恋愛コラム

離婚は決して悪いことではない。幸せになるための一つの手段でもあると思う

こんにちは、シズです。

私は37歳で離婚してバツイチになりました。

離婚してからうつにもなりましたが、離婚したことで前よりもっと幸せになったと思います。

 

スポンサーリンク

絶対離婚したくないと思っていた結婚前

私は独身のとき、結婚したら絶対に離婚はしたくないと思っていました。

離婚するくらいなら私は結婚しない、そんな風にも思っていました。

でも実際は、結婚して離婚しました。

離婚するような相手とは結婚をしたくない、と強く思っていたのにもかかわらず。

(また結婚するかどうかは、その人次第ですが。)

 

人間は失敗するもの

人間、誰だって失敗はします。

結婚相手選びだって、特別ではありません。

私の場合も、お互いにとってふさわしくない相手を選んでしまったのです。

でも失敗したってやり直すことはできます。

結婚だってやり直せる、私はそう思います。

 

失敗は成功のもと

人は失敗をすると、それを教訓にして次はもっとうまくできるようになります。

結婚相手選びに一度失敗をした私も、次はもっと自分に合った相手を探せると思います。

一度結婚したことで、自分はどういう生活・人を望んでいるのかが以前よりも明確になりました。

一度失敗したとしても、失敗から学べば、次は今回よりもきっとうまくいくはずです。

 

自分を幸せにするのは結婚相手ではなくて、自分

幸せにしてくれる人と結婚したい、女性なら誰もがそう望むと思います。

でも、自分の幸せは決して他人に委ねてはいけません。

「相手の幸せ=自分の幸せ」ではないのです。

私はこれで失敗しました。

「相手のために」「相手が幸せなら」と思い込んでやっていたことのほとんどは、自分を認めてほしいという承認欲求からくるものでした。

私は相手に何かをすることで、相手から同等の見返りを無意識に求めていたのです。

 

自分が幸せになることは相手を幸せにすることでもある

大好きな人を幸せにしたいのであれば、まずは自分が幸せになることです。

「私のことはいいの。あなたが幸せなら。」

こんな風に思っていては、お互い幸せにはなれません。

自分で自分を幸せにできる方法を見つけ、自分で自分を幸せにすることができれば、相手も自然と幸せになります。

自分のために何かを犠牲にされるより、幸せに毎日過ごしてくれる方が自分も嬉しくないですか?

 

離婚は悪いことじゃない。幸せになるための一つの手段

離婚って何でこんなにイメージが悪いんでしょうね。

結婚した相手とは一生を共にしないといけない、なんてことは全くないのに。

自分が幸せじゃないのなら、幸せになるために離婚をするということも大事だと思います。

離婚できずに我慢して結婚生活を続けるのなんて、辛くありませんか?

子供がいるとそう簡単にはいかないとは思いますが。

でも離婚は幸せになるための一つの手段でもあるってこと、実際に離婚をした私から結婚生活で悩んでいる人に伝えたいです。