世の中の気になるコト

アメリカの転職事情。面接や履歴書も日本とはまるで違う!

こんにちは! シズです。

以前転職の話しをウチのアメリカ人旦那としていたところ、アメリカと日本では転職事情が全くことなることが分かりました。

私個人的には、日本の社会って昔の古い慣習とかがまだ受け継がれてるよなーと思うのです。

だから私は会社というものが嫌いなのですが。

今回は日本とアメリカの転職事情の違いについて、お話します。

 

スポンサーリンク

転職に関する考え方

日本とアメリカでは転職に関する考え方に大きな違いがあります。

 

転職回数の多さは不利にならない

アメリカでは日本のように同じ会社で経験を積むというよりも、転職をすることでスキルアップを目指します。

なので、2、3年で転職をするのは割と普通なのです。そのため転職回数の多さは日本ほど不利になりません。

日本だと転職回数が多いと「仕事が続かない人」「忍耐力がない人」 とマイナスイメージを持たれることが多いですよね。

私も転職をくり返してきましたが、だいたい一つの会社で2年働くと「これ以上ここで学べることってないよなぁ」 って思うのです。

結果的にも転職をくり返すことで確実にスキルアップができました。

 

スキルが足りないと思ったら学校へ通うことも

アメリカの大学と日本の大学で大きく異なることがあります。それは「大学で学んだことが仕事に直接活かせるか」 というところ。

よく、日本の大学は入るのは難しいけれど卒業するのは簡単アメリカの大学は入るのは簡単だけど卒業するのが難しいといいます。

日本の大学ってその後の就職に直結するような技能を学ぶことって難しいですよね?

それに比べてアメリカの大学は仕事に直結するようなスキルを学ぶというイメージがあります。

そのため大学を卒業して就職した後、スキルが足りないと思えばまた学校へ通うということは普通にあります。

ウチの旦那もITスキルを磨くために日本に来るまでは仕事をしながら学校へ通っていました。

 

 

全く異なる履歴書事情

アメリカの履歴書と日本の履歴書って全く異なるって知ってましたか? 国が違えば履歴書もここまで違うのです!

 

アメリカでは写真は貼らない

日本だと履歴書に写真添付は必須です。でもアメリカでは履歴書に写真は貼りません。

アメリカはいろいろな人種の人が暮らしています。会社は従業員を採用する際、人種による差別をすることが禁じられています。

この観点から、履歴書に写真は貼らないのです。

採用側も人間だから、写真があるとやっぱり写真も判断材料の一部になりますよね…

 

アメリカでは年齢を書かない

アメリカでは履歴書に年齢を書くこともありません。これも年齢による差別を防ぐためです。

日本だと「35歳未満」 とか応募条件に書いてあったりしますよね。

若年層の長期キャリア形成を図るため」 とかよく書かれていますが、あれって私はやっぱり年齢による差別だと思うんですよね。

アメリカでは経験やスキル重視なので、日本のように年齢で不利になることはないのです。

 

中学高校の学歴は書かない

ウチの旦那が日本で就職活動をしているとき、履歴書の学歴欄に中学卒業から書くことに驚いていました。

アメリカでは中学高校は特に書かないようです。

というのもそれは、「書かなくても分かる」からだそうです。義務教育だからみんな行ってるのは当たり前でしょということです。

アメリカの場合、企業は応募者が「どんなスキルがあるのか」「どんな経験があるのか」 を見るので、中高の学歴なんて必要ないのです。

 

アメリカと日本では面接も全然違う

ウチの旦那もアメリカでは何度か転職をしていますが、その時の面接について聞いてみるとこれも日本と全然違いました。

 

アメリカでの面接は日本よりもカジュアル

日本の面接ってお堅いですよね。

面接の練習とか学校でやったりするんですよね? 私は転職たくさんしていますが、面接の練習なんて一度もやったことありません。

毎回ぶっつけ本番です。(← こっちの方が私はうまく話せます)

ノックの回数も3回とか決まっていてなんじゃソラ? って感じです。

2回だとトイレのノックになる…って別にノックって「今から入りますよ」 ということが分かれば2回でも3回でもどっちもいいと思うんですけど。

ウチの旦那いわく、アメリカでは面接とは言ってもとてもカジュアルな感じでだそうです。

雑談しているような感じだよと言っていました。こっちの方がその人の人間性をちゃんと見れそうですよね。

 

アメリカでは会社内を見学できる

アメリカでは面接の際に、会社内を見学させてくれるそうです。自分が働くことになる会社なので会社の雰囲気って大事ですもんね。

職場の雰囲気と働いている人を見れるというのは嬉しいですよね。

私の知り合いで帰国子女の子がいるのですが、23歳で日本に戻って来て就職活動をしていたとき、面接前に会社の雰囲気を見たくてお客さんのフリをして会社へ訪問してました(笑)

 

日本人の私が日本の社会に思うこと

アメリカの話しを聞けば聞くほど、日本ってなんでこんなにも昔の慣習が残っているんだろうと思わずにはいられません。

 

年功序列がキビしすぎ

たいして仕事もできない上司が必死で働いている部下よりもだいぶ給料をもらっていることにギモンを感じます。

しかもこういう人に限ってすっごいエラそうにしててムカつくんですよね。

能力ではなく勤続年数で昇進や昇給が決まる日本の社会ってどうなん!? おかしいですよね…

上司に誘われたから…と行きたくもないのにお酒を飲みに行ったりするのも全く理解できません。

上司の顔なんて仕事以外で見たくないですよね。

 

男女差別なくなってないよね?

日本の社会ってまだまだ女性にとっては働きにくいですよね。

私は30歳の頃に契約社員としてある会社で働いていたのですが、契約更新前の面談でこんな質問をされました。

 

「結婚の予定はありますか?」

 

こんなプライベートな質問されて大変不愉快でした。

会社側からしたら「結婚したら退職するかもしれない」それであるなら長く働いてくれる人を置いておきたいという考えなんでしょうが。

そもそも女性は結婚したら退職するっていう考え方が私は嫌いです。

私は結婚しても出産しても働く気マンマンです!! (日本の会社では絶対働きたくないですが)

 

女性がもっと働きやすい環境を作るべき!

日本の社会は女性にとってはまだまだ働きにくすぎます。

特に子供を産んだ後。アメリカでは出産後1ヶ月くらいで仕事に復帰することは普通です。

それだけ子供を産んでも働ける環境が整っているということなのです。

少子化社会をなんとかしたいのなら、女性がもっと働きやすい環境を作るべき!!

アメリカのように会社に子供を預けられるような場所があればいいんですけどね。