ロンボク島旅行記

【ロンボク島サーフィン旅行記①】宿が安い!ご飯が美味しい!めっちゃのどか!!

こんにちは!シズです。

インドネシアのロンボク島に5日間サーフィンをしに行ってきました。

インドネシアといえばバリ島が旅行先としては有名ですが、ロンボク島は宿が安くてご飯が美味しくてのどかな雰囲気がとにかく最高!

現地の人はとにかく人懐っこくて一瞬でロンボク島が好きになりました。

スポンサーリンク

プール付きの宿が1泊たったの1,400円…!!

今回私が泊まったのは「Spear Villa」というホテル。

なんと、1泊たったの1,400円程度(※二人で宿泊した場合の一人当たりの値段)なのに、プール付きでこの綺麗さ!!

部屋の奥のドアを開けるとすぐにプールに入れるんです…!!

もちろん、Wifiも使えるしエアコンもちゃんと付いています。(※Wifi速度は遅めだけど…)

その他にテレビと冷蔵庫、セキュリティーボックスもちゃんとありました。

これだけでも十分すごいのに、この値段で朝食付きというコスパ最高の宿でした!

宿の周辺はめっちゃのどか!!

私が滞在していた宿の周辺はめっちゃのどかでご飯屋さんとサーフショップ、小さな売店しかありませんでした。

この周辺に滞在している観光客は全員サーフィン目的でこの島に来ている人たちなので、まさにサーフィンをするためだけに訪れる町って感じです。

そしてロンボク島の魅力の一つが「現地の人がすごく人懐っこい」ということ。

外を歩いているといろんな人が「ハロー!」って笑顔で声をかけてくれます。

初めて訪れた町でこんな風に現地の人が歓迎してくれるのは本当に嬉しいし、それだけでもロンボク島が好きになりました。

やっぱり人がいいとその国のことは好きになっちゃう。

こんな人懐っこい島だからなのか、人間だけでなく猫も犬もすごい人懐っこかった(笑)

ロンボク島はご飯も美味しい!

到着して1食目はナシゴレンにしました。インドネシアといえばナシゴレンだよね~♪

これで270円くらい。安い!!

味は見た目通り美味しかった!

付け合わせ?のえびせんみたいなのも美味しかった。

ガイドブックなんかだと生野菜は食べない方がいいとよく書かれていますが、私は気にせず食べちゃいます。

「何もしない」を楽しむのが最高に幸せ

サーフィンは翌日からだったので、到着初日は何もせずに過ごしました。

ご飯を食べたり、宿のプールに入ったり、ボーッとしたり。

私たちが滞在していたエリアはサーフィン以外には本当に何もやることがないんだけど、「何もしない」ことをただひたすら楽しむのが最高に幸せでした。

日本にいたら絶対できない贅沢だなと。