コラム

足に火傷を負った父が病院に行ってくれない

こんにちは。シズです。

今日実家に帰ると、母から父が足に火傷をしたという話を聞かされました。

「化膿してるのに大丈夫って言って放置している」と母が言うので心配になって父に火傷のことを聞くも、話すのを嫌がる父。

傷を見た感じ、全然大丈夫には見えないのに…

スポンサーリンク

病院に行こうとしない父

父は昔から病院には行こうとしません。現在76歳という高齢の父ですが、私は父が病院に行っているところを今まで一度も見たことがありません。

病院に縁がないのはいいことですが、さすがに今回の火傷は見過ごせません。

傷は足首のちょっと上の方に2つ、1つは5cm×3cmくらいの大きさでもう一つは3cm×1cmくらい。

傷の周りはすでにかさぶたが出来はじめているものの、傷の真ん中はものすごく化膿していて傷も結構深く見えます。

ところが父は、

「深く見えるだけで深くない。自分の体は自分が一番分かる。治ってきてるから大丈夫。」

と言って私の言うことを全く聞いてくれません。

火傷の傷が本当に大丈夫なのかどうか確認するため「よく見せてみて」と言ったら、「心配すんな。うるさい。」と言われました。

普段父は私にすごく優しいので、父が私に声を荒げたりすることはありません。

それなのに今回はちょっとキツめに「うるさい」と言われてビックリしました。

なんでこんなにも火傷の話に触れること、病院に行くことを嫌がるのか私には分かりません…

どうやって父を病院へ連れて行くのがベストか?

「何でそんなに病院が嫌いなん?」

父に聞いてみたのですが、別に病院が嫌いなわけじゃないと返事が返ってきました。

それならますます病院へ行かない意味が分からん!

火傷してたら趣味のウォーキングだってできないだろうし、何よりも傷口が痛むと思うんだけど…

ただ一つ気になるのが、火傷をしたときのこと。

母曰く、お鍋に入っていたスープをこぼしてしまったらしいのですが、こぼしたときに父は自分の火傷に気付かずに床をふいていたそう。

年をとると感覚が鈍くなるとは言うけど、さすがに熱湯がかかって気付かないということはないはず。

もしかしたら痛みを感じないほどの火傷を負ってしまったのかもしれません…

それならなおのこと病院へ連れて行かないと心配です。

父の機嫌を悪くしないように病院へ連れていくには、どうするのがベストなんでしょう…?

火傷を放っておくことのリスク

父が行かないと言うのならそってしておくべきか?とも思ったのですが、何かあってからでは遅すぎます。

父を病院へ連れて行かなかったことで後々後悔するのだけは絶対に嫌です。

ちょっとネットで調べてみたのですが、化膿した傷を放っておくと敗血症や破傷風のリスクがあるようです。

これらは命にかかわる可能性もある病気です。

もし私が父が負った程度の火傷をしたら、間違いなく病院へ行きます。

仮に自然治癒すると考えたとしても、治癒するまでには確実に1ヶ月以上はかかると思われます。

娘のために病院へ行ってほしいというのはワガママなのか?

父は大丈夫って言うけど、私は全然大丈夫じゃないのよね。心配しすぎて落ち着きません。

いっそのこと自分のためにではなく私のために病院へ行ってほしいと思うのですが、これって私のワガママなのでしょうか?

「病院へ行かないのであればもう一生お父さんとは口をきかない」

などの脅迫めいた口実も考えてみたのですが、これを言ったところで父は「それなら別に構わんよ」とか言いそうだし…

そもそもこのような口実で父を病院に連れていくのも嫌だしなぁ…

ちゃんと「分かった」って納得してもらった上で病院へ行って欲しいのです。

「別に長生きせんでもいいし」って言うけど、私は全然良くないし。

父が頑固なことは前から重々分かってはいましたが、こんなとこで頑固にならんといてほしい。