ベトナム観光情報

【ベトナム・ダナン】タクシー料金と安全に乗るためのポイント

こんにちは。シズです。

先日ダナンへ一人旅に行ってきたので、そのときの経験を元にタクシー料金や安心できるタクシー会社をご紹介します。

これからダナンへ行かれる方は、是非参考にしてみてくださいね。

この記事を読んで頂ければ、タクシーでのトラブルを避けることができますよ。

スポンサーリンク

ダナンのタクシー初乗り料金

ダナンのタクシーの初乗り料金は、6,000ドン(約30円)です。(※2018年1月時点)

メーターには数字がいっぱい表示されていますが、一番上に大きく表示されている数字が料金です。

数字の0が3つ省略されて表示されるので、最初に乗ったときのメーターは「6」と表示されています。

空港から市街地までは車で約10分と近いので、宿泊するホテルが市街地にある場合は空港からタクシーを使っても6万ドン程度(約300円)です。

私は市街地から少し離れたビーチの近くにあるホテルに泊ったのですが、帰国時にホテルから空港まで(※約6km)タクシーを利用して10万ドン弱(約500円)でした。

安心して乗れるタクシー会社と実際乗った感想

一人で海外旅行しちゃう私ですが、実は結構ビビリでして…

ダナン旅行の前にタクシー事情についてはネットで調べまくりました。

その結果、安心できるタクシーとして名前がよく上がっていた会社は3社。

  • VINASUN TAXI(ヴィナサンタクシー)
  • MAILINH TAXI(マイリンタクシー)
  • TIENSA TAXI(ティエンサタクシー)

ヴィナサンタクシーは白い車体に赤と緑のラインが入った車体、マイリンタクシーは緑色の車体、ティエンサタクシーは黄色の車体です。

私が現地で実際よく利用したのが、緑の車体のマイリンタクシー

街中によく走っていて拾いやすく、緑色とかなり目立つ車体なので見つけやすかったです。

もちろん、ボッタくられるようなことは一度もありませんでした。

ヴィナサンタクシーは特に有名なタクシー会社ですが、白い車体は悪質なボッタくりタクシーもいるため、万が一車体を見間違えたり勘違いして悪質なタクシーに乗ってしまうのが嫌だったのであえて乗りませんでした。

車体が緑のタクシーはマイリンタクシー以外にはないので、マイリンタクシーは安心して乗れました。

タクシーの乗り方

一番安全なのは、宿泊しているホテルや食事をしたレストランのスタッフにタクシーを呼んでもらう方法。

高級ホテルでなくてもスタッフに頼めばタクシーを呼んでくれます。

私が泊っていたのも1泊2,000円のゲストハウスでしたが、お願いすればタクシーを呼んでくれました。

タクシーを呼んでもらいたときは英語で

Can you call a taxi?

と言えばOKです。

自分でタクシーを拾う場合は、ホテル(宿泊しているホテルでなくても)の前に停まっているタクシーを拾うのが比較的安全です。

ちなみに私は普通に街中に停まっていたマイリンタクシーを拾って乗ってましたが、ボッタくられることもトラブルに遭うこともありませんでした。

スパなどでも専用の送迎車を出してくれたり、タクシーを呼んでくれるところがあります。

タクシーの運転手は基本英語が話せない

ダナンのタクシー運転手は、基本みんな英語が話せないと思っていた方がいいです。

私は英語が話せる運転手に出会ったことはありません。

ではどうやって目的地を伝えるのかということですが、ホテルまでタクシーで移動する場合はホテルに置いてあるホテルカードを見せます。

ホテルには必ずこういうカードがフロントに用意されてあるので、これを携帯しておきます。

カードには住所が記載されてあるので、運転手に見せればちゃんとホテルまで行ってくれます。

もし観光スポットに行くのであれば、とりあえず英語で場所を伝えてみて伝わらなかったらスマホのグーグルマップで目的地を見せれば分かってくれます。

私はダナンで有名なドラゴン橋に行くためタクシーに乗った際、「ドラゴンブリッジ」と言っても通じませんでした(汗)

タクシー運転手にチップは必要?

チップは特に必要ありません。

ですが、私はタクシーに乗ったときはおつりをチップとして渡していました。

例えば料金が45,000ドン(約220円)の場合、5万ドンを渡して「おつりはいいよ」と言っていました。

これだけ少額のチップでも運転手の方は割と喜んでくれたので、それならこれくらいのおつりは別にもらわなくてもいいやってなりました。

道を歩いてるとタクシーに客引きされます

ダナンは移動に基本タクシーを使うので、街を歩いてるとタクシーに客引きされます。

停まっているタクシーに「乗らない?」みたいにジェスチャーで客引きされることもあれば、走っているタクシーにクラクションをプップーと鳴らされて客引きされる場合もあります。

安全なタクシー会社だと上で紹介したマイリンタクシーの運転手も客引きしています。

もちろんタクシーが必要ないときは首を振って断ってましたが、タクシーに乗りたいときも客引きしてくるタクシーは避けてました。

客引きしているタクシーが危険というわけではないと思うのですが、なんとなく気持ち的に乗りたくなかったので…

タクシーに乗る際の注意点

タクシーに乗るときには必ず小額紙幣を用意しておきます。

高額紙幣を出すと、運転手がお釣りを持っていないということがあります。

10万ドン紙幣以下であれば問題なく使えますが、20万ドン紙幣以上は利用しない方がいいです。

また、クレジットカードは基本的に使えません。

クレジット決済する機械や端末は設置されているようですが、運転手が使い方を知らない場合がほとんどです。

仮にクレジット決済可能なタクシーに乗ったとしても、金額を端末に手打ちして決済する方法なのでちょっと不安ですよね。

トラブルを避けるためにも、タクシーでクレジットカードを利用することは控えた方がいいと思います。

まとめ

ベトナムのダナンでタクシーを安全に乗るためのポイントは、

★緑の車体のマイリンタクシーがオススメ!

★ホテルやレストランのスタッフにタクシーを呼んでもらうと安心

★タクシードライバーは英語が話せない

★ホテルカードは携帯必須!

★少額紙幣は事前に用意しておく

★クレジットカードは使えない

★チップは不要

以上のことを覚えておけば、とりあえずOKです!