世の中の気になるコト

納豆は1ヶ月賞味期限が切れても食べれる?実際に食べてみた結果【画像あり】

こんにちは。シズです。

一人暮らしをしていると、ちょくちょく食材の賞味期限を切らしてしまうことがあります。

1週間くらいだったら賞味期限が切れても食べるのですが、1ヶ月となるとさすがに悩んでしまいます。

でもせっかく買った食材を捨てちゃうのってすごくもったいないですよね…

それに納豆ってもともと腐ってるんだし、他の食べ物と違って大丈夫なんじゃないの?なんて思っちゃいませんか?

しばらく食べるかどうか悩んだのですが、納豆は賞味期限が2ヶ月切れても大丈夫という情報を小耳にはさんだので思い切って食べてみることにしました。

今回は実際に食べてみて「味」「におい」「見た目」がどうだったのか、写真付きでレポートします!

スポンサーリンク

1ヶ月賞味期限が切れた納豆の見た目・におい・味

1ヶ月賞味期限が切れた納豆です。

賞味期限は2月16日、これを書いているのは3月18日です。

厳密に言うと、1ヶ月以上切れています。

ふたを開けてみました。

なんかいつもと違うような気もしますが、そこまで大きな変化はありません。

フィルムをはがしてみました。

特に怪しい雰囲気はありません。

においも嗅いでみましたが、特に変わったところはありませんでした。

納豆を混ぜてみました。

混ぜた感じもいつもと特に変わりません。

納豆オムレツにしてみました。

オムレツの下に見える緑色のやつはキャベツの千切りです。

味はというと、まったく問題なく普通に美味しかったです。いつもと変わらない味でした。

賞味期限が切れていない納豆と食べ比べてみたら味の違いが分かるのかもしれませんが、これだけで食べると違いは全く分かりません。

…ということで、納豆は賞味期限が1ヶ月切れていても問題なく食べられます!

納豆はどれくらい賞味期限が切れても大丈夫なのか?

全国納豆協同組合の広報スタッフによると、2ヶ月賞味期限が切れた納豆を食べても問題はなかったとのことでした。

ただ、このスタッフが大丈夫だったからといって、他の人がみんな大丈夫というわけではないと思います。人それぞれ体質とか健康状態が違いますからね。

あと、2ヶ月賞味期限が切れた納豆は、水分がなくなってカリカリになるようです。

明確にこれまでだったら大丈夫!というのはありませんが、常温保存だと3週間くらいでカビが生えるみたいです。

納豆は発酵が進むとアンモニア臭が発生するので、これを食べるかどうかの目安にすることをおすすめします。

アンモニア臭があっても健康上には問題ありませんが、確実に風味は劣りますからね。

納豆は冷凍保存できる!

なんと、納豆は冷凍保存ができちゃいます!

私もこれは知らなかったのですが、ツイッターのフォロワーさんから教えてもらいました。

納豆はパックのまま冷凍庫に入れてもOKですが、におい漏れが気になる方はラップで包んだりジップロックに入れるといいですよ。

冷凍した納豆は食べる前日に冷蔵庫に移して解凍するか、レンジでチンして食べることができます。

レンジでチンする場合はにおいがレンジ内に充満するみたいなので、冷蔵庫で解凍する方がいいかもですね。

冷凍保存した納豆は3ヶ月~半年くらいであれば健康上問題なく食べられるようですが、やっぱりできる限り早めに食べた方がいいと思います。

まとめ

納豆は冷蔵保存してあるものであれば、1ヶ月賞味期限が切れても「味」「におい」「見た目」のどれも問題ありませんでした。

ちなみに私はどちらかというと、胃腸は弱いほうです。

一人暮らしで賞味期限を切らしてしまう可能性があるのであれば、買ってすぐに冷凍保存した方がいいですね。

食べたいときにすぐに食べれないというデメリットはありますが…

賞味期限は多少切れても健康上には問題ありませんが、やっぱり期限内に食べるのがベストです。

私もこれからは気をつけようと思います。

納豆関連の面白い商品

納豆について調べていたら、納豆に関連するいろいろな面白い商品を見つけたのでご紹介します。

納豆が美味しくなる納豆鉢

納豆をかき混ぜる専用の小鉢と混ぜ棒です。

レビューを見ると、本当に納豆が美味しくなったと言っている方が何人かいました。

納豆にかけるお醤油

納豆専用のお醤油です。

納豆はタレで食べる方が多いと思いますが、これで食べるといつもと違う味を楽しめるかもしれません。

レビューについては美味しいと言っている方もいれば、そうでもないと言っている方もいました。

納豆用やくみ

ねぎ、ごま、のり、鰹削り節をひとまとめにしたふりかけタイプの納豆用薬味です。

納豆だけでなく冷奴、そば、うどんなどにも使うことができます。

レビューはいろいろなものに使えるということで、高評価でした。

いつもとは違う納豆の食べ方をしてみるのも面白そうですね。