エックスオンザビーチ・シーズン5

エックスオンザビーチ シーズン5・エピソード10(最終話)のあらすじと感想「完全に孤立してしまったメリッサ」

こんにちは。シズです。

イギリスの恋愛リアリティーショー「エックス・オン・ザ・ビーチ」にハマっています。

今回はシーズン5エピソード10(最終話)のあらすじと感想。

エックスオンザビーチを観る方法はこちら

前回のあらすじ

スポンサーリンク

メンバーおさらい

前回ガズの元カノ・メリッサが登場したので、メンバーは15人となりました。

  • ベア
  • リアム(脱落)
  • ガズ
  • ジョーダン(脱落)
  • ホーリー(ジェマの元カレ)
  • アシュリー(ケイリーの元カレ)
  • コナー(ホリーの元カレ)
  • アレックス(シャーロットの元カレ)
  • ジェス(脱落)
  • オリヴィア
  • クロエ(脱落)
  • ジェマ
  • ケイリー(ベアの元カノ)
  • シャーロット(ガズの元カノ)
  • ホリー(ベアの元カノ)
  • リリー(ガズの元カノ)
  • クリステン(ガズの元カノ)
  • エイミー(コナーの元カノ)
  • メリッサ(ガズの元カノ)

メリッサは何があっても自分が一番

メリッサとケンカしたケイリーは、メリッサが孤立するのは望んでいないとケンカのことは水に流して平和に過ごそうと提案。

ところがタブレットの指令によりアシュリーとデートすることになったメリッサは、ケイリーへの仕返しとアシュリーとキスをします。

みんなの元へ戻ってからもメリッサは、「友達の男なら取らないけど友達じゃないから気にしない」と悪気は一切ない様子。

アシュリーとメリッサに何かあったことに気付いたケイリーは、その場を立ち去り一人で大泣き。

いつも何かあるとキレるケイリーですが、このときはさすがにショックが大きかったのかな?

それにしてもメリッサの自己中っぷりはスゴイですね。ここまで来るとある意味尊敬しちゃうかも。

完全に孤立してしまったメリッサ

タブレットに「メリッサはペントハウスで過ごす相手を選べ」と司令。

メリッサがアシュリーかガズかで迷っていると、自分を選ばなかったメリッサに対しアシュリーが、「今日はみんなでペントハウスで過ごそう」と提案してプールへ飛び込みます。

メリッサに反感を持っていた女性陣はアシュリーに賛成し、男性陣もみんなメリッサを置いて全員プールへ。

他人の気持ちを一切考えずに自分の好きなように振る舞っていたメリッサは、最後の最後でメンバー全員からのけ者にされて完全に孤立してしまいました。

自業自得といえばそうなんだけど、誕生日の日に全員から存在を無視されたメリッサはさすがにちょっとかわいそうでした。

ケイリーとメリッサの二人を傷付けたアシュリーも悪い気がするんだけど。

ベアに利用されてしまったエイミー

エピソード1からいろんな女性に手を出してきたベアでしたが、ここに来てようやくエイミーとベッドイン。

ところが欲望が満たされたベアはエイミーをあっさり捨て、本命のリリーに戻ろうとします。

最後の最後でベアに体を許したエイミーは、いいように利用されてしまっただけでした。

ベアみたいな嘘つきで遊び人の男には絶対に簡単に体を許してはダメですね。

エックスオンザビーチを観ていると、「イギリス人女性って簡単に男に騙されてしまうのね…」って思わずにはいられません。

シーズン5は誰も幸せになれず終了

過去の出演メンバーが集まったシーズン5でしたが、残念ながら今回は誰もカップルになることなく終了となりました。

シャーロットとアレックスは上手くいっているように見えましたが、アレックスがシャーロットに失望してまた破局。

アシュリーは懲りることなくケイリーとメリッサを二股。

浮気したりケンカしたりしてもまたすぐに関係が戻っちゃうイギリス人、スゴイですよね…

エックスオンザビーチを観る方法