旅のお役立ち情報集

ベトナム・ダナンまで片道3,990円!!たったの28,000円で海外旅行ができちゃいます!

こんにちは。海外旅行が大好きなシズです。

ある日メールでジェットスターのセール情報が流れてきました。

内容を見てみると、関空からベトナム・ダナンまで片道3,990円!!

これはベトナムに行くしかない!と思い、勢いでチケットを取っちゃいました。

その後現地で宿泊するホテルをBookin.comで探し、1泊2,000円程度の宿を確保しました。

飛行機代・宿泊代を合わせても、たったの28,000円程でした…!!

スポンサーリンク

ジェットスターのセール情報はチェックしておくべし

私はジェットスターのセール情報をメールで受け取れるように設定しています。

常にチェックしておけば、今回のようなベトナムまで片道3,990円という破格の値段で航空券をゲットすることができます。

3,990円ってすごくないですか!?国内線でもこれ以上の値段がするんですよ。

その他にも台北や上海など、近めの国であれば1万円以下でチケットが取れるものもあります。

オーストラリアでも片道2万円程度なので、海外旅行好きならジェットスターのセール情報は見逃せません。

ジェットスター公式ページ

表示されているチケット代には空港税等は含まれていません

片道3,990円ということであれば、往復で7,980円でチケットが取れちゃうのかというと、そういうわけではありません。

表示されているチケット代には、空港税や受託手荷物料金は含まれていません。

今回私が取ったチケットは、空港税が往復で5,000円ちょっとかかるので、これを合わせるとチケット代は13,000円程になります。

これでもまだまだ安いんですけどね。

そして飛行機に乗るときにスーツケース等を預ける場合は、受託手荷物代を別途払わなくてはいけません。

※ANAやJALなどの航空会社はチケット代に受託手荷物代も含まれていますが、LCC(格安航空会社)の場合は含まれていないので別途支払う必要があります。

受託手荷物はチケットを予約する際にオプションとして選ぶことができ、重量によって値段が変わってきます。

私は今回5日間の旅行なので、20kgの受託手荷物オプションを往復で追加し、5,000円程度追加となりました。

結果的に私が航空券代として支払った金額は、19,290円でした。(※ジェットスターはカード決済をすると、手数料がかかります。)

新大阪から東京までの新幹線のチケットが3万程度することを考えると、ベトナムまでの飛行機代が2万円弱というのはめちゃくちゃお得ですよね!!

あと、LCCは機内食がついていません。機内食を希望する場合は航空券を予約するときにオプションとして追加する必要があります。

私は今回5時間程度のフライトなので、適当に空港で何か買って機内に持ち込もうと思います。

機内食は高い割にそこまで美味しくないので、飛行機に乗る前で売店で何か買って持ち込んだ方がいいですよ。

宿泊するホテルはBooking.comで予約

私が海外旅行の際によく利用するのが、エクスペディアBooking.comの2つ。

今回はBooking.comを利用してホテルを予約しました。

Booking.comのいいところは、チェックインの2週間前までなら無料で予約変更やキャンセルができるところ

とりあえずいいなと思った部屋があれば、先に押さえておくこともできます。

ホテルを選ぶ際にはレビューを参考にし、あまり考えずに直感で決めています。

私がダナンで滞在する宿泊先として選んだのは、「ホームステイシーカイト」というビーチから徒歩5分程の立地にある宿。

ホテルというか、ゲストハウス(安宿)です。

宿泊するホテルは事前にグーグルマップで立地を調べてから予約するといいですよ。

周辺にカフェやレストランがあるかとか、市街地から近いかどうかなど、ホテル周辺情報を確認しておけば現地に着いてからガッカリするなんてこともなくなります。

あと、予約する前にグーグルマップでホテルを検索すると、安く予約できるサイトが分かりますよ。

国内旅行と変わらない値段で海外へ行ける時代に

昔は海外旅行ってそんなに気軽に行ける感じじゃなかったですが、今って国内旅行と変わらない値段で行けるようになりましたよね。

今回私が行くベトナム・ダナンは、直行便で関空で5時間くらいで行けちゃいます。

旅行代金が28,000円だったら学生でもアルバイトすれば稼げるし、時間さえあれば誰でも海外旅行ができます。

私はタイとかマレーシアとか東南アジアが大好きなのですが、時差もそんなにないしネットも繋がるし物価も安いので本当におすすめ!

もちろん国内にも素敵なところはたくさんありますが、海外では非日常を存分に味わえるので同じ値段なら私は海外を選びます。