お役立ち情報世の中の気になるコト

地震が起こったときの慎重派と即決派の行動の違いがスゴイ!!

こんにちは。シズです。

6月18日、大阪で震度6弱の大きな地震がありました。

時刻は7時58分。私は出勤前の用意で化粧をしている最中でした。

今回は事前に地震速報が鳴らず、スマホからアノ恐ろしい警告音が鳴り響いたのは大揺れしているときでした。

私は阪神大震災を経験しているので、地震がどれほど恐ろしいものかをよく分かっています。

即決派の私は地震が収まった後すぐに両親の安否を確認するため実家に向かったのですが、慎重派の姉は私と全く違う行動を取っていました。

スポンサーリンク

即決派の私が取った行動

地震の直後は電話が繋がりにくくなることは分かっていましたが、それでもひとまず両親に電話をしました。

案の定電話は繋がらなかったので、姉にLINEで安否確認と自分のことを報告。

LINEは普通に使えたので、姉とはすぐに連絡を取ることが出来ました。

両親と連絡を取る手段がなかったので、私は自転車で実家へ向かうことにしました。(実家までは自転車で20分くらい)

化粧の最中でアイシャドウを片方塗ったところでしたが、こんなとき顔や格好なんてどうだっていい。

動きやすいスボンを履いてパジャマの上からパーカーを羽織り、避難用リュックを背負ってジョギング用のスニーカー履いてすぐに家を出ました。

実家に帰る途中に姉の家もあるので、どうせなら姉と合流して一緒に実家へ向かおうとまずは姉の家に行きました。

慎重派の姉が取った行動

姉の家に行くと、花瓶が落ちて破片が散らかっていました。

私は姉を拾ったらすぐに実家へ向かう予定でしたが、姉は破片が散らばったままだと危ないからと言って掃除を始めました。

この時点で私からすると「え!?」って感じでした。

破片は確かに危ない。でも破片を踏んでケガすることよりも、私は両親の安否の方が心配。

その後も余震が来たら危ないからと言って、家の中のものを移動し始めました。

姉だって私と同じくらい両親のことが心配なのは分かっています。

でもこれだけ行動に差が出るのは、やっぱり元々の性格の違いが大きいのではないかなって思うんです。

私なんかノーパンノーブラで上から適当な服を着ただけで家を出たんですよ。

あ、家ではノーパンなもので…(←どーでもいい)

それなのに姉は、「仕事に行かないといけないかもしれないから…」と着る服までも気にしていました。

ちなみに私は地震が起きた時点で仕事へ行くという選択肢は全くありませんでした。

1分1秒が生死を分ける

とりあえず財布とスマホと充電器持ってたらよくない?

緊急時って1分1秒が生死を分けると思うんですよね。だから考えたり迷ったりしてる時間なんてないんです!

もちろん、その選択も生死も分ける大きな決断となるわけですが、考えてる間に命落したり大事な人を無くすくらいならさっさと行動に移そうっていうのが私の考えです。

考えるのってそんなに難しいことですか?

自分にとっていちばん大事なものは何か?

これを考えたら今何を一番にするべきかってすぐに分かりますよね。

即決できるのは何も考えてないからではない

私は行動するのが早いぶん、失敗もたくさんしています。だから姉にはよく、

「何も考えずに行動するから失敗するねん!」

って言われます。でも即決できる人や後先のことを考えずに行動する人って考えてないわけではないんですよね。

即決派タイプの人って、ものすごく短い時間で取捨選択を出来る人だと私は思うんです。

慎重派の人からしたら考えてないように見えるかもしれませんが、全ての行動はちゃんと考えて出した答えなんです。

そして失敗も全て想定範囲内です。

慎重派の人はよく考えて計画して行動するから失敗が少ない。

即決派の人は失敗することも多いけどそれを挽回するのも早い。

即決派の方がサバイバル力はあると思う

天災なんて何が起こるか分からないんだし、いざというときに即決即断で行動出来る人の方が生き残れると思うんですよね。

例えばゲームやドラマみたいにこの世がゾンビ世界になったとして、慎重派タイプって真っ先にゾンビにやられそうな気がします。

ちなみに私はゾンビが現れても生き残れる自信があります。根拠はないけど。

もちろん、即決派にもウィークポイントは絶対あると思うので、私が即決派で姉が慎重派というのはバランスが取れててちょうどいいのかもしれませんね。

いざというときのために連絡方法と避難場所は事前確認を!

前々から緊急時に安否を確認するための連絡方法は決めておかないとねと家族で話していたのですが、実際ちゃんと決まらないまま今回の地震が起きてしまいました。

結果的に無事だったから良かったものの、こういうのは絶対に先延ばしせずに今すぐに決めることをおすすめします!

私たち家族はNTTのの災害伝言ダイヤル(171)を利用することにしました。

伝言を録音するときに自分の電話番号を入力できるので、再生する側は安否を確認したい人の番号を入力すればその人の録音したメッセージを再生することができます。

今はスマホが普及していて個人の電話番号ってなかなか覚えていないので、私たち家族は実家の固定電話の番号を利用して録音・再生をしようと決めました。

そして地震で家屋が倒壊したら避難場所へ移動するかと思うので、災害時はどこへ避難するかを事前に確認しておくこともおすすめします。

NTT災害伝言ダイヤル