くらいのものだった場合、カード会社はその請求に関して請求元に調査をかけます。

ところが請求日から日にちが空きすぎると、調査が出来なくなってしまいます。

おそらく請求額が大したことないと、「もしかしたらどこかで使ったのかも…」なんて思ってカード会社に連絡するのをためらう人もいると思います。

でもその請求が例え本人が利用したものであったとしても、全く気にする必要はありません。

私も何度もカードの不正利用で問い合わせを受け付けたことがありますが、結局本人が使ったものだったなんてことはよくあります。

この場合、こちら側としてはただ「良かったですね」って思うだけです。

少しでも疑問に思うことがあれば、カード会社で確認してもらう

カードの明細を見て、使った覚えのない店名や企業名で請求が上がってくるということはよくあります。

カードの明細には実際に利用したお店の名前であがってくる場合と、会社名で上がってくる場合があるからです。

こういうケースはカード会社に連絡をすると、その場ですぐに確認してくれます。

カード会社は、カードを切った時間・切り方(端末にスライドして通したのか暗証番号を入力したのか)・加盟店の業種など、詳しい情報を把握しています。

なのでどうしても使ったことを思い出せないような請求があれば、すぐにカスタマーサポートへ電話して確認することをおすすめします。

不正利用のパターン

不正利用の主なパターンは、

  • 全く身に覚えのない請求
  • 二重請求
  • 過剰請求

大体このようになっています。

そして特に注意したいのが、海外のサイトでカードを使用するとき。

インターネットでカード情報を入力するときは、本当にそのサイトが安全かどうかしっかり確認することをおすすめします。

少しでも不安な場合は、カードの使用は避けた方がいいです。

不正利用の多くは海外でカードを使用した場合や、ネットでカードを使用したときに発生しています。

高額の不正利用があった場合のカード会社の対応

いきなりカードの明細に何十万もの見に覚えのない請求があったらビックリしますよね?

この場合、カード会社への連絡が早ければ調査をしてもらえます。

ただ、調査には1ヶ月から2ヶ月くらい時間がかかります。なのでこの調査をしている間は、高額請求分は一時的に保留とします。

つまり、カードの持ち主は原因が分かるまでは、請求分をカード会社に支払う必要がありません。

そしてその請求が不正利用であったと分かった場合は、請求は請求元へ差し戻しをします。

カードの請求が確定してから銀行へ引き落としの連絡がいくまでは数日間の猶予があるので、カードの明細は請求確定後すぐに確認することをおすすめします。

ただ、アメックスの場合は普段と異なるようなカードの利用があった場合は、不正利用を疑ってカードを使えないようにします。

そしてその後、本人へ利用の有無を確認するために連絡をします。

なのでアメックスカードはいきなり高額決済をしようとすると、カードが切れない場合があります。

不正利用の調査に必要となるもの

カードの不正利用が全く身に覚えのない請求であれば、とくに必要なものはありません。

ただ、請求に覚えはあるけど二重で請求されていたり過剰請求の場合には、それを証明するものをカード会社に提出する必要があります。

これが提出できない場合は、請求について調査を行うことができません。

海外で利用したときはレシートや領収書を、ネットで利用したときは注文完了メール等をちゃんと保存しておくことをおすすめします。

不正利用が認められないパターン

本人からすると確実に他人にカードを使われたのに、不正利用と認められないパターンがあります。

それは、請求元が飲み屋などであった場合。

カードの管理責任を怠ったことが原因で発生した不正利用は、本人に責任があるとして不正が認められません。

なので飲み屋での請求だった場合、酔っ払っていた可能性を疑われるのです。

また、家族や友人にカードを貸したような場合に発生した請求に関しても、不正は認められません。

カードを他人に貸す人なんているの!?って思うかもしれませんが、これが結構いるんです。

こういう場合は明らかに本人が悪いので、いくら不正を訴えたところで相手にはしてもらえません。

そしてカードの利用時に暗証番号が入力されていた場合も、本人の責任となることがほとんどです。

これは暗証番号を他者に知られたという、管理責任の甘さを問われます。

不正利用の疑いがあればすぐに行動を!

カードの明細を見て少しでもおかしいなって思ったら、すぐにカスタマーサポートへ連絡してください。

自分で考えるよりも、カード会社に確認した方が絶対早く解決します。

他のカード会社のことは分かりませんが、アメックスならどんなにしょうもないことでも丁寧に細かく対応してくれます。

例えカードに関係のないことでも、一生懸命調べて教えてくれます。

カードの不正利用は、手遅れになる前に行動することが一番大事です。

今までちゃんと明細を確認していなかった人は、これからは毎月しっかりと確認してくださいね!