フリーターからの就職

フリーターからでも就職しやすい職種と仕事の見つけ方【具体例】

「フリーターでたいしたスキルがなくても就職できる職種って何だろう?未経験でも就職できる職種が知りたい。」

フリーターから就職するとなると、「自分にも出来る仕事ってあるのかな?」って心配になりますよね。

そこで今回は、フリーターからでも就職しやすい職種と仕事の見つけ方をご紹介します。

私は高卒で29歳までフリーターをやっていましたが、30歳のときに就職しました。その後も何度か未経験職種に転職しているので、この経験をもとにお話します。

スポンサーリンク

フリーターからでも就職しやすい職種

結論から言うと、サービス職と営業職が一番採用されやすい職種かなと思います。

スキルなし・未経験でも就職しやすいのはサービス職と営業職

サービス職の中でも販売・接客系はフリーターからでも就職しやすいです。

販売や接客の仕事は専門的なスキルや知識が不要なので、職歴や学歴が問われることはほとんどなく、未経験でも採用のハードルはかなり低いです。

販売や接客職はアルバイトから正社員になる方も多いですよね。

ただ、就職しやすいとはいえデメリットもあります。

サービス職のデメリット

  • 立ち仕事が多い
  • 土日祝が休みにくい
  • シフト制で夜勤務がある

スキルがあまり必要とされない分こういったデメリットもあるので、これを踏まえて自分に合うかどうかを検討するのがいいと思います。

そしてサービス職以外でフリーターが就職しやすい職種が営業職。

営業職は求人サイトなんかでも常に求人がありますし、未経験OKの求人も多いです。

営業職は向き不向きが大きく出るので、向いてないと精神的にキツイかもしれません。実際離職率の高い仕事でもありますしね。

ただ営業職は稼ぎやすい仕事ではあるので、バリバリ働いてお金を稼ぎたい!っていう人は挑戦してみてもいいと思います。

不動産の営業なんかは売る商品が高額なので、20代でも年収1千万くらい稼いでいる人はいっぱいいます。

未経験でもスキルがあれば就職できるのはIT職

スキルがあれば学歴や職歴にあまり関係なく就職できる職種がIT職です。具体的な職種でいうと、WEBプログラマーやWEBデザイナーですね。

IT職の場合、職歴がなくても独学でスキルや知識があったり、自分でWEBサイトやアプリを作った実績があれば採用してもらえることがあります。

WEBプログラマーやWEBデザイナーの知識やスキルは独学でも習得しやすいので、独学未経験から就職する人が多い職種です。

IT職を狙うメリットは、需要が多い(求人数が多い)ということと、稼ぎやすくフリーランスにもなりやすいというところです。

ちなみに私も現在はフリーランスWEBデザイナーとして働いています。29歳までフリーターだった私でもフリーランスになれたので、目指しやすい職種ではあると思います。

参考

フリーターでも応募できる未経験OK求人はいっぱいある

フリーターでアルバイト経験しかないと、「正社員になるのは難しいかな?」って不安になると思いますが、実際はフリーターでも応募できる未経験OKの求人はいっぱいあるので大丈夫ですよ。

さすがに「40歳でフリーターです」となると難しいかもしれませんが、20代ならまだまだチャンスはたくさんあります。

私のようにフリーターから就職した人なんていっぱいいますし、誰だって最初は未経験からのスタートなので、フリーターでアルバイト経験しかないということをそこまで気にする必要はありません。

アルバイト経験だって職歴には変わりないですからね。

フリーターから就職するときの仕事の見つけ方

フリーターでも就職できるチャンスはいっぱいあります。

ここでは就職するにあたり、具体的にどのように仕事を見つけたらいいのかということをお話します。

とりあえず未経験OKの求人に応募する

「やりたいことは明確に分からないけどフリーターを卒業して就職したい!」という人は、とりあえず未経験OKの求人に応募してみるといいと思います。

未経験OKの求人の探し方ですが、フリーター向けの就職エージェントを利用するのが一番効率的です。

フリーター向けの就職エージェントで扱っている求人は未経験OKの求人が中心で、就職ShopDYM就職では書類選考なしで面接へ進むことができます。

ぶっちゃけ自分でイチから就職活動をするとなると結構めんどくさいので、就職エージェントを上手く利用してサクっと就職先を決めちゃうのが一番ストレスがないと思います。

フリーター向けの就職エージェント

まずは派遣社員・契約社員からチャレンジしてみる

「フリーターからいきなり正社員になるのはちょっと不安」という方は、派遣社員や契約社員からチャレンジしてみることをおすすめします。ちなみに私も最初は派遣社員からのスタートでした。

派遣社員のいいところは、自分と企業との間に派遣会社が入ってくれるというところ。

仕事の紹介をしてくれた後は派遣会社の担当者が面接に付き添ってくれ、就業開始後も定期的に問題がないか様子を聞いてくれます。

派遣会社が自分と企業とのクッション役になってくれるので、正社員で入社するよりも精神的なハードルは下がると思います。

派遣社員はアルバイトと同じく非正規雇用とはなりますが、社会的信用や職歴という面ではアルバイトよりも優遇されやすく、その後の転職もしやすくなります。

スキルをつけて専門職を目指す

「専門スキルを身につけて手に職つけたい!」という人は、フリーターしながらスキルを身につけてスキルを習得した後に就職先を探すといいと思います。

専門スキルを身につける方法ですが、主に3つあります。

  • 職業訓練に通う
  • スクールに通う
  • 独学する

職業訓練は無料でスキルを学べるところが魅力的ですが、問題は「平日は学校に通わないといけない」ということです。なのでフリーターで週5で働いている人はちょっと難しいですね。

スクールに通うという方法は、オンラインスクールを選べばフリーターとして働きながらでも通うことが出来ます。効率的に学習できるのでおすすめの方法ではありますが、お金がかかるのがデメリットですね。

今であればプログラミングやWEBデザインが学べるTechAcademyCodeCampが人気のオンラインスクールです。

オンラインスクールは10万~30万くらい費用がかかりますが、無料体験も実施しているので気になる方は受けてみるといいと思います。

お金がかからない方法としては独学となりますが、スキル習得に時間がかかるというのがデメリットです。あと、どこからどこまで勉強すればいいのかということも分かりにくいです。

専門スキルとまではいかないけど基本的なパソコンスキルを身につけたいという方は、派遣会社のスキルアップ研修がおすすめです。

派遣会社に登録さえすればスキルアップ研修は無料で受講できるので、独学やスクールに通うよりも便利ですよ。

私も登録しているマンパワーはオンラインで受講できるパソコン研修やWEBプログラミング研修があります。

マンパワー公式HP

こういった無料のサービスを利用するのが賢いかもですね。

仕事選びに失敗してもまたやり直せるから大丈夫

フリーターから就職するとなると、「ブラック企業に入ってしまったらどうしよう」って不安になると思いますが、最悪失敗したとしてもやり直せるから全然大丈夫ですよ。

私は30歳のときにフリーターから就職しましたが、その後30代で5回も転職しました(笑)

中には半年で辞めちゃった仕事もありますが、それでもその後また転職できたので、一度くらい…というか、ぶっちゃけ何回失敗してもまたやり直せば全然問題ないです。

就職した会社や仕事が自分に合わなかったらと心配しているのであれば、辞める前提で就職したらいいと思います。

今の時代、一つの会社で定年まで勤めるという方が珍しいですし、転職をくり返すことでスキルアップや年収を上げている人はいっぱいいます。

だからとりあえずは自分の興味のある職種、もしくはできそうな職種にチャレンジしてみて、合わなかったらまた別の道を探せばいいと思いますよ。就職して得たスキルや経験は後々絶対使えますからね。

フリーター向け就職エージェント