ヨガ

ホットヨガを始める前に知っておきたいホットヨガのデメリット5つ

こんにちは、シズです。

ダイエットのためにホットヨガを始めたいと思っている方は多いと思いますが、ホットヨガにはデメリットもあります。

普通のヨガをやっている私が、実際にホットヨガの体験レッスンに行って感じたホットヨガのデメリットを5つお話します。

スポンサーリンク

①リラックス効果が薄い

ホットヨガのスタジオは、室温が3、40度に設定されていて湿度も高いです。

座っているだけでも汗をかくような温度設定になっているので、ヨガで得られるリラックス効果が薄いです。

汗は頭の先から足先まで、全身ビッショリになるくらいかきます。

真夏の炎天下を思い浮かべていただくとわかると思いますが、あのような不快指数の高い環境でヨガを行います。

ヨガには瞑想の要素もありますが、ホットヨガでは瞑想の効果はほとんど感じられません。

②ヨガに集中しにくい

座っているだけでも汗をかくような環境なので、体を動かすとものすごい量の汗をかきます。

顔にもたくさん汗をかくので、汗が目に入りそうになったりしてヨガに集中することが難しいです。

流れるようにポーズをとっていくヨガでは、汗を拭くたびにヨガが中断してしまい、スムーズにポーズをとることができません。

本来のヨガの効果よりも、発汗することが優先されている印象を私は受けました。

③スタジオが臭い

湿度・温度がともに高いスタジオの中で何十人もの人間が大量の汗をかきながらヨガをするため、正直臭いです。

普通のヨガに比べると、ホットヨガはスタジオの臭いが気になりました。

においに敏感な人は、これだけでもヨガに集中できなくなります。

④熱中症や脱水症の可能性

痩せるためにと頑張ってしまうと、熱中症や脱水症の可能性があります。

いくら室内とはいえ、温度と湿度は真夏並みです。

そんな中、大量の汗をかきながら体を動かしているので、自分の体調やちょっとの違和感にも十分注意しておかないといけません。

⑤荷物が多く通うのが大変

私は普段ヨガにいくときはヨガウェアと水だけ持っていきます。

これがホットヨガになると、着替えや替えの下着・バスタオルなど、荷物が結構増えてしまいます。

普通のヨガならレッスンが終わった後は着替えてそのまま帰れますが、ホットヨガの場合はシャワーが必要になるので正直めんどくさいです。

ホットヨガはヨガの効果が上がるわけではない

汗をたくさんかく分、ホットヨガの方が効果が高いようなイメージを持つ人もいるかもしれませんが、ヨガの効果自体は変わりません。

私自身、ホットヨガの方がヨガの効果は落ちるのではないかと思っています。

自然な温度の中で行うヨガの方が集中しやすく、瞑想効果も高まります。

普通のヨガなら、汗が邪魔になってヨガが中断されることもありません。

ヨガの本来の効果を実感したい方は、ホットヨガではなく普通のヨガがおすすめです。

ホットヨガで得られる効果

汗を大量にかくホットヨガは、普通のヨガよりも効果を得やすいこともあります。

発汗作用を高めることは、美肌やニキビ改善効果があります。

ダイエット効果よりも、肌質改善効果の方がより実感できると思います。

また、汗をかくことで血液をサラサラにする効果もあるので、免疫力の向上にもつながります。

デメリットが気になる人は普通ヨガの方がおすすめ

汗をたくさんかいて肌質改善したい!という人にはホットヨガがおすすめです。

ただ上記で書いたデメリットが気になる方は、普通ヨガの方がおすすめです。

それぞれのメリット・デメリットを考えてから、自分の目的に合うヨガを選ぶのが一番いいと思います。