生き方

スナックで学んだ人に好かれる方法【実践済み】

こんにちは!シズです。

スナックでバイトを始めてから約2ヶ月が経ったのですが、働く中で「人に好かれる方法」がなんとなく分かってきました。

このツイートに結構反響があったので、今回は「スナックで学んだ人に好かれる方法」について、詳しく解説していこうと思います。

私が実際に接客するときに実践していて効果を感じている方法なので、職場の人間関係や恋愛がなかなか上手くいかない人は役立てて頂けるかと思います。

スポンサーリンク

スナックで学んだ人に好かれる方法

人って「自己重要感」と「承認欲求」を満たしてくれる相手に好感を抱くので、この2つを満たしてあげると結構な確率で好かれます。

具体的にどんなことをすればいいのかということを、一つずつ解説していきます。

相手の名前をすぐ覚え、会話の中で名前を何度も呼ぶ

人って自分の名前を覚えてくれ、名前で呼んでくれる人に対して好感を抱きます。

私たちって名前を覚えてもらえると「自己重要感」が満たされるんですよね。

だから私はスナックで接客するとき、まず相手の名前を覚えます。

そして名前を覚えた後は、会話の中で相手の名前を何度も呼ぶようにしています。

例えば何か質問するときは必ず、

「◯◯さんは◯◯ですか?」

と会話の最初に相手の名前を入れます。

お礼を言うときも必ず、

「◯◯さん、ありがとう」

って相手の名前を呼びます。

人って自分の名前を呼んでもらうと、「自分を認識してくれている」「自分を認めてくれてる」という気持ちになるので、呼んでくれた相手に対して好感を抱きます。

私は会話の中だけでなく、LINEでメッセージを送るときも相手の名前を最初に入れるようにしています。

ちなみに恋愛の場においては、相手のことを名字で呼ぶよりも下の名前やあだ名で呼んだ方が効果的。

「◯◯さん」よりも「◯◯くん(ちゃん)」の方が距離が近い感じがしますよね?

私もスナックで接客するときは初めて会ったお客さんでも、相手があだ名で呼ばれてる人だったら最初からあだ名で呼んでます。(馴れ馴れしいと言われたり嫌な顔をされたことは一度もありません)

褒める(ただしお世辞はNG)

褒められると誰でも嬉しいものだし、承認欲求も満たされるので好感を抱かれやすいです。

ただし、褒めると言ってもお世辞は絶対NGで自分が本心から思ってることでなければいけません。

上辺だけの言葉か本心からの言葉かって相手に伝わるものです。

だから相手のことをスゴイと思ってもいないのに「スゴイですね」なんていうと、かなり薄っぺらい言葉になりその薄っぺらさが相手に伝わります。

じゃあ相手のどんな部分を褒めるのかというと、ぶっちゃけどんなことでもOK。

私がスナックの接客でよく使うのは、

「◯◯さんっていろんなこと知ってますね。」
「◯◯さんの話、面白い。」

私たちって自分が好きなことや得意分野についてはいくらでも話が出来るじゃないですか?

だからそういう話を相手にどんどんしてもらい、自分の知らない情報が出てくると、

「へ~、そうなんや!知らなかった。〇〇さんっていろんなこと知ってますね。」

みたいな感じで相手を褒めています。

どんな人でも探せば一つくらい良いところは必ずあるので、相手のいいところを見つけてその部分を褒めるようにすると効果的だと思います。

あと、一つのテクとして、相手を直接褒めるのではなく独り言のようにつぶやくっていうのも割と効果的です。

例えば何かを言われたりしてもらったときに、

「優しい…」

って言ったり、

相手と会話してるときに、

「あ~、楽しい(面白い)」

って言ったり。

相手が興味のある話題を提供する

私たちって「この人、話しやすい」って思った相手には好感を抱きますよね?

そしてどんなときに話しやすいって思うかというと、

自分が好きな話題を気持ちよく話せてそれを相手が聞いてくれるとき。

だから意識的に相手が興味のある話題を提供し、相手に話をさせるとその相手から好かれやすくなります。

ただ、初対面の相手やまだよく知らない相手の場合はその人が何に興味があるのかということが分からないので、最初は会話の中で相手の興味のあることを探ります。

私はいつも以下のような質問で相手の興味を探っています。

「休みの日は何をしてるんですか?」
「最近ハマってることってありますか?」

人見知りの人でも自分の好きなことや興味のあることならおしゃべりになるので、相手の興味ある話題を提供して自分が聞き役になれば、会話は自然に弾むし相手は自分に好感を持ってくれます。

笑顔を振りまく

笑顔の多い人は確実に好かれます。

だって、仏頂面の人よりも笑顔の人のほうが印象はいいですよね?

でも笑顔が苦手って人も多いかと思うので、そんな人はまず「挨拶+笑顔」から練習してみるといいですよ。例えば、

「おはよう+笑顔」
「ありがとう+笑顔」

順番的に言うと、挨拶した後にニコっと笑う感じ。

これをするだけでも好感度は爆上がりします。

ちなみに挨拶の前に相手の名前を入れるとさらに良し。

「◯◯くん(さん)、おはよう(ありがとう)」

って感じで。

私は昔、接客のアルバイトをしていたのですが、そのときいつもスタッフに笑顔で「おはようございます」「お疲れさまです」って挨拶をしてたんですね。

そしたらある日お客さんからラブレター(…って言い方古い!?)をもらい、「いつも笑顔でスタッフに挨拶をしているのがすごく印象的で素敵だった」と言われました。

いや~、マジで笑顔の破壊力はヤバイですよ。

気を使わない

これ、私も最近気付いたのですが、相手に好かれたいなら変に気を使うよりも多少馴れ馴れしいくらいの方がいいです。

なぜかというと、気を使わず自然体で接してくれると人は「自分に気を許してくれている」と感じるからです。

私もスナックで働き始めたときはお客さんに気を使いすぎて上手く話せなかったのですが、気を使うのを止めたら肩の力が抜けて自然体で話せるようになりました。

10歳くらい年上のお客さんにタメ口で話してて「そういえば俺に敬語使わへんよな?(笑)」ってツッコまれたり、

お客さんの声が聞き取れずに何回も聞き直して「俺◯◯って5回も言ったぞ!(笑)」ってツッコまれたりしてますが…

自分の話し方や態度についてツッコまれたときは、この一言をいっておけば大丈夫です。

「◯◯さん話しやすいし気使わないから素になっちゃうねん!」

あと、気を使わずに相手と接する方法の一つとして私はいつも、

「この人は絶対私のことを好きになる」

と思い込むようにしています。

大体の人は相手に好きになってもらいたいと思ったら好きになってもらえるように頑張りますが、頑張るよりも頑張らない方が絶対好かれると思います。

そして「この人は絶対私のことを好きになる」って思えば、頑張る必要はないので頑張らなくなります。

好きになってもらえないときは諦める!

人間だから合う合わないっていうのは絶対あるし、万人に好かれる人もいません。

だから何をしても嫌われたり好かれない場合は、スッパリ諦めましょう!

自分のことを嫌いな人と一緒にいてもお互いにいいことはないので、そういう人とは距離を置くのが一番です。

誰かに嫌われたからといって自分の価値が下がるわけでもないですしね。