生き方

おひとり様ってサイコー! 私が今までやってきた中でオススメの一人遊び6選

こんにちは、シズです。

私は30歳を過ぎてから一人遊びにハマりました。20代の頃は一人で何もできなかったんですけどねー。

おひとり様って一度その世界に足を踏み入れると、「案外何でも一人でできるんだな」 ってことに気づきます。

今回は私が今までやってきた一人遊びで、オススメのものを6つ紹介したいと思います!!

スポンサーリンク

一人遊びデビューは映画館

私の一人遊びデビューは、映画鑑賞でした。

映画って人と観に行くと泣きたくても泣けなかったり、出るタイミングを伺ったりとちょっと気を遣いませんか?

あと、自分が観たい映画が友達も観たいとは限らないですよね?

私は竹内結子主演の「ストロベリーナイト」っていうドラマが好きだったんですが、このドラマが映画化されるとなったのでどうしても観に行きたかったんです。

でも周りにこの映画を観たそうな人が誰もいなかったので、一人で観に行くことにしました。

これが私の一人遊びデビューとなりました。

最前列ど真ん中で一人で観賞

どうせなら一度、最前列ど真ん中で映画を観てやろうと思ったんですよ。

誰かと一緒だったら絶対いやって言われそうですからね。

映画のチケットはあらかじめネットで購入しました。

そして人が少ないであろう、レイトショーを選びました。

周りに誰もいないってサイコー

最前列に陣取った私でしたが、私の周りには誰も座りませんでした。

やっぱり前の方の席ってみんな避けるんですね。

もう完全に私だけのプライペートゾーンと化してましたよ、最前列。貸し切り状態のようです。

誰にも邪魔されずに映画を観たいという方には最前列、オススメですよ。ただやっぱり画面はちょっと観にくいんですけどね…

オススメは最後尾の前に誰もいない席

今ではすっかり一人映画にハマっている私ですが、一番のお気に入りは「最後尾の前に誰もいない席」 です。

真ん中あたりが一番見やすいとか言いますが、私にとっては真ん中も後ろもそんなに変わんないです。

最後尾の席は後ろに誰もいないので落ちついて観られます。席をキックされることもないですしね。

そして、前に誰も座らない最後尾の席であれば言うことなしです。

だって、前に座った人の頭がデカかったらイヤですよね?

狙い目は出入り口から一番遠い最後尾の席。やっぱりみんな出入り口に近い方を選ぶんですよ。だから遠い方が空いています。

一人ラーメン屋さん

女性ってやっぱり、ラーメン屋さんに一人で入るのってちょっと抵抗ありますよね。

でも私は全然平気です。ラーメンが食べたくなったら一人でもラーメン屋さんに行きたい。

会社の昼休みのときも一人でラーメン屋行ったことがあります。周りはおっちゃんばっかりでした。

そして周りのおっちゃん、ちょっとビックリして私のことジロジロ見ていました。

そんなおっちゃんの目も気にしないですけどね、私は。

だって、人の目を気にして自分のやりたいことができないのって、もったいなくないですか?

 

一人握手会

昔ドラマを観て、「三浦翔平」 に一時期すごくハマったんですよ。

そしてある日、三浦翔平が私の住んでいる地域の近くで握手会を行うという情報を仕入れたんです。

これはもう、何が何でも行くしかないですよね?

だって、三浦翔平近くで見たいし触りたいもん!

(30代の女が一人で握手会とか痛いとか思われそう…)

そんなことよりも、私の三浦翔平見たい(触りたい)欲の方がはるかに勝ちました。

実際会場ではみんな三浦翔平のことで頭がいっぱいだから、誰も私のことなんて見てないんですよ。

全然恥ずかしいとかありませんでした。

そして三浦翔平はめっちゃイケメンでした。でも握力がめっちゃ弱かった…

多分大勢の人と握手して疲れてたんでしょうね。

一人ライブ

三浦翔平の次に今度は「One direction」 にハマりました。

あの世界的に有名なイギリスの歌手グループです(残念ながら解散してしまいましたが)。

そして運よく私がファンになった年に、One directionが日本でライブを行うことになりました。

ここで私はまた、「これは何が何でも行かなくては!!」 ってなったんです。

一番高いVIP席のチケットを取った私は、一人でライブ会場へ出陣しました。

ライブなんて始まってしまえば一人も二人も全く関係ないです。周りの目を一切気にせずに歌いまくりましたよ!

めちゃくちゃ楽しかったです!!

一人ボランティアエキストラ

ボランティアエキストラって知ってますか? 映画やドラマに、無償でエキストラとして出演できるのというやつです。

私は映画が好きなので、その映画の製作される過程というものにもすごく興味があります。

なので、どちらかというと「芸能人に会いたい」 ではなく、「制作現場が見たい」という気持ちで参加しました。

今までに「紙の月」 と「寄生獣」 の映画のボランティアエキストラに参加しましたが、映画好きにとっては映画の制作現場はかなり面白かった!

染谷将太を間近で見れるという、ラッキーな出来事もありました。

一人海外旅行

もともと海外旅行は好きで一人旅もずっとしたいなって思っていたんです。

そして初めての一人旅で台湾に行ってきました。

初めてで不安もあったので、近場で食べ物がおいしくて一人でもなんとかなりそうなところを選びました。

一人旅もめちゃくちゃ楽しかった~!!

やっぱり一人旅って自分の好きなところへ自分の好きに行けるところが最高ですね!

この後もオーストラリアとマレーシアに一人旅で行ってきましたが、どちらも楽しすぎました。

一度やってみると何でもできるようになる

一人遊びって一見ハードル高そうに見えるものでも、一度やってしまえば案外平気だったりするんですよ。

一人で何でもできるようになると本当にすっごい楽なんですよね。

一人で映画とかライブに行けないって言う人、損してると思うんです。

だって、一緒に行ってくれる人が見つからないと行くの諦めるんですよね? そんなのもったいない!!

一度勇気を出して一人でやってみると、その楽しさにハマりますよ!

一人が平気な人は一人の人を見ても何も思わない

「一人で映画とか無理…」って言う人はきっと、一人で映画館に来ている人を見て「寂しい人だな」 とか思ってるんじゃないですか?

自分がそう思うから、自分も一人だったら同じように思われるって思うんだと思います。

でも私は一人でいる人を見ても、何も思いません。自分もいつも一人ですからね。

人って他人のことをそこまで見てないもんですよ。

もし誰かに「寂しい人」って思われたとしても、別にどうでもよくないですか?

私は一人遊びを絶賛おすすめします!