恋愛コラム

付き合うなら日本人? それとも外国人??それぞれのメリット・デメリットを考えてみた

こんにちは、シズです。

37歳でバツイチになりました。

前の旦那はアメリカ人でしたが、付き合うなら日本人か外国人どちらがいいか考えてみました。

 

スポンサーリンク

相手が日本人の場合のメリット

付き合う相手が日本人だった場合のメリットを考えてみます。

 

①意思の疎通がラク

相手が日本人の場合、言葉の壁がありません。

自分の考えていることや思っていることを、思うように言葉で伝えることができます。

外国人と付き合うと、この点がやっぱりネックになってきます。

 

②察してもらえる

言わなくても行動や表情で気持ちを察してくれるというのは、日本人ならではです。

これが外国人になると、言葉で言わないと分かってくれない人が多いです。

察することが当たり前のようにできる日本人ってすごいです。

 

③文化の壁がない

文化の壁がない分、相手のことが理解しやすいです。

これが外国人の場合、文化の違いでストレスとなるようなこともあります。

 

相手が外国人の場合のメリット

では次に、相手が外国人だった場合のメリットを考えてみます。

 

①愛情表現が豊か

人にもよりますが、外国人は日本人よりも愛情表現が豊かな人が多いです。

スキンシップも多く、言葉に出して「I love you」や「Beautiful」など日常的に言ってくれます。

 

②語学力が上達する

相手と話す言語が日本語でない場合、自然に語学力が上達します。

言葉の壁はときに障害とはなりますが、これを乗り越えれば得るものも多いです。

 

③視野が広がる

違う文化で育ってきた外国人は、日本人と考え方が全然違います。

新たな発見があったり、知らないことを知れたりと、視野が広がります。

 

日本人男性と外国人男性の大きな違い

日本人男性と外国人男性には一つ、大きな違いがあります。それは、

女性の年齢に対する考え方」。

日本人は若い女性が好きな人が多いです。

外国人は、見た目が若かったら年齢は特に気にしません。

年上の女性を好む男性も多いです。

 

これを踏まえると、37歳の私は外国人の方が出会いのチャンスは多くなるかもしれません。

 

察してくれる日本人か、ストレートな外国人か

アメリカ人と結婚して痛感したことは、「察してくれるってありがたい」ということ。

外国人と付き合って初めて分かったのですが、日本人の私は無意識に察してもらうことを相手に望んでしまうんです

なので、相手が自分の思っていることや考えていることを分かってくれないと、ストレスになることがあります。

 

相手が外国人の場合、建前がないのでストレートに何でも言ってきます。

日本人のように、発した言葉の裏にある感情を読み取る必要はありません。

なので、分かりやすいです。

日本人と比べるとオープンマインドな人が多いので、めんどくさい駆け引きが不要なところは楽かもしれません。

 

 

日本人と合う女性のタイプ

私が思う、日本人の方が合う女性のタイプはこんな人。

  • 海外に興味がない
  • 察してほしい
  • 結婚したら家庭に入りたい
  • 相手に合わせるタイプ
  • 相手に尽くすタイプ

上記のような人は、日本人との方がうまくいく可能性が高いです。

 

外国には専業主婦という概念がない

まず、結婚したら家庭に入りたいという人は、絶対外国人とは合いません。

なぜなら海外の多くの国では、専業主婦という概念がないからです

女性も男性と同じように働くのが普通となっている国の場合、働かないで家にいると、

「何で働かないの?」

って言われちゃいます。

 

相手に合わせる人=自分の意見がない人

あと相手に合わせるタイプも、外国人男性とは合いません。

「何がしたい?」 とか「どこに行きたい?」 って聞かれて、「どこでもいいよ、あなたの行きたいところで。」みたいな感じの人は外国人からすると、

「自分の意見がない人」

と思われてしまいます。

はっきり自分の意見が言えない女性は、外国人からすると魅力のない女性となります。

 

自分のことは自分でやる外国人

日本は未だに「女性は男性に尽くす」というような文化が根付いています。

これが海外だと「自分のことは自分でやる」という男性が多いです。

相手のためを思ってやったことも、

「何で頼んでもいないのにやったの?」

と言われることもあります。

外国人は、それぞれが独立しているという関係を好む傾向にあります。

 

外国人と合う女性のタイプ

私が思う、外国人の方が合う女性のタイプはこんな人。

  • 好奇心旺盛
  • 語学に興味がある
  • 結婚してもバリバリ働きたい
  • はっきり意見が言える
  • 柔軟性がある

こういうタイプの人は、外国人と合う人が多いです。

 

外国人と付き合うなら語学力は絶対あった方がいい

付き合う相手が日本語ペラペラな場合、自分が相手の母国語を話せなくてもコミュニケーションに問題はありません。

しかし、相手の家族とはコミュニケーションを取ることができません。

外国人と付き合うのであれば、その人の母国語はある程度勉強した方がいいと思います。

もちろん、結婚を全く考えていないカジュアルな関係だけの場合は別ですが。

 

海外では結婚しても子供ができても働くのが普通

日本の場合、子供ができると働くのが難しくなりますが、海外は子供ができても女性は普通に働いています。

子供ができても働ける環境が揃っているということも大きいですね。

アメリカの場合、出産後1ヶ月ほどで仕事に復帰するのも珍しくないそうです。

結婚や出産してもバリバリ働きたい! という人には、外国人男性が合うのではないかと思います。

 

相手の文化を受け入れられる柔軟性は必要

相手が外国人である以上、必ず文化の違いという壁にはぶつかります。

これをストレスと感じるか、面白いと感じるかでは大きく違います。

新しい環境や考え方を柔軟に受け入れることのできる人は、外国人ともうまく付き合えると思います。

自分の普通は相手の普通ではありません。

 

素でいられるかどうかが一番大事

相手が日本人でも、外国人であったとしても、自然でいられる人が一番!

背伸びしたり、相手に嫌われたくないからといって何かを我慢する関係は続きません。

悪いところも含めて自分の素を見せられて、それを受け入れてくれる相手とならきっといい関係が築けるはず。

私もそういう人を探そうと思います。