就職・転職生き方

会社員やってて良かった!実際役に立った会社員時代に得たスキル7つ

こんにちは。今日からフリーランスとなったシズです。

フリーランスって最近特に注目されてて、目指している人も多いですよね。

じゃあフリーランスってどんなスキルを持ってると有利になるんでしょうか?

そこで今回は、私がフリーランスになるにあたって「このスキル持ってて良かった!」と実感した会社員時代に得たスキルを7つご紹介します!

フリーランスを目指すか就職するかを悩んでいる学生さんは、是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

①ビジネスマナー

ビジネスマナーは知っておいて損はありません。ただ、中にはめんどくさいものもあるので基本的なことさえ押さえておけばオッケー。

フリーになるとはいっても、完全に一人で仕事をするわけではありません。

仕事を誰かから受注する限り、その依頼者とのやり取りは必ず発生します。

どれだけ素晴らしいスキルを持っていたとしても、ビジネスマナーを知らなければまず相手に信用してもらえません。

クライアントとのコミュニケーションをスムーズに行うためにも、ビジネスマナーは必須です。

この点、私は会社員を経験したおかげで自然と身に付いたので会社員やってて良かったなって思います。

②タイピングスキル

パソコンを使用する仕事である限り、タイピングスピードは早いに越したことはありません。

実は私、30歳までタッチタイピング(ブラインドタッチ)が出来なかったのですが、自動車保険のカスタマーサポートで働くことでタイピングスキルを身に付けました。

カスタマーサポートの仕事は、お客さんと電話で話しながらタイピングしなくてはいけません。そして入力には正確さも求められます。

この仕事のおかげで、タイピングの正確さとスピードを身に付けることができました。

タイピングスキルはその後、どんな仕事をしていても役に立つなぁと実感しています。

ちょっと腕試しに「e-typing」というサイトでタイピングチェックをしてみたのですが、こんな結果が出ました。

まぁまぁ早いほうなんじゃないかなーって思っています。

③メール・電話対応スキル

電話対応はカスタマーサポートの仕事通じて、メール対応は留学カウンセラーの仕事を通じて身に付けました。

今ではメールやチャット機能を使ってやり取りすることが多いと思いますが、ここでも言葉の使い方一つで相手に与える印象って随分変わってきます。

もしクライアントが企業の場合はなおさら、メールの文章一つでこちらの信用も大きく変わります。

こういう基本的なスキルってあまり注目されることはありませんが、何気に一番大事なスキルなんじゃないかなって私は思います。

私は電話を受けることもかけることにも全く抵抗がないので、この部分はどんな仕事をしていても役に立ちました。

④事務スキル

何気にめっちゃ役に立つのが事務スキル。

オフィスワークであれば、ワードやエクセル・パワポなどを使う場面はよくあります。特にエクセルは本当によく使います。

ちなみにWEB制作会社でもエクセルは情報の管理等でよく使っていました。

見積書や請求書もエクセルファイルで作成したりするので、どんな職種でも幅広く使えるスキルの一つです。

フリーランスになると自分で請求書を作成しなくてはならなくなるので、会社員時代にこの経験をしているとかなり楽です。

⑤営業スキル

営業経験は一番役に立つスキルではないでしょうか?

これも留学カウンセラーの仕事を通じて身に付けました。

営業ってどうしてもしんどいイメージが有り、「営業だけは絶対にやりたくない!」っていう人も多いと思います。

でも営業って言ってもいろんな仕事があって、自分の興味のある分野だったら結構面白いんですよ。

私は「海外留学」という商品を売る仕事でしたが、自分自身が海外に興味を持ってて、しかも自分が本当にいいと思っていた商品だったので仕事はやりがいがありました。

このときの経験はWEBデザイナーになってからのディレクション業務にも役立ったし、今後フリーランスとして活動するにも必須のスキルだなと思っています。

⑥英語スキル

これも留学カウンセラー時代に身に付けました。っていうか私、今思えば留学カウンセラーを通じていろんなスキルを身に付けたなぁ…

ただ厳密に言えば、英語力よりも役に立っているのは英語でのコミュニケーション力。

私は留学カウンセラーになったとき英語はほとんど出来なかったので、自分の英語力でどう相手に自分の言いたいことを伝えるかということを毎日考えていました。

そうして毎日仕事をしていると、1年後には仕事で使う英語には全く困らなくなりました。

英語がある程度分かるようになると、英語を使わない仕事でも役立つ場面がたくさんあります。

一番のメリットは得られる情報が増えるということかな。

ネットで何かを調べるときも日本語だけで調べるより、英語で調べた方が情報量は断然多いです。

日常会話レベルの英語であれば独学でも十分に習得できますが、何より継続するのが難しいんですよね。

その点、仕事をしながら英語力を付けられたのはラッキーだったなと思います。

⑦コミュニケーションスキル

これも本当に大事ですよね!これさえあれば何とかなるんじゃないかってくらい大事。

私は今まで転職を15回以上繰り返してきたので、いろんなタイプの人と一緒にお仕事をしてきました。

いろんな人と仕事をしているうちに、タイプ別の攻略法もなんとなく分かってきました(笑)

社会人としてのコミュニケーションスキルってやっぱり、会社で働く中で磨けるんじゃないかなって思うんです。

一人で完結する仕事じゃない限り、コミュニケーションスキルって絶対必要ですよね。

日本社会では転職回数が多いのはネガティブに取られがちですが、私は転職をいっぱいしていろんな職場を経験して良かったなって思っています。

お金もらいながらスキルを磨けるのは会社員の特権!

パソコンスキルもWEBデザインスキルも英語スキルも独学で身に付けられるものばっかりです。

でも独学だと時間がかかるし、モチベーションの継続も難しいし、教材費とかもかかっちゃいます。

これが会社で働くと、お給料をもらいながらスキルを身に付けられるのです!

コレって何気にめっちゃお得だと思うんですよね、私。

実務をやりながらだと短期間で習得できるし、独学に比べてより多くのことを学ぶことができます。

だから私は、この会社員の特権ってどんどん使って行った方がいいと思います。

会社で消耗するか何かを得るかは、結局のところ自分次第なんですよね!

でも安心してください。どんなに役に立たそうな仕事や作業であったとしても、絶対にその経験は将来役に立ちます。

私は全然違う業種、職種の仕事をして来ましたが、結果的に経験したことは全て役に立っているなと実感しています。