フィリピン留学

フィリピン留学は学校選びが大事!オススメの学校をタイプ別に分かりやすく説明します!!

こんにちは。元フィリピン留学カウンセラーのシズです。

私は留学カウンセラーとして、100人以上の日本人のフィリピン留学手続きを行ってきました。

フィリピンには実に多くの英語学校があります。留学するにあたり、学校選びはとても大事です。

評判だけを頼りにして学校を選んでしまうと、せっかくの留学の効果が半減する可能性もあります。

そこで今回はフィリピン英語学校の選び方について、タイプ別に分かりやすくお話します。

スポンサーリンク

語学学校は韓国資本か日本資本か

フィリピンの語学学校の多くは韓国資本の学校です。ただ、最近は日本資本の学校も増えてきました。

日本人ならやっぱり日本資本の学校がいいという方は多いと思いますが、それぞれにメリットデメリットがあります。

集中的に英語学習したいなら韓国資本がオススメ

英語を集中的に学習したい場合、韓国資本の学校がオススメです。

その理由として、韓国資本の学校はスパルタ系のカリキュラムが充実しています。

韓国では英語が話せないと良い企業へ就職ができないと言われています。

そのため、韓国人生徒の英語学習に対するモチベーションも非常に高いです。

韓国資本の学校の場合、英語を集中的に学習できる環境が整っているのが特徴です。

食事のクオリティが高いのは日本資本

フィリピンの語学学校はほとんどが全寮制なので、3食の食事も付いています。

ただ、韓国資本の学校の場合、食事は韓国料理がメインとなります。

辛いものが苦手という人の場合、この環境は非常にストレスとなります。

日本資本の学校場合、必ずしも日本料理がメインとなるわけではありませんが、日本人向けにアレンジされた食事が提供されます。

短期であれば外食をしてもお金はかかりませんが、1ヶ月以上の留学となる場合は毎回外食をしているとお金もかかってきます。

食事が口に合わないと勉強へのモチベーションも下がってしまうので、食事を気にするのであれば日本資本の学校がオススメです。

韓国資本の学校であれば必然的に英語使用が多くなる

韓国資本の学校は日本人よりも韓国人の生徒の方が多くなります。

そうすると、授業以外でも英語を使用する機会が増えます。

特に滞在する部屋がルームシェアとなる場合、ルームメイトも韓国人となる可能性が高いので必然的に英語を使用することになります。

授業で習ったことをすぐにアウトプットできる環境にあるため、韓国資本の学校はスピーキング力向上にはオススメです。

日本資本の学校は初心者でも安心

英語初心者や海外が初めてという方にとって、海外で生活をするというだけでもストレスとなります。

この場合、やっぱり周りに日本人がいると安心できます。

もちろん日本資本の学校はスタッフも日本人なので、何かあった場合にもすぐに相談できます。

少しでも英語や海外という環境に不安がある方は、日本資本の学校がオススメです。

フィリピン留学はセブかマニラの2択

フィリピン留学とはいえ、留学できる地域はさまざまあります。でもはっきり言います。

選択肢は「セブ」か「マニラ」の2択で十分です。

地方の語学学校をオススメしない理由

私が地方の語学学校をオススメしない理由はいくつかあります。

 

  • 空港からのアクセスが悪い
  • 講師の質が都会に比べて下がる
  • 利便性が悪い
  • 休日にできるアクティビティーが少ない

 

主な理由はこんな感じ。その地域に行きたいよほどの理由がない限り、地方を選ぶ理由はありません。

学校数が一番多いのはセブ

語学学校の数が一番多いのがセブになります。

おそらく、フィリピン留学をする人の多くがセブ地域を選んでいるかと思います。

学校が多いということは、それだけ優良な学校も多く存在するということです。

治安を気にしている人はセブではなくマニラがオススメ

海外留学するとなると、やっぱり治安状況は気になるもの。

フィリピンの治安ってどうなんだろう? と気にしている人は、セブではなくマニラをオススメします

セブは観光客を狙ったスリや強盗がいる

セブってマニラよりも安全なイメージを持っている人がほとんどだと思います。

でも観光地であるセブには観光客を狙ったスリや強盗が発生します。

実際マニラとセブ両方の語学学校に滞在経験のある私から言わせると、セブの方が街を歩きにくいです

セブはリゾート地のイメージが強いと思いますが、学校がある地域はセブシティの街中にあります。

ちょっと田舎の雰囲気があり、夜になると辺りはとても暗くなるため、一人歩きは絶対にオススメできません。

マニラの語学学校がある地域はとても治安が良い

留学カウンセラーをしているときにマニラの学校をオススメすると、必ず治安は大丈夫なのかという質問がありました。

まず、言わせてください。

語学学校は安全な地域にしかありません。

治安が悪いようなところに語学学校を作っても、誰も留学なんてしたがらないですよね?

なので、語学学校のある地域は治安の良い安全な地域なのです。

特にマニラの「オルティガス」「ケソン」「アラバン」は私が自身を持ってオススメできる地域です。

私はこの中でもオルティガスに長く滞在しましたが、一人で歩いたりタクシーに乗ったりしても全く問題ありませんでした。

都会が好きな人には「オルティガス」、ちょっと落ち着いた雰囲気が好きな人には「ケソン」「アラバン」がオススメです。

休日にアクティビティーを楽しみたいならセブがオススメ

フィリピンの語学学校では基本的に平日に授業が行われます。そのため、週末はお休みです。

この休日にアクティビティーを楽しみたいという人にはセブが断然オススメです。

セブであれば、ダイビングやシュノーケリングなどのマリンスポーツが楽しめます。

アクティビティー情報は学校でも提供されている場合があり、学校スタッフに聞けばいろいろ教えてもらえます。

とにかく利便性を重視するのであればマニラがオススメ

とにかく利便性を重視する人にはマニラがオススメです。

マニラの語学学校の場合、徒歩圏内にスーパーやコンビニ、カフェやスポーツジム等がある場合がほとんどです。

私が滞在していたオルティガスには徒歩圏内にこれだけの施設が揃っていました。

  • コンビニ
  • ショッピングモール
  • 銀行
  • スターバックス
  • 日本食レストラン
  • マッサージ店
  • 美容院
  • ネイルサロン

もう、徒歩でほとんどの用を済ませることができるんです。これ、めっちゃ便利でした。

ショッピングモール内のスーパーには、日本製の食品や日用雑貨も売られています。

学生が多いのがセブ、社会人が多いのがマニラ

語学学校の生徒ですが、セブが学生、マニラは社会人が多い傾向にあります。

学生の人はやっぱり休日のアクティビティーを重視する人も多かったので、セブの学校をオススメしていました。

逆に社会人の場合、落ち着いて勉強したいという人が多かったため、マニラの学校を案内していました。

留学先の語学学校の生徒層が知りたい場合、留学エージェントや学校へ直接問い合わせてみるのもいいかと思います。

フィリピン留学学校選びのまとめ

フィリピンの英語学校は本当にたくさんあります。また、WEBで簡単に申し込みできるのも特徴です。

そのため、あまり考えずにネット情報で評判のいい学校を選び、留学先を簡単に決めてしまう人も多いです。

そういった人の中には実際自分の希望と合わない学校を選んでしまい、留学してからそのギャップに悩む人も少なくありませんでした。

手軽に留学できるとはいえ、学校選びは非常に重要です。

ネット情報だけではなく、実際留学エージェントへ気になることは事前に問い合わせることをオススメします。

また、留学説明会やカウンセリングも無料なので絶対使った方がいいです。