自宅ヨガ

自宅ヨガが続かない初心者がやるべきこと・続けるコツ【効果保証】

「お風呂上がりや寝る前に自宅でヨガをやろうと思ったけどなかなか毎日できない…」
「自宅でヨガを無理なく続けられる方法が知りたい」

こんな方のために今回は、自宅ヨガが続かない初心者がやるべきこと・続けるコツをご紹介します。

私は基本的に飽き性で三日坊主なので、自宅ヨガが続かないという気持ちはよく分かります。私も実際によくサボってしまったりやらない期間が長くなったりすることもありました。

それでもヨガは1年以上継続してるし、いろんな効果も実感しています。

ヨガは続けると嬉しいメリットがたくさんあるし、効果もそれだけ実感できるので体質やスタイルを変えたいという人は是非これを読んで改めて挑戦してみてくださいね。

スポンサーリンク

初心者が自宅でヨガをやっても続かないのは当たり前!?

ヨガ経験のない人がいきなり自宅でヨガを始めたとしても、続けられる人はほとんどいません。それには理由があります。

そもそも正しいヨガのやり方が分からない

ヨガって聞いたら何となくはどんなことをやるのか想像はつくと思いますが、誰にも教わらなかったら何から始めたらいいのかや大事なことなど、そもそも「正しいヨガのやり方」が分かりません。

Youtubeを見れば初心者向けのヨガ動画がたくさん出てきますが、細かい動きや呼吸法などが丁寧に解説されている動画はないので、どうしても見よう見まねで動くしかありません。

何となくでヨガをやっていると、「これで本当に効果が出るのかな?」って不安になるし、効果を実感できなければ続けるモチベーションはなくなっちゃいますよね。

ヨガ経験者の私から言わせてもらうと、ヨガをやったことのない初心者が自宅で正しくヨガを行うことはほぼ不可能だと思います。

間違った方法でヨガをすると体を痛める

正しいやり方を知らずに見よう見まねでヨガをやっていると、体を痛めてしまう可能性が高いです。

特に体の硬い人は可動域が狭いので、ちょっとでも無理をするとすぐに体を痛めてしまいます。

体を痛めたらヨガを続けることは出来なくなるし、一度痛い思いをすると「ヨガ=痛い」というのが自分の中に植え付けられるので、ヨガをするのが苦痛になります。

一度ヨガを苦痛と思ってしまうと、続けるのは難しくなります。人間誰だって苦痛を伴うことなんてやりたくないですからね。

体の硬い人が無理をすると痛いだけ

ヨガ初心者はヨガポーズを取るのに必死になるので、体の硬い人も完成形のポーズを目指そうとします。でも体の硬い人が完成形のポーズを目指してしまうと、体に負担をかけて痛くなるだけです。

体の硬い人は補助アイテムを使用したり痛くならないように工夫すれば痛みを伴うことなくヨガを行えますが、初心者はその方法を知らないので痛みの伴うヨガしか出来ません。

そうなると最初の段階で「ヨガは辛い」と思ってしまうので、続けられなくなります。

そもそもヨガの目的はヨガポーズを行うことではないですからね。

めんどくさいとついサボってしまう

ヨガをやらないことで生活に支障が出るわけではないので、めんどくさいと思ったらついサボってしまいます。これはヨガでなくてもストレッチやランニングなども一緒ですよね。

朝やろうと思っても忙しくてやる時間を確保できなかったり、寝る前にやろうと思っても眠いから忘れてそのまま寝てしまったり、一回忘れちゃうと「やっぱり私はダメだ。続けられない…」とすぐにあきらめてしまいます。

完璧主義の人ほど自分に厳しすぎるので、一度サボると「もうダメだ」と止めてしまう人が多いです。

自宅ヨガが続かない初心者がやるべきこと・続けるコツ

自宅ヨガを続けるには「正しいヨガのやり方を知る」「無理をしない」「ヨガを習慣化する」という3つのことが大事です。

最初の3ヶ月くらいはヨガスタジオに通ってヨガに慣れる

ヨガ初心者の人は、最初の数ヶ月はヨガスタジオに通ってヨガの基本を学ぶべきです。

3ヶ月くらいヨガスタジオに通えばヨガの基本は分かるし体もある程度柔らかくなるので、自宅ヨガも無理なく行えるようになります。

そしてヨガスタジオはお金がかかるので、一度払うとなんとしてでも通おうとします。

私は月額1万くらいの通い放題プランを選んでいたので、少しでも多くレッスンを受けないと損だと思って会社帰りや休みの日など、週に5回くらいヨガスタジオに通ってました(笑)

週5でヨガスタジオに通うと効果を実感するのも早く、3ヶ月後は他の生徒さんから「体めちゃくちゃ柔らかいですね!」と驚かれるくらいまで柔軟性が上がりました。

ヨガスタジオはお金がかかるから自宅でヨガをしたいという場合でも、最初の数ヶ月だけはヨガスタジオに通って基本的な知識と体を作っておいた方がいいですよ。

参考

モチベーションを上げるためにヨガウェアを買う

私はヨガを始めて結構すぐにヨガウェアを買い揃えました。ヨガウェアとは言ってもネットで購入できる数千円程度のものです。

いわゆる「形から入る」というやつですが、これが結構ヨガを続けるモチベーションになったなと今では思っています。

自宅でヨガをやるならウェアにこだわる必要はまったくないのですが、ヨガウェアを着ると「よし、やるぞ!」みたいに気分が上がるので、効果は少なからずあると思います。

ヨガスタジオと同じように「お金をかけたんだから続けよう!」という風にもなるので、続けるために初期投資をするというのは割と効果的ですよ。

参考

無理なくヨガが出来るように補助アイテムを使う

体が硬くて上手くヨガポーズが出来ないという人は、補助アイテムを使うとすごく楽になりますよ。

私はヨガブロックとヨガベルトをよく利用しています。

あぐらをかくのが辛いときはお尻の下にブロックを敷いたり、ヨガポーズの完成形が出来ないときにも補助アイテムを使って練習しています。

ヨガブロックとヨガベルトなら1,000円ちょっとで買えるので、初期投資としては全然負担にならないと思います。

毎日決まった時間にヨガを行う

ヨガを続けるコツはヨガを習慣化することなので、「空いた時間にやろう」ではなく、毎日決まった時間に行うのが効果的です。

毎日決まった時間にやっているとヨガをその時間にやるのが習慣になるので、やらないと気持ち悪くなります。

ただヨガは食事をした後すぐにはやらない方がいいので、やるなら食事前や食事後2時間以上経ってからにしてくださいね。

私はご飯を食べると動きたくなくなるので、いつもご飯を食べる前にヨガをやっています。

1日5分や週3回でもOK。とにかくマイペースに行う

ヨガを続けるとはいっても1日5分や週3回でも全然OKです。続けるにはとにかくマイペースで無理のない範囲で行うことが一番大事。

例え1日ヨガをやるのを忘れたりサボってしまったとしても、「また明日から頑張ろう」でいいんです。「1日1時間必ずヨガをやる」と決めてしまうと続けるハードルが高くなっちゃいますからね。

しんどいとかめんどくさいって思ってしまうとどうしても続けられなくなってしまうので、ヨガは楽しく気楽に行うのがおすすめですよ。

ちなみに私もよくサボっちゃいます(笑)

ヨガを続けると嬉しいメリットがたくさんある!

正しいやり方でヨガを続けると確実に効果を実感できるし、嬉しいメリットもたくさんあります。

例えば私の場合、冷え性が改善されたり体が柔らかくなったり、ヨガをやってるおかげでスタイルもキープ出来ています。

アラフォーですが、お腹周りは結構スッキリしています。

ヨガをやるとインナーマッスルが鍛えられるので、脂肪を燃焼しやすく太りにくい体質にもなりますよ。

そしてヨガを続けていると、最初は到底不可能に思えた難易度高めのポーズも出来るようになります。

ヨガを始めてからいいことがいっぱいあったので、ヨガが続かないと挫折してしまった人も是非この機会にもう一度チャレンジしてみてくださいね。