英語学習

【ハロートーク】自己紹介の書き方と英語例文【初心者もこれで安心】

こんにちは。元夫はアメリカ人のシズです。

言語交換アプリのハロートークは、英語を勉強するのに便利なアプリです。

無料で利用できるので気軽にダウンロードした方も多いと思うのですが、実際使うとなると「自己紹介ってどんな風に書いたらいいんだろう…」って悩みますよね。

そこで今回は、自己紹介の書き方と英語初心者の方のために英語例文をご紹介します!

まだ何も書いてない人、とりあえずで適当に書いてしまった人、この自己紹介はいいパートナーを見つけるのにすごく大事な部分なので、是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

自己紹介には何を書けばいいの?

あなたがハロートークで話したいと思う外国人ってどんな人ですか?

やっぱり自分と趣味が合う人や、話してて楽しい人を見つけたいですよね。

自分と気が合う人を見つけたいなら、自分の趣味や好きなことを自己紹介に書きましょう

そうすれば、それに興味のある人からメッセージが届く場合があります。

それから、英語を勉強しようと思ったきっかけや理由を書くのもおすすめです。

日本語を勉強している外国人の人って、何がきっかけで日本語に興味を持ったのか気になりませんか?

あなたが気になるのと同じように、「何で英語を勉強しようと思ったんだろう?」と外国人の方も思っています。

このきっかけや理由って趣味や好きなことに通じることが多いので、あなたがどんなものに興味を持っているのかということを、相手に知らせることができます。

ちなみに私が自己紹介に書いていることはこんな感じです。

  • 名前(ニックネーム)
  • 趣味
  • 英語を通じて何がしたいか
  • ハロートークで何がしたいか
  • どんな人と話したいか

「英語を通じて何がしたいか」は、「世界中に友達を作りたい」ということ。

「ハロートークで何がしたいか」は、「英語は話せるけどまだ十分じゃないのでスキルアップしたい」ということ。

「どんな人と話したいか」は、「オープンマインドで話せる人」ということを書いています。

あなたが言語パートナーを見つけようと思ったときに、「どんなことが自己紹介に書かれていたら興味を持つか」ということを基準に書く内容を決めるといいですよ。

自己紹介の書き方と英語例文

書く内容が決まったら、さっそく自己紹介欄を編集しましょう!

ここで英語で書くか日本語で書くかということを悩むと思いますが、私は英語で書くことをおすすめします。

なぜかというと、英語で書いた方が「英語を勉強したい!」という気持ちを見せれるし、自分が外国人の人の自己紹介を見たときに日本語で書かれていた方が親しみを持てるからです。

日本語を勉強している外国人が日本語の自己紹介文を書いていたら、なんだか親近感が湧きませんか?

例え日本語が間違っていたとしても、「一生懸命頑張って書いたんだな」って好印象を持ちますよね。

「英語初心者だから英語で書くのはちょっと無理…」という方も大丈夫!

そんな方のためにいくつか英語の例文をご紹介します。

趣味や好きなことを書くときの英語例文

趣味や好きなことは「I like~」を使いましょう。例えば、

I like travelling.(旅行が好きです)

という感じ。大好きなことであれば、likeの代わりにloveを使うのもアリです。

趣味や好きなことに関する英語表現を下記にいくつか挙げておきますので、参考にしてみてくださいね。

  • reading(読書)
  • watching movies(映画鑑賞)
  • waking(散歩)
  • listening musics(音楽鑑賞)
  • shopping(買い物)
  • taking pictures(写真を撮る)
  • sweets(甘いもの)
  • talking(おしゃべり)
  • cooking(料理)
  • travelling abroad(海外旅行)

英語を勉強しようと思ったきっかけの英語例文

英語学習のきっかけを書く場合、「because」を使うといいですよ。例えば、

I started to study English because I want to travel abroad.
(海外旅行をしたいから英語の勉強を始めました。)

という感じ。

「because」の後ろの部分を自分のきっかけに変えればOKです。「I want to~」を使えば、「~したいから英語の勉強を始めた」となります。

この部分で使えそうな英語表現も下記にいくつか書いておきますので、参考にしてみてください。

  • make a lot of friends(友達をたくさん作る)
  • watch movies(dramas) in English(英語で映画(ドラマ)を観る)
  • work abroad(海外で働く)

英語の自己紹介文例

最後に参考として、英語の自己紹介例文をご紹介します。

部分部分、自分のものに置き換えて使ってみてくださいね。

I’m Shizu from Japan.
I started to study English because I like travelling abroad.
I want to make a lot of friends all over the world.
I also like reading,walking and cooking.
I’m not good at English so much but feel free to message me.

私は日本出身のシズです。
海外旅行が好きなので英語の勉強を始めました。
世界中にたくさん友達を作りたいです。
私は読書、散歩、料理も好きです。
英語はあまり得意ではありませんが、気軽にメッセージください。

※「feel free to」は「気軽に」という意味です。

自己紹介文は結構大事!

このアプリは無料で利用できるので、残念ですが中には言語学習が目的ではない人もいます。

私も何人かの外国人とハロートークで話しましたが、ナンパ目的の人もちょくちょくいました。

真面目に勉強している人はこういう人たちを警戒しているので、自己紹介文をしっかり書いておかないと相手にしてもらえません

逆に自分がパートナーを探すときも、相手の自己紹介はしっかり確認してくださいね!

自己紹介を書いていない人全員が悪い人というわけではもちろんないのですが、やっぱり書いてある人の方が信用度が高いです

モーメンツも投稿している人の場合は、その内容もチェックするとよりその人のことが分かりますよ。

もしナンパ目的の人を避けたいのであれば、自己紹介文に下記を補足しておくといいと思います。

I’m not interested in romantic relationship.
(恋愛関係になることには興味がありません。)

これを読んでいる人の中には、恋人探し目的でハロートークを利用しようと思っている人もいると思います。

でもそういうことが目的であったとしても、いい人を見つけたいなら出会い目的の外国人よりも、勉強目的の外国人の方が狙い目ですよ。

出会いを求めている外国人のほとんどは、恋愛目的ではなく体目当てなので十分に気を付けてくださいね。

出会い目的なら婚活サイトの「マッチ・ドットコム 」がおすすめです。

無料で男性会員のプロフィールを閲覧できるので、お目当ての外国人がいるかどうか検索してみるのも面白いと思います。

自分の現在の英語力を簡単に調べる方法

英語を勉強していると、自分の英語力がどれだけ伸びたのかって気になりますよね。

そんなときにオススメなのが、PCで24時間いつでも受験できるCASECというテスト。

英検やTOEICの目安スコアも出してくれるので、これらを受験しなくても自分の英語力を簡単に調べることが出来ますよ。