就職・転職英語学習

英語が出来なかった私が英語を使う仕事に転職できたワケとその方法

Hello everyone! I’m Shizu.

こんにちは。英語ペラペラのシズです…ウソです。英語がちょっと話せるシズです。

英語が話せたらカッコいいですよね!でも英語を習得するのって難しいですよね…

私はコツコツ勉強したり努力したりするのが苦手というか嫌いなので、「何か効率的に英語を身に付けられる方法はないかな~」ってずっと考えていて、

そんなときに「そうだ!英語を使う仕事に転職しよう!」と思いついたわけです。

恐らく多くの人が「英語が出来ないなら英語を使う仕事に就職するのは無理」って考えていると思いますが、実は全然そんなことないんですよ。

実際私は英語が出来ないのに英語を日常的に使う「留学カウンセラー」という仕事に就職できました。

ということで今回は、英語が出来なかった私が英語を使う仕事に転職できたワケとその方法をお教えします。

スポンサーリンク

出会いのチャンスは逃さない!

就職や転職ってなると、求人サイトや転職エージェントを思い浮かべる人がほとんどだと思います。

でも転職のチャンスって以外といろんなところに転がっていたりします。

その一つが、人との出会い。

私の場合、たまたま参加したイベントに留学エージェントの採用担当者の方がいて、話を聞いてるうちにその仕事に興味を持ったので思いきって聞いてみました。

「今って採用とか行ってないんですか?」

そしたらたまたま人を募集しているということだったので、後日面接をしてもらうことになりました。

自分の願いを叶えてくれそうな人物に出会ったら、ダメ元でもアタックしてみた方が絶対いいですよ。

ハッタリもときには大事

面接では当然英語力について聞かれたのですが、私はこう答えました。

海外旅行で困らないレベルです。

こう聞くと日常英会話程度なら出来るのかな?なんて思われるかもしれませんが、そのときの私の英語力はせいぜい「ハロー」「サンキュー」「グッバイ」が言える程度でした。

でもね、これだけしか話せなくても海外旅行には困らないんですよ。

だから「海外旅行で困らないレベル」というのは別にウソじゃないんです。相手がどう取るかは別として。

いくらハッタリをかましても入社したら英語力の低さはバレますが、そのときは頑張って英語力を伸ばせばいいだけ。

仕事の中で絶対英語力を伸ばしてやるぞ!という意気込みだけはあったので、入社した後のことはそこまで心配してませんでした。

コミュニケーション力は一番の武器になる

英語力は海外旅行で困らないレベルと答えた私でしたが、幸いそれ以上ツッコまれることはなく話は海外旅行のことに。

「最近はどこか行かれましたか?」と聞かれたので、「フィリピンのボラカイ島に行きました。」って答えたんですが、なんと偶然にも同じ時期に面接担当者の方もボラカイ島に行かれてたんです!

同じ時期にボラカイ島に行ってたとか、話が盛り上がらないはずがありません。だって、ボラカイ島ですよ!ハワイとかグアムとかならまだしも、ボラカイ島なんて普通被らないでしょ。

私が「ボラカイ島に~」って答えた瞬間、「え、ウソ~!私も行ってた~!!」って返事が返ってきて、そのときに「あ、これ多分受かったな」ってちょっと思いました。

その後はその場のノリで世間話的な感じで旅行の話で盛り上がり、英語力やスキルのことはあまり聞かれずに面接は終わりました。

結局のところ採用担当者も人間なわけで、スキルが多少足りなくても自分や会社と合いそうな人だったら採用してもいいかな?ってなると思うんです。

だから英語力の低さはコミュニケーション力で十分カバー出来ます。

なんだかんだ、コミュニケーション力って一番の武器になると思います。

英語を使う仕事をしていたら自然と英語力が身につく

入社して半年くらいまでは英語でかなり苦戦しましたが、人に聞いたり他の人の英文メールを読んだりしているうちによく使う英語表現などがだんだん分かってきて、それらを使い回しているうちに少しずつ英語が使えるようになっていきました。

英語って勉強するとか習得するっていうよりも、慣れなんだなってこのとき思いました。

入社して1年経ったときには、仕事に支障がないくらいの英語力が自然と身に付いていました。

英語って独学だと相当勉強しないと習得は難しいと思うのですが、仕事で日常的に使ってたら普段は一切勉強しなくてもある程度の英語力は身につけられます。

英語を使わなければいけない環境に身を置くと英語力が上がるとはよく言いますが、これはホント。

簡単に英語力を測定するならCASECがオススメ

英語力を測るテストといえばTOEICがメジャーですが、TOEICって受験料が5,000円以上かかるし試験時間が2時間もあるし、試験会場まで受験しに行かないといけないのがちょっと面倒なんですよね。

そんなときにオススメなのが、CASEC(キャセック)という日本英語検定協会が開発したPCで自宅から受験出来る英語コミュニケーション能力が測定できるテスト。

私も過去に何度か受験したことがあるのですが、24時間365日いつでも自分が受験したいときにすぐに受験できるのですごく便利です。

受験時間も4、50分程度ちょうどよく、テスト終了後には結果をすぐに見ることが出来ます。

テスト結果には英検やTOEICの目安スコアも「英検2級」「700点」等と表示されるので参考になりますよ。

ちなみに私は転職時にCASECの点数を履歴書に書いたこともあります。

何もないよりかは少しでもアピールできるものがあるだけでも全然違いますからね。

外資系企業への転職を狙うのもアリ

英語を使うといえば外資系企業。私も過去に外資系企業への転職を狙って転職エージェントを利用したことがあります。

私が利用したのはJAC Recruitmentという転職エージェント。残念ながら希望に合う仕事は見つからなかったのですが、カウンセラーの方がすごく丁寧に対応してくれました。

登録すると無料で応募書類の添削やキャリアサポートが受けられるので、これだけでも十分利用価値はありました。

ただ外資系企業の求人は東京に集中しているようなので、それ以外の地域は求人数が少なくなるようです。

英語力に自信がなくても挑戦してみる

英語を使う求人には応募資格として「TOEIC◯点以上」等と書かれている場合も多いですが、例えこれに満たなかったとしても興味のある求人なら挑戦してみるといいと思います。

もしその求人への応募が少なかった場合などは、運良く面接に呼んでもらえるかもしれません。

最初から無理って諦めるよりも、とりあえずで何でも挑戦してみるとそれだけ転職できるチャンスも多くなりますよ。

ちなみに私が留学カウンセラーへ転職したときは32歳のときで、他の社員さんはほとんどが20代で年下でした。

30代からでも十分挑戦できるので、興味があるなら是非挑戦してみてはいかがでしょうか。