コラムフリーランス生き方

フリーランスの「好きな時間に仕事できる」は案外メリットではない

こんにちは!フリーランスWEBデザイナーのシズです。

私は「好きなときに好きな場所で仕事がしたい」という思いからフリーランスになったわけですが、最近気付いてしまいました。

好きな時間に仕事できるって案外メリットじゃない…

フリーランスってどうしても「自由」なイメージが強いですが、私みたいに自己管理がヘタクソな人間にとってこの自由は結構やっかいだったりします。

今回は「好きな時間に仕事ができること」のデメリットをお話したいと思います。

スポンサーリンク

朝起きるのが遅くなる

フリーランスになると、会社員のように決まった時間に起きなくてよくなります。

寝るのが大好きな私にとってはこの部分はかなり嬉しいことなのですが、毎日好きなだけ寝てしまうとロングスリーパーの私は平気で8時間以上寝ちゃいます。

でもフリーランスだと例え午前中全く仕事をしなかったとしても、午後~夜中にかけて作業すれば別に問題はありません。

なので私は「夜中も作業すればいいし」っていう気持ちで毎日深夜まで作業をし、そうすることで寝る時間はどんどん遅くなり、それに伴い起きる時間もどんどん遅くなっていきました。

なぜか夕方以降にやる気が出る

なんででしょうね?私、午前中って全く仕事する気になれないんですよ。そしてなぜか、夕方以降になると急にやる気が出てくるんです。

夜の10時をすぎるとさらに気持ちがノってきて、気付いたら日付が変わってるなんてことが当たり前になってしまいました。

会社員のときはやる気があろうがなかろうが働かないといけないので働きますが、これって窮屈に思える半面、必然的に生活のリズムが整えられるのでいいことでもあるんですよね。

でもフリーになると全てが自分次第になるので、私みたいに思いのままに仕事してたら生活リズムが崩れまくります。

たったの2週間で完全に夜型人間に

自己管理がヘタクソな私は、フリーランスになって2週間で完全に夜型人間になってしまいました。

寝るのは朝の5時、起きるのは昼過ぎ、食事は一日一食…

こういう生活が続くうちに、身体も心もどんどんしんどくなってきました。

そして1年前に苦しめられたうつの症状が出始めてきたので、さすがにこのままではヤバイと思いました。

会社員のときは「好きな時間に起きて好きな時間に仕事出来たら最高!」とか思ってましたが、本当に思いのまま生活してたら逆にしんどくなります。

規則正しい生活って大事!

放っておいたら10時間とか平気で寝てしまう人間なので、好きなだけ寝れるとはいえ毎日決まった時間にちゃんと起きよう!って思いました。

やっぱり朝起きて夜になったら仕事終了して、その後は趣味の時間を楽しむっていうのが一番体にいい!

寝るの好きだけど寝過ぎたら絶対体ダルくなるし、気分も上がらないし、ダラダラすればするほどうつ症状が出てくる気がする!

会社員のときは毎朝起きて会社に行くのが本当に嫌だったけど、それのおかげで規則正しい生活が出来てたんだなって思った。

当たり前にしていた生活だったから気付かなかったけど、規則正しい生活って本当に大事!

寝る時間と起きる時間、ご飯の時間と働く時間は決めておいた方が良い

自己管理が出来ない私みたいな人間の場合、好きなように生活してたら夜更かし・朝寝坊・ご飯を抜く・延々作業するという最悪な生活リズムになってしまいます。

私は睡眠欲がめちゃくちゃ強いのに食欲はそんなにないので、寝る時間めっちゃ多くてご飯はほとんど食べないっていう病人みたいな生活になってました(笑)

だから自己管理のヘタクソな人間は、最低でも「寝る時間」「起きる時間」「ご飯の時間」「働く時間」は決めておいたほうが絶対良い。

私もさすがに反省したので、今日から意識して生活することにします。

とりあえず夜は12時までに寝る!朝は遅くても9時までには起きる!ご飯は一日3食しっかり食べる!!

毎朝起こしてくれてご飯作ってくれる人がいたら最高やのにな~