WEBデザイナー

未経験からWEBデザイナーになるための求人の探し方【早いもの勝ち】

こんにちは。アラフォー未経験からWEBデザイナーになったシズです。

WEBデザイナー求人って実務経験が求められることが多いですよね。未経験からWEBデザイナーを目指している人は求人探しに苦労しているかと思います。

そこで今回は、未経験からWEBデザイナーになるための求人の探し方をご紹介します。

「なかなかいい求人が見つからない」「書類選考ですぐに落ちてしまう」という方は、是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

まずはどんな働き方をしたいのか考える

まずは求人を探す前に、「自分はどんな働き方をしたいのか?」をよく考えることをおすすめします。

私も最初にやってしまったのですが、いきなり求人サイトで「WEBデザイナー」とフリーワード検索したり、職種で絞って検索して求人を探すのはNG。

WEBデザイナーとはいっても、選ぶ会社によっては仕事は大きく異なってきます。これを知らずに転職すると、入社した後に「これは私のやりたい仕事ではない…」となってしまう可能性があります。

ガッツリスキルを磨きたいならWEB制作会社

スキルを磨くことを重視したい人、スキルをつけた後にフリーランスを目指したい人はWEB制作会社がおすすめです。

WEB制作会社の特徴

  • いろんなWEBサイト制作に関われる
  • デザインもコーディングも出来る
  • 分からないことがあれば周りに聞ける

WEB制作会社はいろんな会社から受注してWEB制作を行っているので、いろんなWEBサイト制作に関わることが出来ます。

いろんなWEBサイトに関われるということはいろんなデザインに触れることが出来るということなので、作れるデザインの幅もそれだけ広がります。

また、WEB制作会社は小規模の会社がほとんどなので、WEBデザイナーはデザインだけでなくコーディングもやることが多いです。

働く環境としては社員全員がWEB制作に関するスキルを持った人となるので、分からないことがあればいつでも聞くことが出来ます。

WEBデザイナーとしてスキルを磨くには一番適した環境ですが、待遇が良くない場合が多く残業も必ずといっていいほどあるので、労働環境としてはちょっとハードです。

フリーランスを目指す人は最初から期間を決めておき、会社でスキルを身につけたらさっさと独立するのがいいと思います。

待遇を重視するならインハウスデザイナー

インハウスデザイナーとは、企業の中のWEB部門で働くWEBデザイナーです。

インハウスデザイナーの特徴

  • 大手企業で働ける
  • 待遇が良い
  • 残業が少なめ

派遣社員求人の多くは大手企業のWEB部門への配属となるので、インハウスデザイナーで雇用形態にこだわらないのであれば、大手企業で働くことが可能です。

そもそも派遣ってお金がかかるので、派遣社員を雇う時点で人件費に余裕のある大手が多いですよね。

そしてインハウスデザイナーは勤務先が一般企業となるので、待遇面でいうとWEB制作会社より良くなる場合が多いです。

自社サイトの管理なので納期に追われることもなく、残業もその分少なくなります。

休みや残業時間など待遇面を重視したいのであれば、インハウスデザイナー求人がおすすめです。

採用のハードルが低いのはEC運営・管理会社

求人数が多く、一番挑戦しやすいのがEC運営・管理の求人です。

EC運営会社の特徴

  • 待遇は普通
  • 事務業務も含まれる
  • 求められるスキルが低め

EC運営会社の求人は実務経験を求められることが少ないので、未経験でも応募しやすいのが特徴です。

ただその反面、商品管理や顧客対応・商品発送など、デザイン業務以外の事務業務が仕事内容に含まれることが多いです。

事務経験がある人はそのスキルを活かせるので、採用される可能性は高くなります。

制作会社やインハウスデザイナーに比べるとデザイン業務は少なくなると思いますが、スキルに自信がない人やまずは実務経験を身につけたいという人にはおすすめです。

未経験からWEBデザイナーになるための求人の探し方

求人の探し方はいろいろあるので、少しでも早く採用されたいなら積極的にいろんなサービスを使っていくことです。

WEB業界に特化した転職サービスは使っておくべき

WEB業界に特化した転職サービスを使えば、効率的に求人を探すことが出来ます。

WEB業界に特化した転職サービス

WEBデザイナーは専門職なので、未経験からいきなり正社員を目指すのは難しいです。なので雇用形態にかかわらず、派遣求人も視野に入れて転職活動をした方がいいと思います。

ワークポートなら未経験OKの求人もあるので、とりあえずは登録しておいて損はないです。

求人サイトは常にチェックしておく

いい求人を見つけたいなら求人サイトは常にチェックしておくことをおすすめします。いついい求人が出るか分からないからですからね。

ただ毎日毎日チェックするのは大変なので、リクナビNEXTなどで希望条件を登録しておき、それに該当する求人が出た場合に通知されるように設定しておくのがベストです。

また、Find Job!はWEB求人に特化した求人サイトなので、WEBデザイナー求人を見つけやすいと思います。

ハロワに行けば掘り出し物求人があるかも!?

ブラック企業求人が多いとよく言われているハロワですが、もしかしたら掘り出し物求人が見つかる可能性もあります。

WEB制作会社は小さな会社が多いので、採用にそこまで予算をかけることが出来ません。多分。なのでその場合、無料で求人を出せるハロワに求人を出している可能性があります。

そしてハローワークでいい求人を見つけた場合、窓口の担当者に求人について相談することができます。

例えば応募資格を満たしてないけど応募したい場合、応募可能か会社に電話で確認してくれます。

私もハロワに何度か通って求人を探していましたが、WEBデザイナー求人って意外とありました。

ハローワークインターネットサービス

ダイレクトにグーグル検索してみるのもあり

求人サービスを利用してもなかなかいい求人を見つけられなかった場合は、グーグル検索でダイレクトに求人を探してみるという方法もあります。

私は制作会社狙いだったので直接ネットで「〇〇(地名) WEB制作会社」と検索し、制作会社を探しました。

そしてヒットした制作会社のHPを一つ一つチェックし、採用情報から現在採用を行っていないか調べていました。

この方法で求人を検索したら自宅から徒歩圏内のWEB制作会社が求人を出していたのを見つけたので、自宅近くの求人を見つけるにはいい方法かもしれません。(ちなみにこの会社に応募したら書類選考で落ちました…)

求人に応募するときの裏技

人から聞いたり私が実際試していた応募するときの裏技をいくつかご紹介します。知っているだけでも採用される可能性は高くなると思います。

募集が終了している求人にも応募してみる

せっかくいい求人を見つけたのに募集が終わってた…なんてこと、結構あると思います。でも、募集が終わっていても実際はまだ求人募集を行っている可能性があります。

例えば採用者が決まったとしても、その人が採用辞退するかもしれないですからね。ちなみに私も採用者が辞退したおかげで繰り上げ採用してもらえました。

なのでもし募集が終了していたとしても、希望に合う求人なら応募してみた方がいいですよ。

応募資格の年齢は3歳差くらいまでなら大丈夫

応募資格に「30歳まで」と書いていた場合、「私32歳だからダメだわ…」って諦めるのはもったいないですよ。

ぶっちゃけ年齢なんて2、3歳くらいだったらそこまで変わらないし、年齢が過ぎてるというだけで落とされることはないかと思います。

もし年齢以外の条件が希望に合う求人なら、とりあえず応募してみたらいいと思います。

応募するのはタダだからダメ元で応募してみればいい

多少応募資格に満たなくても、ダメ元でも応募した方がチャンスは絶対多くなります。

落ちたら落ちたで別に何もダメージはないし、採用されればラッキーですからね。

なので少しでも早く仕事を見つけたいのであれば、どんどん応募してみたらいいと思います。

WEB業界に特化した転職サービス

こちらもおすすめ