ベトナム観光情報

【ベトナム・ダナン】ドラゴン橋が火をふく時間とベストスポット

こんにちは。シズです。

先日ベトナム・ダナンへ一人旅に行ってきた際にダナン名物のドラゴン橋が火を噴くファイヤーショーを観てきました。

そのときの経験を元にショーが行われる日時やベストスポット、攻略法をご紹介します!

スポンサーリンク

ドラゴン橋が火を噴く日時

ドラゴン橋が火を噴くのを観られるのは、土日祝の21時から約15分間の間です。

ドラゴン橋は西がドラゴンの尻尾側・東が頭側になっているので、ファイヤーショーは東側でないとちゃんと観れません。

出典:グーグルマップ

東側はDHCマリーナがある側で、西側はバクダン通りやダナン博物館がある側です。

▼DHCマリーナの名物マーライオン

ファイヤーショーを観るのにおすすめのベストスポット

ファイヤーショーが始まる21時前になると、DHCマリーナ周辺には人が集まってきます。

橋の北側・南側だと北側(※DHCマリーナ側)の方が人が多く、ファイヤーショーを観るのには最適だと言われています。

でも人が多すぎて前の人の頭が邪魔になったりする恐れがあるので、人が少ない南側の方がおすすめです。

私は南側からショーを観ましたが、人が少ないので座ってゆっくり観賞することができました。

もちろん、写真とビデオもバッチリ撮れました。

21時ちょうどになると特に何の合図もなく突然始まるので、写真やビデオを撮りたい人はしっかり準備しておいてくださいね。

ドラゴンは火を噴くだけでなく水も噴射するのですが、濡れてもいいから間近で観たいという場合は、橋の上から観賞するのもいいと思います。

ドラゴン橋には階段が付いてるので、車だけでなく歩行者も渡ることが出来るようになっています。

間近でドラゴンを観ると目がハート型になってて可愛いです。

橋の上から観るとドラゴンが水を噴射したときにびしょ濡れになるので、合羽を用意しておくと便利ですよ。(実際合羽を着ている人が何人かいました)

乾期で気温が高いなら、あえてびしょ濡れになるというのも楽しいかもしれないですね。

ただし帰りタクシーで帰る場合は、やっぱり濡れていない方がいいと思います。

ファイヤーショーを周辺のカフェから観ることは可能?

DHCマリーナを少し北に進んだところの川沿いにカフェが1軒だけありました。

オープンテラスとなっている2階席があったので、こちらからであればファイヤーショーを観ることが出来ると思います。

ただすぐに満席になる恐れもあるので、こちらからゆっくり観たい場合は早めに席を確保しておいた方がいいと思います。

私は実際に行ってないのでどれくらいよく観えるのか分かりませんが、川沿いには木が等間隔に木が植えられているので、場所によっては木が邪魔になる可能性もあります。

道路を挟んだ向かい側にはカフェやレストランがたくさんありますが、これらのお店からファイヤーショーを観るのはちょっと難しいと思います。

ドラゴン橋には何分前に行くのがベストか?

ドラゴン橋が火を噴くのは21時からですが、大勢の観光客と地元の人が集まるので時間前になると道路が渋滞します。

そのため余裕を持って、30分前には到着しておいた方がいいです。

時間まではDHCマリーナ周辺を散策したり、橋の上から夜景を楽しんだりしながら時間を潰すことが出来ます。

ドラゴン橋から見えるチャンティリー橋(ドラゴン橋の南側に架かっている橋)も綺麗ですよ。

1時間前くらいに来て周辺のカフェでお茶を飲みながら時間を潰すのもいいと思います。

帰りに渋滞に巻き込まれない裏技

ドラゴン橋のファイヤーショーは、21時ちょうどから約15分間続きます。

ショーが終わると観客が一斉に帰り始めるため、道路はまた渋滞します。

渋滞に巻き込まれると車がなかなか進まないので、ホテルに帰る時間が遅くなってしまいます。

でもこの渋滞に巻き込まれない裏技があります。それは、

ショーが終わる前に一足早く帰ること

ドラゴンが火を噴いたり水を噴いたりするのは、同じ感じでずっと続きます。

なので私は途中で「もういいかな」と思い、ショーが終わる前にタクシーを拾って帰りました。

このおかげで渋滞には全く巻き込まれることなく、すんなりホテルまで帰ることが出来ました。

どうしても最後まで観たいというわけではないのなら、早めに切り上げることをおすすめします。

タクシーは道路沿いにたくさん停まっているので、すぐに拾うことができます。

ドラゴン橋のファイヤーショー攻略のまとめ

☆ファイヤーショーは土日祝の21時から約15分間行われる

☆渋滞に巻き込まれないために20時半には到着しておく

☆ベストスポットはドラゴン橋の東南側

☆橋の上はドラゴンが水を噴いたときに濡れる

☆スムーズに帰りたいならショーが終わる前に帰る

以上のことを押さえておけば、ドラゴン橋のファイヤーショーを思う存分楽しめること間違いなし!